Home > スポンサー広告 > ConsumeからProductiveへ。そしてAirの意味。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

NOBON URL 2013-10-25 Fri

どもです:)
ずっと12インチiPadを欲していたけれど、、、

MacBook Air + iPad Air = ○○Air。

想像するだけで興奮しちゃいます!
すぐにでも欲しいけど
クック船長には焦らずじっくり開発して欲しいですね

iPad Airはもちろんポチりますwwwww

dbacks51 URL 2013-10-25 Fri

コメントありがとうございます。

>iPad Airはもちろんポチりますwwwww

私もこの記事を書きながら、「iPad Airは買わないといけないのでは」と改めて深く思いを致しておりマス(笑)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/837-8114e1f1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > ConsumeからProductiveへ。そしてAirの意味。

Home > 雑感その他 > ConsumeからProductiveへ。そしてAirの意味。

ConsumeからProductiveへ。そしてAirの意味。


Air

アップル基調講演を読み解く2つのポイント。そしてコンテンツをつくる現場となったiPad - Lifehacking.jp

変わるiPadの立ち位置
もう一点、今回面白かったのはiPadがもはや「コンテンツを消費する場」ではないということです。
iLife/iWork あるいはその他のアプリによって、音楽であれ、文書であれ、ブログであれ、デザインであれ、アプリがそろってきた今こそ、iPadでコンテンツを作り発信していくことができると強調されていたのも一つの変化でした。
コンテンツを作る立場から考えると、とたんに iPad Air の計算能力の高さが魅力的になります。


私もこれと同じことを感じました。結構「生産性」にも力が入っているな、と。

iPhoneの発表の時には、ヘビーなゲームでデモを行うことでその能力を誇示していた64bit「A7」チップですが、一般的な消費用途としては徐々にオーバースペックになり始めていると個人的には感じました。でも「生産」があるのなら話は違います。
iPadは、産まれたときから「消費」と「生産」すべてが出来るマシンというコンセプトではありましたが、64bit「A7」チップになって、やっと本格的に「生産」について今回訴求できるレベルに到達したのかも知れません。
A7のスペックの意味が、今回のiPadの発表でやっとクリアになった気がしています。

■■■

iPadが消費の道具から生産の道具に本格的に変わるんだとすると、次の妄想が出てきます。

「ProductiveになったiPadと、これまでで最高のノートマシンであったMacBook Airがいよいよ『ひとつのもの』になるときが近づいている」


MacBook Airの再定義? (10/12, 9to5 Mac)

・12-inch screen, but as portable as current 11-inch MacBook Air and productive as 13-inch MacBook Air
・Higher-resolution display (Retina)
・Will “redefine laptop computing” once again just like the current MacBook Air design


12インチのiPadを開発している?(10/14, DigiTimes)

Apple and Samsung Electronics are said to be planning to release 12-inch tablets. Apple is currently cooperating with Quanta Computer on the project, while Samsung is developing the product in house, according to sources from the upstream supply chain.


このあたりの噂をヒントに考えると、要は「12インチあたりで、従来のNote PCとタブレットの境界をなくすような、次の概念のなにかが産まれようとしている」ということではないか、ということが想像できます。
(iOSとMac OSのマージも、いよいよこのタイミングで行われるのかも知れません)


こういう目線でみていると、今回のiPadが iPad 5Gではなく「iPad Air」になったのも、『とても軽くなったことの表現のため』だけではないのではないか、という邪推も働きます。

MacBook Air + iPad Air = ○○Air。

なにかがあるような(^_^)

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

NOBON URL 2013-10-25 Fri

どもです:)
ずっと12インチiPadを欲していたけれど、、、

MacBook Air + iPad Air = ○○Air。

想像するだけで興奮しちゃいます!
すぐにでも欲しいけど
クック船長には焦らずじっくり開発して欲しいですね

iPad Airはもちろんポチりますwwwww

dbacks51 URL 2013-10-25 Fri

コメントありがとうございます。

>iPad Airはもちろんポチりますwwwww

私もこの記事を書きながら、「iPad Airは買わないといけないのでは」と改めて深く思いを致しておりマス(笑)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/837-8114e1f1
Listed below are links to weblogs that reference
ConsumeからProductiveへ。そしてAirの意味。 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > ConsumeからProductiveへ。そしてAirの意味。

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。