Home > スポンサー広告 > AppleK for VMwareに感動

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/85-70fbce0b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > AppleK for VMwareに感動

Home > 購入予定のモノ > AppleK for VMwareに感動

AppleK for VMwareに感動


AppleK for VMware


VMwareが届きセットアップが完了したので、加えてAppleK for VMwareを現在試用しています。最大で30日の試用ができるようです。

■■■

CmdSpace」というフリーソフトもご紹介頂きインストールしてみたのですが、残念ながらコマンド+スペースというMacと全く同じキーコンビネーションは実現できませんでした。

CmdSpace


これがCmdSpaceの設定のスクリーンショットです。確かにこれでも十分便利で、しかもフリーソフトなのですばらしいのですが、「どうしてもこだわる私」としては、なんとか「Macと全く同じにならないか」ということで、やはりAppleK for VMwareを使ってみることにしました。

■■■

AppleK for VMware  設定画面

AppleK for VMwareでは、機能紹介にも書いてあるのですが、Macと全く同じように、command(リンゴマーク、最近の機種には付かなくなりましたが、、)+spaceで日本語入力の入り切りが出来ます。

かつcommand + Qで「アプリケーション終了」が操作できますし、それ以外にもcommand + Xでカット、+Cでコピー、+Vでペーストなど、試した限り基本的な操作はMacと全く同じようにできます。

すばらしい、というよりは「こんなにMacと同じ感覚で操作」できるのが不思議なくらいです。
Macで染みついてしまった操作性をそのままWindows上でも実現してくれるなんて、ある意味「仮想化ソフト」と同じくらいの感動があります。
言葉にすると淡々と書いている感じですが、実際私はコピーやペーストを何度も繰り返し、そのたびに「おお!」「へえ!」とか感嘆の声を一人で発しています(笑)

ついでに言うと、デスクトップ画面でcommand + Qを押すと「Windowsの終了」も出来てしまいます。


現在のMacBookではUSキーボードを使っている(注文したMacBook Proも同じくUSキーボードにカスタマイズしています)ので、もともと全角/半角とかカナとかの日本語キーボード特有のキーがありません。
なのでキーアサインにずっと苦労していたのですが、このソフトで救われると思いました。

おそらく試用期間が過ぎる前に購入すると思います。

他にもAppleK for Parallelsとか、AppleK BC for XP(Boot Camp上のXP用)、AppleK BC for Vistaなど、仮想化ソフト環境に応じたいろいろな商品Line-upが用意されています。
これらのソフトはすべて試用が出来ますので、一度試されるといいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/85-70fbce0b
Listed below are links to weblogs that reference
AppleK for VMwareに感動 from 「モノが好き」2

Home > 購入予定のモノ > AppleK for VMwareに感動

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。