Home > 買ったモノ > 2011年、再び蘇る'Queen'のサウンド

2011年、再び蘇る'Queen'のサウンド


2011 Remaster

ユニバーサル Queen公式サイト(注意:音が出ます)

結成40周年に加え、EMIからユニバーサルに移籍(昨年11月に発表。これって実は大事件ですよね)ということで、Queenの往年のアルバムが「2011年デジタルリマスター」で蘇り、発売されています。とりあえずベスト盤から。
GH1
グレイテスト・ヒッツ

GH2
グレイテスト・ヒッツ VOL.2

リマスターはその世界では有名なボブ・ラドウィックさんです。
Queenのベスト盤のたぐいは、これまでも手をかえ品をかえ発売されていましたよね。ボブ・ラドウィックさんは確か2009年発売の伝説のチャンピオン ~アブソリュート・グレイテストでもリマスタリングされていたと思います。
当時ももちろんこころが動いたことは覚えており、その証拠にアマゾンのWish Listに今でも入れたままになっていす。
ただ、その時購入をためらったのはQueenのライフタイムベストがさらに厳選されて1CDの20曲になっていることでした。リマスタリング盤としてはかなり魅かれていたのですが「ベストとしては曲が少ない」と。

■■■

今回は、もともと発売されていたGreatest Hits IとIIをそのままの構成でリマスタリングされての発売でしたので、2009年盤の時のようなためらいもなく購入しました(日本盤はそれぞれのアルバムにボーナストラックがあり、さらにSHM-CDです。私は輸入盤の方を買いましたが)

私は、これまでこれらベスト盤のオリジナル録音のCDをずっと聴いていて今回の2011リマスターにいきなりグレードアップしたので、その違いは明白です。特にGreatest Hits 1はオリジナルは録音レベルも低くお世辞にもいい音とは言えませんでしたが、激変してますね。

私はついドラムの音に耳がいくのでRoger Taylorの音を聴いてしまうのですが、オリジナルではただの破裂音だけのような感じの音だったのが、2011リマスターでは、ちゃんと太鼓の胴の鳴り、キックの風圧、ヘッド(皮ですね)の空気を揺さぶる感じ、シンバルの響き、などなど「新発見の音」が非常に多いです。
もともと持っていたRoger Taylorの音へのイメージは「バタバタした音」(苦笑)だったのですが、今回のを聴いてかなりグルーブな感じに印象が変わりました。

もちろんこのバンドの特長でもあるギターオーケストレーションとかコーラスの音にも存分に磨きがかけられています。磨きはかけられていますが、恣意的な音作りとかミキシングのバランスを大きく変えたりとかということはされていないみたいで、素直に忠実にリマスタリングされているように聴こえます。これは正しい姿だと思います。

曲の終わりにはすでに次の曲のイントロが頭の中に流れてくるというくらい聞き込んでいたハズのCDだったのですが、今回のリマスター盤でまたいろいろな発見ができそうでうれしいです。

■■■

ちょっと興味のある方は、iTunes Storeにもすでにあがっていますので、そちらの視聴をまずオススメします。
Greatest Hits I はこちら、II はこちらです。自分のライブラリにオリジナルの音源があるかたはそれと聴き比べられると、その差を簡単に聴き比べられると思います。

私も最初はiTunes Storeで購入をしようとしていたのですが、なんと圧縮レートがiTunes Plusではなく128kbpsでした。
せっかくのリマスター盤なのにこれはないでしょう、ということでCD購入に踏み切った次第です。



今後はオリジナルアルバムも続々リマスター発売されるそうですが、個人的には一番思い入れのあるInnuendoに期待しています。

■■■

クラシック音楽以外のアルバムでは、私は最近「リマスター盤」ばかり購入しているような気がします。
Gino Vannelli、TOTO、BOSTON、Foreigner、ザ・ブルーハーツとか。。、。
古い思い出への懐古主義に走っているのかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 4

yumekoutei URL 2011-01-23 Sun

迷ってるんですよね・・・コレ。
紙ジャケリマスタは全部買ったので、また買うのも何だしなあと思いつつも、音が凄く良いのならとも思いますし。グレイテストは音が良くても買わなくて良いかな~。

dbacks51 URL 2011-01-23 Sun

いろいろ持たれているのなら、迷うところですよね (苦笑)
今後発売されるオリジナルアルバムのリマスター盤にする、という手もありますね。

Hatti URL 2011-01-23 Sun

私も日本版の方を買いました。
absoluteも買ってしまったんですけどね....。
確かに昔のGreatestとは別物の音だと思います。
しかしabsoluteと重複する曲は同じ内容でしょうし、ちょっとあざとい気がします。
結局オリジナルアルバムのリマスターにも手を出すんだろうな.....。
私も結局Pops,Rockは昔聞いていた物の方が好きなのでリマスターには弱いです。
Foreignerも音は良かったですね。

dbacks51 URL 2011-01-24 Mon

Hattiさん>
absoluteに続いて購入ですか。ファンの弱みにつけ込まれていますね(苦笑)

>私も結局Pops,Rockは昔聞いていた物の方が好きなのでリマスターには弱いです。
Foreignerも音は良かったですね。

そうですよね。すり切れるくらい聞いたはずなのに、また新しい発見ができる、という楽しさがありますよね。
Foreignerのリマスターは確かに良作でした。
今後はリマスター職人の名前とかも覚えないといけないですね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/710-e131051b
Listed below are links to weblogs that reference
2011年、再び蘇る'Queen'のサウンド from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > 2011年、再び蘇る'Queen'のサウンド

カレンダー
« 2017 04 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top