Home > スポンサー広告 > iPhone 6sのケースも準備万端

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/913-01c47fc3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > iPhone 6sのケースも準備万端

Home > 買ったモノ > iPhone 6sのケースも準備万端

iPhone 6sのケースも準備万端


旅行中に、iPhone 6sを予約しているauから連絡をもらいました。
発売日にiPhone 6sをGetできるとのことでした。家の近くのauショップです。
普段の営業時間は10:00かららしいのですが、発売日の25日だけは臨時で8:00から営業とのことで、その枠がまだ空いているとのことでしたので、一も二もなくその時間を予約しました。この時間なら受け取ってからでも会社に間に合います。

発売日の朝8:00に受け取れる、というのは何日も前からApple Storeの前に並んだ人だけのもの、と思っていたのですが、こんなに簡単に実現するなんて隔世の感がありますね。楽しみです。

■■■

となると、ケースを準備しないといけません。

油断してまだ準備していなかったので、あわててサイトを探し回りました。

私の条件は下記です。
・手帳型(カード1枚収納)
・出来たら薄型
・iPhone 6sの左のエッジ側が空いていること
・もちろん25日までにGetできること

「左のエッジ側が空いている」というのは、ご存じのとおり、iPhone 6sからの新機能である「エッジプレス」のためです。
現在iPhone 6 PlusでiOS9を使っていますが、あのアプリ切り替えの操作はやはりホームボタンのダブルクリックよりはエッジプレスでやるように作られているなあと感じます。

エッジプレス

それのためにケースのガイドラインも改訂されているようですが、私としてはいっそのこと左側がすっかり開いているケースが希望でした。あのエッジはなかなかさわり心地もいいですしね。

■■■

clearbook2

iPhoneのカラーが見える背面クリアのiPhone 6s/6s Plus手帳型ケース ーAppBank

で、ネットで出会ったケースがこれです。クリアケースで手帳型、というのは結構珍しいのではないでしょうか。

・手帳型(カード1枚収納)
・出来たら薄型

という条件は満たしているように見受けられました。

・iPhone 6sの左のエッジ側が空いていること

は残念ながら写真では分からなかったので、買ってみてみるしかないという状況でした。

■■■

買ってみた結果は下記です(少しわかりにくいかもしれませんが)

Cellularline

完璧です。左側は完全に開いています。ついでに言うと、下側もかなり開いています。
ということで、これをもって25日早朝にauショップに向かいます(^_^)

Cellularline iPhone6S ケース 手帳型 ブラック 黒 CLEAR BOOK for iPhone6/6S(4.7) 【各種カード収納可】

このケース、最初に知ったAppBankでは早々に売り切れた模様で、次回は10月中旬とのことです。Amazonにはまだいくつかありましたので、そちらで購入しました。

背面がクリアなので、人気のローズゴールドを買われた方にもよろしいのではないでしょうか。





関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/913-01c47fc3
Listed below are links to weblogs that reference
iPhone 6sのケースも準備万端 from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > iPhone 6sのケースも準備万端

カレンダー
« 2017 07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。