Home > スポンサー広告 > この頃になるとiPod Classicのことを想う

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/791-422109bc
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > この頃になるとiPod Classicのことを想う

Home > 雑感その他 > この頃になるとiPod Classicのことを想う

この頃になるとiPod Classicのことを想う


iPod Classic

来月にはiPhoneの新製品が発売されるかもしれません。もちろんこれが話題の中心になることは間違いないのですが、秋のイベントはもともと「ミュージックイベント」であり、iPod系新商品が発表される季節でもありました。

それを前に、今頃の季節になると、いつもある商品のことを思います。iPod Classicです。
完全に時代錯誤であることは重々承知しており、基本的には「いまだにラインアップとして存在している」ということだけでも感謝に値するべき商品です。

■■■

iPod Classicは160GB。なにはさておいてもこの大容量が魅力なのは間違いありません。
少し前では、こんな大容量はフラッシュでは無理無理、ということで新製品は諦めざるを得ませんでした。現行品が継続になっただけで、ほっとするしかなかったのです。

ですが、今年はiPadで「128GB」モデルが出ました。iPadの128GBモデルは64GBモデルの1万円アップですから、それをそのまま当てはめると、「iPod touch 128GBモデル 49800円」ができあがる計算になります。これでも欲しいです。
もっと欲をかくなら、iPod touchのようにAppは動かなくていい(iPod nanoのようでいい)ので、もっと音に特化した内容が欲しい。簡単に言うとハイレゾレベルの高音質アンプです。

ミュージックアプリはUIが二通りあり、一つは現行のiPod touchやiPhoneと同じモノ。もう一つはクリックホイールの操作性を模したモノ。それを自由に切り替えられる、と。

ここまで行けば完璧です(^_^)

■■■

AK100

個人的には、今iRiverのAstell&Kern AK100をかなり横目で見ている状況です。こちらも49800円近辺の商品ですが、私は時々よだれが出ます。
Appleにはこのモデルが見えているでしょうか?

超ニッチなエリアの話をしているのは理解しています。
でも初代iPodをアメリカのApple Storeで発売日に購入して以来の長いつきあいの商品なので、そうそう諦めるわけには行きません。

なんか新製品化されるかもしれない。ディスコンになるかもしれない。そのままだけど継続されるかもしれない。
意外と大きなファームのアップデートがあるかもしれない、。などなど悶々と妄想だけをもって、「そのとき」に向かっていこうと想います。

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/791-422109bc
Listed below are links to weblogs that reference
この頃になるとiPod Classicのことを想う from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > この頃になるとiPod Classicのことを想う

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。