アイキャッチ画像
しばらく前に始まった「Amazon 中古CD買い取りサービス」を利用してみました。

中古CD買い取り

商品のページの右に「購入する」などのボタンが並んでいますが、その下にこのようなボタンがあるCDはこの買い取りサービスを利用することができます。

流れとしては、

1.中古で販売したいCDをリストに入れる。
2.入れ終わったら、自己査定をつける。
3.申し込む。引き取り日時を指定する。
4.申込書を印刷し、サインしておく。
5.身分証明書(免許証など)のコピーを用意する。
6.販売するCDと印刷した申込書、免許証のコピーを梱包する。
7.引き取りに来た佐川の人に渡す。

という感じになります。

査定についてですが、中古で販売したいCDをリストに追加するとデフォルトでは「良い」になっています。

中古CD買い取り

自信があれば「非常に良い」に変更できます。私は今回7枚(7組)登録しましたが、保存状態には絶対的な自信(モノは丁寧に扱う習慣があります)があったので、すべて「非常に良い」に変更して申し込みました。

■■■

中古CD買い取り

結果ですが、すべて「非常に良い」でちゃんと査定して頂きました。査定価格のことよりも、自分の「丁寧な保管能力」が評価されたような気がしてそちらの方が嬉しかったです。
査定は商品到着後24時間以内、とのことでしたが、確かにその通りで非常に迅速でした。買い取り料金はAmazonギフト券でこれもまたすぐに登録されます。
私はすでにAmazonのエコシステムに囲い込まれており (苦笑)、買い物のほとんどがAmazon経由なので特に現金振り込みでなくてもAmazonポイントで全く問題ありません。

■■■

ただ、7組のうち2組については「商品が違う」ということで買い取ってもらえませんでした(エディション違い)。
クラシックのCDの輸入盤だったのですが、全く同じジャケット・内容にも関わらず、何度も再販が行われているものも多く、同じモノだと思って登録したのに違う年のエディションなので買い取れません、とのことでした。かなりこのあたり厳密です。

引き取ってもらう料金、買い取れず返品で帰ってくる商品の送料、すべて無料です。なので、安心して利用することができます。
(話は前後しますが、買い取りの申し込みの際に、査定に不服だった場合の処理を2つから選べます。査定された価格を甘んじて受けるか、返品してもらうか、です。その場合の返品料金も無料です。)

ということで、送料まわりは全く気にする必要はありません。

■■■

あとから気づいたのですが、7組のうち一つくらいはわざと「良い」とか「可」で自己評価してみたら良かったかな、と思いました。自己評価は「良い」とか「可」なのに、Amazon側が「非常に良い」と判定した場合、査定価格を向こう側が自主的に引き上げてくれるのか、というのを試してみても良かったかなと思ったわけです。Amazonの良心を試してみてもよかったかな、と。

今度また機会があったらそれをやってみます。

■■■

最近「Amazonアウトレットストア」も始まりました。中古で買い取ってもらった商品もいずれここで販売されるのでしょうか?
Amazonはどんどん貪欲に物販のすべてを飲み込もうとしていますね。

関連記事
スポンサーサイト



dbacks51
dbacks51

Since 12/27/07

twitter / dbacks51

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック