Home > スポンサー広告 > イケてないApple TV Take2のTop Menu

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

SAPAIA URL 2008-02-25 Mon

いつも楽しく拝見させていただいています。
私も最初にかなりの違和感を覚えました。
らしくないですよね。
リリースを急いでやっつけ仕事?
まさかそんなわけ無いですよね。

dbacks51 URL 2008-02-25 Mon

ありがとうございます。

あらためて基調講演の時のPodcastを見直しました(あのときは他のところに注意が言っていました(苦笑))が、このときからこのインターフェースなので、やっつけではない感じですね、、

まあシンプルと言えばシンプルであり「使えない!!!」と騒ぐほどのことではないですが、イケてないことに変わりはないですねえ。。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/78-df256fb0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > イケてないApple TV Take2のTop Menu

Home > 見たモノ > イケてないApple TV Take2のTop Menu

イケてないApple TV Take2のTop Menu


Apple TV Menu

(画像はhttp://www.macworld.com/より拝借)

Apple TV Take2に触れる機会があったのですが、最初のTop Menuに非常に違和感を覚えました。

上の写真で言うと、この変哲のない「表」のようなMenuの左が「第一階層」で右が「第二階層」です。
なので、左のMenuを上下に動かすと右の内容がどんどん変わっていきます。

一度解れば大したことはないのですが、直感的な「パッと見」では、「左右あわせて13個の選択肢」があるようにしか見えませんでした。

なにより「直感的な操作感」を大事にするAppleという会社にしては、かなり雑なメニューの作り方に見えます。決して他のApple機器には適用してほしくないユーザーインターフェイスだと思います。

ある意味、今回の戦略商品の一つであろうApple TV Take2のTop Menuにしては寂しい限りです。
中に入ってコンテンツを選択したりする画面は結構いけていると思うので、グラフィック性能の限界とかの技術的制約ではないと思うのですが、、、
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

SAPAIA URL 2008-02-25 Mon

いつも楽しく拝見させていただいています。
私も最初にかなりの違和感を覚えました。
らしくないですよね。
リリースを急いでやっつけ仕事?
まさかそんなわけ無いですよね。

dbacks51 URL 2008-02-25 Mon

ありがとうございます。

あらためて基調講演の時のPodcastを見直しました(あのときは他のところに注意が言っていました(苦笑))が、このときからこのインターフェースなので、やっつけではない感じですね、、

まあシンプルと言えばシンプルであり「使えない!!!」と騒ぐほどのことではないですが、イケてないことに変わりはないですねえ。。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/78-df256fb0
Listed below are links to weblogs that reference
イケてないApple TV Take2のTop Menu from 「モノが好き」2

Home > 見たモノ > イケてないApple TV Take2のTop Menu

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。