Home > 雑感その他 > 「失われたアップルのこだわり」

「失われたアップルのこだわり」


iPod touch 16

失われたアップルのこだわり 廉価版iPodを分解 ー日経電子版(有料会員限定)

日経電子版には今日付で載っていた記事ですが、元は、日経デザイン2013年9月号の記事でそれを再構成したものだそうです。

32/64GBの仕様とはちょっと違う、16GBのiPod touchのことがかいてあります。
「売値で$70分の差にするために、メモリの差分以外にも多くのものを涙をのんで削って作られた16 GB」という話です。

「メモリ以外に削られた」部分として書かれているのは、

・5MPの背面カメラなし
・iPod touch loopなし
・サイドのボタン類を金属から樹脂に
・背面の輝きあるアップルロゴが普通の黒に

ということが取り上げられています。

特にiPod touch loopと背面の輝きあるアップルロゴは、技術のプロからみても相当精巧なもので、特にロゴに関しては、プロいわく

国内外のメーカーの金属外装を数多く手がける加工会社の経営者は「このロゴを見た瞬間、アップルは正気かと目を疑った」と驚くほどの加工だ。

私個人的にも、他の機能性能たちはまだしも、このロゴの部分だけは守って欲しかったな、と思います。
この神聖なロゴにも手を出してしまったので「こだわりを失った」と書かれてもしょうがないかなと思いました。

■■■

ひとつ提案があります。

Appleがこういう価格を合わせるために無理をしないと行けない最大の要因は、メモリの容量ごとに設定している価格差が「$100」だからということです。本当はメモリでそんなコスト差は出ないんですから、わざわざ値差を$100に離す必要はないのです。

NexusもKindle Fireもそのあたりの値差はだいたい$50前後で、メモリのコスト差に見合った設定になっているので、他の部分で無理したりはしていません。消費者の人でもメモリの価格をご存じの方も多いはずなので、この$50差にすれば、今回の16GBのようにいろいろ他の機能を削ったりしなくて済んだのではないでしょうか。

そんなふうに思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/851-8ac120ad
Listed below are links to weblogs that reference
「失われたアップルのこだわり」 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 「失われたアップルのこだわり」

カレンダー
« 2017 03 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top