Home > 買ったモノ > Apple In-Ear Headphones

Apple In-Ear Headphones


In-Ear Headphones

Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic (ME186FE/A Apple Storeのリンク)

新しくなったApple In-Ear Headphonesを買いました。同じイヤホンを二回買うことはあまりないのですが、Appleのこの製品は初代の時も買っており、今回は2つめです。

ヘッドホン・イヤホンについては他にもいろいろ使っているんですが、このAppleのIn-Earはなにかしっくり来るので気に入っています。

BAの音としては精細感はまあ普通でしょう。正直にいうと若干物足りないものがあります。
ですが、使い勝手の面で非常に使いやすいので、思わず朝出かける前に手に取ることが多いのです。

・耳への収まり
イヤホンのハウジングの形状が絶妙で、耳に差し込みやすいです。またこのイヤホンのイヤーピースのSが私にはぴったりなのです。また取り外すときもスッと外すことができます。
装着感のおかげもあるのかもしれませんが、遮音性・音漏れも言うことなしです。結構大音量で鳴らしても周りに迷惑をかけることがないので安心して使えます。

・ケーブル
絡みにくいと思います。
また絶妙な長さ(短さ)だと思います。私が持っている他社のものより10cm程度短いですかね。この短さのおかげで服のポケットなどから出してもいい感じで邪魔になりません。

・リモコン
ブラインドで操作するものですが、一番手が覚えやすい形状だと思います。
今回Ear Podsのものと同じになりましたが、これがまた進化ですね。より平たくなって手になじむ形状になりました。プチッと押しつぶすがさらにやりやすくなりました。

■■■

イヤホン・ヘッドホンのレビューで音の評価を全くしないレビューも珍しいですかね(苦笑)
でも、私のこのヘッドホンに感じている「なんかいい感じ」というのは、すべてこれらの使い勝手のよさからくるものです。

ヘッドホンは体に装着する商品ですから、こういうのも結構重要なのではないかと思います。

■■■

今はまだ寒いですから、朝晩の通勤・帰宅時はイヤーマッフルも兼ねてB&W P5を付けています。一方、室内で気軽に使いたい時は、Appleのこれ、という感じが今の使い分けです。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 3

アイスマン URL 2013-02-27 Wed

お世話になっています。
裏技フリーソフトの秘密基地を運営しているアイスマンと申します。
この度独自ドメインへ移行したのでこちらでリンクしていただいている私のサイトのURLをhttp://freesoftpark.com/に変更してください。
サイトタイトルやサイト内容は、一切変更していませんのでURLだけをそちらで変更いただけるようお願いします。
尚、独自ドメインへ移行したため、ページランクやアクセス数が激減する可能性がありますが長い目で見守ってくれれば幸いです。

今後ともよろしくお願いします。

Tomy URL 2013-03-17 Sun

私も、コレを愛用しています。コストパフォーマンスに優れた名品だと思います。ただし、リモコン部分が水に非常に弱く、汗や雨は大敵だと思います。私は汗っかきなので、秋から翌春までしか使わないようにしています。

dbacks51 URL 2013-03-17 Sun

>Tomyさん

汗は大敵ですよね。 私はなんとか夏でも大丈夫なのでまだ恵まれています。
ただ、ジム用のものは別にちゃんと用意し、いつどうなってもいいようにはしていますが。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/768-5baa712f
Listed below are links to weblogs that reference
Apple In-Ear Headphones from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > Apple In-Ear Headphones

カレンダー
« 2017 04 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top