Home > スポンサー広告 > iPhone 5cの真の役割

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

廉価版 URL 2013-10-03 Thu

一年後に安く売るため…とか?
やっぱ常に二世代前のiPhoneが一番売れるという現実はカッコ悪いし

dbacks51 URL 2013-10-03 Thu

コメントありがとうございます。旧機種を作り続けると新機種との間で部品が違うので、両方持たないと行けない、などの効率の悪さもあったと思います。iPhone 5cは「要はiPhone 5がプラスチックで覆われたモノ」とざっくり言われることもありますが、通信モジュールなどは5sと同じモノを使ったりなど、極限までの配慮はされているようで、旧機種を自らの手でうまく消すことができましたね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/825-f8ffe92a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > iPhone 5cの真の役割

Home > 雑感その他 > iPhone 5cの真の役割

iPhone 5cの真の役割


iPhone 5c

まだiPhone5を使い続けている @dbacks51 です。

個人的には、正直iPhone5cに魅力を感じていません。
年齢的に(おっさんなので)こんなポップなカラーには反応のしようがない、というのもあるとも思いますが、Macもポリカだった時代からだんだんアルミなどの金属になり、堅固なUnibodyこそが進化の象徴、とすり込まれてきたものにとっては、まさにアルミとガラスで出来たiPhoneこそが進化系であり、今更前の時代には戻れない、というのが本音です。頭が固くて柔軟性に欠けるのかもしれません。

■■■

新iPhoneが示す、アップルの恐るべき堅実さ 東洋経済 (松村太郎さんのコラム)

初動は7割以上がiPhone 5sのようでした。5sこそが「正統進化」に映る私としてはある意味納得の数字です。
アップルは新しい時代を新しいテクノロジーによって切り拓くと信じている人たちが、初動ではたくさん動いたということだと思います。

---

ただ、それはそれでいいのですが、iPhone 5sこそが正統後継機と思っている私は、5cの存在意義をどう見ればいいでしょうか?新製品に製作者の意図が入っていないということはまずありませんから、そういう私でも5cが世の中にだされた理由を自分なりに説明できないといけません。

上の記事では初動はアーリーアダプターが中心で5sの山が来て、年末に来てアーリーマジョリティを中心に5cの山がくる。ビジネス的にしたたかだ、という内容が書いてありますが、まあ、それもあるでしょう。


ただ個人的な見解を言わせて頂くと、AppleはiOS7を一気に広めるのが作戦の最重要目的ではなかったか、と思うのです。

Appleの強み・弱みはいろいろと言われますが、強みの一つにOSのフラグメンテーションが少なく、ユーザーも開発者も同じものをベースにエコシステムをエンジョイ出来る、というのがあると思います。Androidに対しては非常に大きな強みです。

これまでも、それを「新しいOSを2世代前くらいの旧機種までアップデートが可能」という対応力の広さで保って来た面があると思います。
今回はそれをもっと加速して一気に普及させようとしたのではないのかな、と思うのです。その結果、戦略性を持って生まれてきた商品がiPhone 5cなのではないかと。

年のせいで5cのようなポップな商品に手を出すのは気が引ける私にでも、今回のiOS7が世界観として一番相性がいい端末はiPhone 5cだということくらいはわかります。それは、iOS7を一番映えるようにあえて意図されてiPhone 5cが作られたからではないかと思うのです。

■■■

iPhone5s/5cの発売日前にiOS7は公開されましたが、そのアップデートのスピードはiOS6の時より速かったそうです。そこに最初からiOS 7が搭載されたiPhone 5sと、iOS 7の世界観が本体デザインにもにじみでたiPhone 5cと立て続けに導入されました。
しばらくすると数字も出るでしょうけど、iOS6からiOS7への更新スピードは新記録になるでしょう。

つまり、Appleは(ごく一部を除き)「同じ画面サイズを持った、同じバージョンのOSが乗った」フラグメンテーションのない大きな基盤を一気に手に入れることができることになります。

■■■

iOS7導入に際して、ほとんどのアプリも「iOS7対応」という形でアップデートが発行されました。
その中には、「このアップデートにより、このアプリの対応OSはiOS7以上にさせて頂きます」と書かれたものもいくつか見ました。出来るだけ過去対応の重荷を捨て、今と将来に向かってアプリを進化させていくことに集中したいという気持ちの表れだと思います。
こういうこともエコシステムの発展・進化には大事なことだと思いますし、そうハラをくくることができるのもiOS7の母数がどんどん大きくなる確信が持てるからでしょう。


Appleは今回こういう商品構成で「一気呵成のiOS7」を実現させたかったのではないか、と思うのです。そしてもしそうならば、それは成功していると思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

廉価版 URL 2013-10-03 Thu

一年後に安く売るため…とか?
やっぱ常に二世代前のiPhoneが一番売れるという現実はカッコ悪いし

dbacks51 URL 2013-10-03 Thu

コメントありがとうございます。旧機種を作り続けると新機種との間で部品が違うので、両方持たないと行けない、などの効率の悪さもあったと思います。iPhone 5cは「要はiPhone 5がプラスチックで覆われたモノ」とざっくり言われることもありますが、通信モジュールなどは5sと同じモノを使ったりなど、極限までの配慮はされているようで、旧機種を自らの手でうまく消すことができましたね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/825-f8ffe92a
Listed below are links to weblogs that reference
iPhone 5cの真の役割 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > iPhone 5cの真の役割

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。