Home > スポンサー広告 > MacBook Proのバックアップ用に

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/963-fe6da11d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > MacBook Proのバックアップ用に

Home > 買ったモノ > MacBook Proのバックアップ用に

MacBook Proのバックアップ用に


SSD

新しいMacBook Proを快適に使っています。

日々のちょっとした操作がいちいち快適で、ジワジワくる「買って良かった」感。
こういう商品とは長い付き合いになれると思います。

■■■

普段MacBook ProのバックアップはTime Capsuleで取っています。これはひとえにまさかの時の安心安全のためです。

ですが、機器の乗り換えや修理後の再インストールなどで「バックアップから復元」が必要なときに、このTime Capsuleのバックアップから復元したことは永らくありません。時間がとても掛かるからです。

前に使っていたMacBook Pro Retina 2012の時は内蔵SSDが256GBだったので、300GBのUSBハードディスクを別途用意してそちらに新たにバックアップし直してから復元する、というやり方をしておりました。

■■■

今回買い換えたMacBook ProはSSDを512GBにしましたので、このハードディスクでは容量が足りません。

ということで、バックアップ用の新しいストレージを購入しました。
今回もハードディスクでいいかな、とも思ったのですが、せっかく爆速(自分比)のMacBook Proを購入したので、外付けSSDにすることにしました。
(ちょっと金銭感覚も麻痺しているときでもあるので、、、(苦笑))

Samsung 外付けSSD T5 500GB USB3.1 Gen2対応 正規代理店保証品 MU-PA500B/IT

・メモリでは定評のSamsung製
・Gen2対応
・USB-Cケーブル付き

USB31Gen2

実際使ってみましたが、ハードディスクとはやはり比較にならない速さ。数百GBレベルのデータのやりとりでは非常に時間の節約ができます。(転送データなどはAmazonレビューで多数あがっています)
また、可動部のない安心感、静音性(というより無音です)、小さい、軽い、などいいことずくめです。

もうハードディスクには戻れませんね。




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/963-fe6da11d
Listed below are links to weblogs that reference
MacBook Proのバックアップ用に from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > MacBook Proのバックアップ用に

カレンダー
« 2018 10 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。