Home > スポンサー広告 > Misfit Shine アップデート1.3

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/824-10cd9be2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Misfit Shine アップデート1.3

Home > 雑感その他 > Misfit Shine アップデート1.3

Misfit Shine アップデート1.3


Shine1.3

定期的なアップデートがあるMisfit Shineで、またアップデートがありました。

主な内容は、
・いろいろな「達成のご褒美の言葉」が増えたようです。
・いろいろな専門の運動に設定でき、その運動によって消費したエネルギーをより正確に把握できるようになりました。今回はテニスとバスケットボールです。どちらも結構きつそうですね(私はどちらもやりません、、(苦笑))。

・オートシンクの改善

■■■

実はこの最後の「オートシンクの改善」が、私にとっては一番ありがたいものでした。この機能自体は前回のアップデートで初めて実装されたものです。

「iPhoneの画面の上にShineを置く」というこの機器のアイデンティティを捨ててまで、ユーザーの利便性を追求する姿勢は大変評価しました。(→ 記事

ただその時の記事にも書いているのですが、

>ただ、そういった挙動は見せるものの、まだ1回もオートシンクに成功していません(苦笑)
もちろん従来の通り「iPhoneに乗せる」シンクロの方法も残されているので特に問題はありません。今後に期待です。

という状態がずっと続いていたのです。つまり一度も「オートシンク」が成功しなかったのです、今回のアップデートまでは。。。(爆)評価はしましたが、こんなにワークしないとだんだん焦れてきますよね、、

■■■

しかし、今回、たしかにこれが改善されていました。
iPhoneの画面を眺めるような距離でiPhoneを持ち、Shineは手首、もしくは首にネックレスにぶら下げて、そこでおもむろにアプリを立ち上げると自動でシンクする画面がでます。
ついに、ほどなくShine本体のLEDも回転点滅を始めました。ついに成功しました!

これがなにを意味するかというと、本当の意味で24時間Shineを全く体からはずさなくていい、ということです。寝るときも風呂も泳ぐときも(完全防水なので)ずっとです。これはウェアラブル機器としての一種の究極です。

また、現在のところこのアプリはiOS7の「アプリをバックグランドで更新する」機能を実装していませんが、もしそれも実装してしまったら、いつでも知らない間にシンクロしてくれていて、結果を見たいときにアプリを立ち上げるとすぐに最新のデータが見られる、ということが実現します(現在はアプリを表でアクティブにしたときのみ)。そこまでいけばかなり先を行けますね。頑張って欲しいところです。


次の定期的なアップデートも楽しみにしています。
贅沢な悩みですが、寝た・起きた、歩いた、走った、だけではちょっとつまんなくなってきました。いろいろなログをとって頂いていいので、もっと面白いデータを見せて欲しいと思います。


Misfit Shine アクティビティトラッカー (Amazonでの販売)

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/824-10cd9be2
Listed below are links to weblogs that reference
Misfit Shine アップデート1.3 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > Misfit Shine アップデート1.3

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。