Home > スポンサー広告 > Retinaとの出会い

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

kininaruki URL 2012-06-23 Sat

おめでとうございます!いやはやうらやましい限り!
五分五分の・・・とおっしゃいますがそれは絶対運命ですって(笑)

初期不良はご愛敬としてAppleCareは必須なんですかね(>_<)
私はオンラインでの購入組なので届くのは7月に入ってからなのですが、開腹しても自らメンテできないRetinaはどうするべきか迷っています。1年内に答えを出さなくては、といったところです。

MBPRetinaがあるだけで楽しい週末になりそうですね(^ ^)
満喫されてください!

dbacks51 URL 2012-06-24 Sun

ありがとうございます。
満喫しています。Mac上で行うことのすべてのことが改めて楽しくてたまりません(^_^)

AppleCareはいつもにも増して強力に店員さんに勧められました。バラシレポートの通り、今後なにかあった場合の修理がやはり厳しいそうで、70%以上の方が同時に入ってらっしゃるそうです。私も1年間はどうせ悩む時間があると思っていたのですが、どうせ入るだろうと思い思い切って同時購入しました。

Kenzi0410 URL 2012-06-24 Sun

おめでとうございます!\(^o^)/
初期不良はアップル製品ならある程度覚悟ですもんねw
今後の「使ってみて」のエントリをお待ちしております。

ストアは行ったら買わざるを得ないところですから、未だポチって届いていない人もいる中、見事に買えて良かったですね。

dbacks51 URL 2012-06-24 Sun

ありがとうございます。
直営店は怖いところです(苦笑)。でも最高に楽しいところでもあります。

>今後の「使ってみて」のエントリをお待ちしております。
まあ、Proっぽい使い方はしないのでそんなに期待しないでください。
ただ一つ言えるのは、Kenziさんから頂いたこのコメントも凄くキレイに見えてますよ(^_^)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/751-2247ff54
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Retinaとの出会い

Home > 買ったモノ > Retinaとの出会い

Retinaとの出会い


MacBook Pro

昨日の金曜日の夕方、Apple Store銀座に立ち寄りました。

前のブログ投稿で、MacBook Pro Retinaが発表されて以降、まだ実物を見に行ったことがないと書きました。見ればどうしても欲しくなるからというのが理由でした。
それでも敢えてお店に行ったのは買う決心がついたからです。というか、賭けに出ることにしました。それは「もし行ってその場で商品があれば買う。無ければ今回のこのモデルはあきらめよう」ということです。

Twitterで「MacBook Pro Retina 在庫」というのを検索登録し毎日チェックしていたところ、昨日は名古屋とかに在庫が入ったとかとかちらほら見かけるようになっていたので、もしかしたら五分五分くらいの確率になっているのかなと感じたのです。

■■■

お店に着いたのは18時過ぎくらいでした。展示品に触ることすら出来ないのかも、と思っていたのですが、入ってすぐのところに展示してある1台だけ空いていてなんか幸先よかったです。
すごい集中していじっていて、しばらくしてふと顔をあげるとそこに店員さんが。
意を決して「Retiaモデルの在庫ありますか?」と聞いたら「お客さんは幸運です」という返事 (^_^)
たたみかけるように「2.3GHzモデルのUSキーボード版ありますか?」と続けると「今お持ちします」と。
展示品をいじっていたその場で商品を手にしてしまいました。

このお店は購入までの敷居が異常に低いので本当に危険ですよね(苦笑)

■■■

高画質というのは、本当に重要だと思います。パソコンはもちろん処理能力だったり拡張性とかいろいろ重要なポイントがありますが、ユーザーとのほとんどのインターフェイスは画面を通してであり、その接点が違うとすべてが変わって感じます。しかも買ったときだけではなく、普段使っていてその良さをジワジワ感じるものだと思います(iPhoneでもiPadでもRetinaモデルを使っていてそう感じています。毎日が少しずつ幸せになる思いです。)

Webとかもキレイな文字で見ていて幸せになるのですが、特に写真はとにかく圧倒されてしまいました。以前にとった写真(しかもただのコンデジで撮ったものでさえ)が別物のように感じ、また改めて見入ってしまいました。
写真を職業、もしくは趣味にされている方は絶対に飛びつくんだろうなと思いました。
私も500pxで素晴らしい写真を眺めながら、うっとりとしています。

■■■

、、、というわけで「出会ってしまった」MacBook Pro Retinaなのですが、残念ながら初期不良がありました。箱を開け最初に電源を入れたときから気になっていたのですが、液晶画面の左下部の内部に異物混入があるようです(背景を白くすると一番目立つので、多分そうかと)
サポート経由でApple Store銀座に電話して交換してもらえるようにしました。そんなに死活問題でもないので在庫が落ち着いてからでいいですよと申し上げたのですが、毎日ぼちぼち入荷してきているのでそんなにお待たせしませんと言われました。(購入を検討されている方は直営店はチャンスかもしれません)

ということで、来週にもまた銀座に行くことになりそうです。Macを持って行くこと自体はまったく手間には思っていないのですが、行くたびに何か買いそうで、それが怖いのです(苦笑)

うちのネットワーク関係が「初代Time Capsule」+「初代AirMac Express」2台、なので、ぼちぼち新しいAirMac ExpressのDual Bandもいいかなと思っていたり、、
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 4

kininaruki URL 2012-06-23 Sat

おめでとうございます!いやはやうらやましい限り!
五分五分の・・・とおっしゃいますがそれは絶対運命ですって(笑)

初期不良はご愛敬としてAppleCareは必須なんですかね(>_<)
私はオンラインでの購入組なので届くのは7月に入ってからなのですが、開腹しても自らメンテできないRetinaはどうするべきか迷っています。1年内に答えを出さなくては、といったところです。

MBPRetinaがあるだけで楽しい週末になりそうですね(^ ^)
満喫されてください!

dbacks51 URL 2012-06-24 Sun

ありがとうございます。
満喫しています。Mac上で行うことのすべてのことが改めて楽しくてたまりません(^_^)

AppleCareはいつもにも増して強力に店員さんに勧められました。バラシレポートの通り、今後なにかあった場合の修理がやはり厳しいそうで、70%以上の方が同時に入ってらっしゃるそうです。私も1年間はどうせ悩む時間があると思っていたのですが、どうせ入るだろうと思い思い切って同時購入しました。

Kenzi0410 URL 2012-06-24 Sun

おめでとうございます!\(^o^)/
初期不良はアップル製品ならある程度覚悟ですもんねw
今後の「使ってみて」のエントリをお待ちしております。

ストアは行ったら買わざるを得ないところですから、未だポチって届いていない人もいる中、見事に買えて良かったですね。

dbacks51 URL 2012-06-24 Sun

ありがとうございます。
直営店は怖いところです(苦笑)。でも最高に楽しいところでもあります。

>今後の「使ってみて」のエントリをお待ちしております。
まあ、Proっぽい使い方はしないのでそんなに期待しないでください。
ただ一つ言えるのは、Kenziさんから頂いたこのコメントも凄くキレイに見えてますよ(^_^)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/751-2247ff54
Listed below are links to weblogs that reference
Retinaとの出会い from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > Retinaとの出会い

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。