Home > スポンサー広告 > Facebook Phoneこそ電話の正統進化

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Shin Okada URL 2011-02-21 Mon

facebookの利便性とかもっと教えてください!

dbacks51 URL 2011-02-21 Mon

私ももっと勉強しないといけません(苦笑)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/716-dc73f958
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Facebook Phoneこそ電話の正統進化

Home > 雑感その他 > Facebook Phoneこそ電話の正統進化

Facebook Phoneこそ電話の正統進化


Facebook Phone

Facebook、年内にオリジナルケータイを10機種以上は投入と明言! GIZMODO

■■■

3つ

・Wide Screen iPod with touch controls
・Revolutionary Mobile Phone
・Breakthrough Internet Communicator

Appleは最初にiPhoneを発表した2007年、この3つを一つのハードウェアで実現するという「電話の再発明」を行いました。

ただ個人的な感想としては、

ー「あの「歴史の一つを飾ったiPodという商品を(iPhoneの中では)一つの『アイコン』にした、のはすごい英断であったと感じた。まだまだ大きく売れていたハードとしてのiPodを新製品では1アイコンにしてしまうなんてすごい。

ー インターネットを携帯の世界に持ち込んでくれた(特に日本よりアメリカのユーザーはそれを大きく感じたはず)のはすごい。

というのはありましたが、真ん中の「Phone」の部分についてはそんなに驚くような’再発明’はあまりなかったかな、と感じています。
FaceTimeが最近の話題ではありましたが、それもSkypeの取り組みの前には多少かすんでしまっていると思います。


結局、AppleのiPhoneは「電話機」というハードを再定義・再発明はしたとは思いますが、電話をする、会話をするというコミュニケーションという体験という意味の「Making Call」の再発明にまではなっていなかったのではないかと思います。

■■■

最初に挙げた「Facebook Phone」ですが、これこそは「Making Call」の再発明なのではないかと思います。ある意味、これこそが「電話機の正統進化」とも言えるのではないでしょうか。

本来あまり色をつけにくいプラットフォーム機器(iOS機器、Android機器など)の中にあって、Facebook Phoneは同じプラットフォーム機器ではありながら、”コミュニケーション”に色を付けて商品を徹底的に謳うことのできる商品になりますね。

Facebookはまだそんなに熱心にやっていない私ですが(苦笑)、なんかそんな気がします。

もっと勉強しよう。。。

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

Shin Okada URL 2011-02-21 Mon

facebookの利便性とかもっと教えてください!

dbacks51 URL 2011-02-21 Mon

私ももっと勉強しないといけません(苦笑)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/716-dc73f958
Listed below are links to weblogs that reference
Facebook Phoneこそ電話の正統進化 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > Facebook Phoneこそ電話の正統進化

カレンダー
« 2017 06 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。