Home > スポンサー広告 > 素晴らしい出来栄えのReeder for Mac

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/704-2594fe8b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > 素晴らしい出来栄えのReeder for Mac

Home > 雑感その他 > 素晴らしい出来栄えのReeder for Mac

素晴らしい出来栄えのReeder for Mac


reeder for mac

Reeder for Mac 1.0 Draft 4 (12月9日現在)

iPhone、iPad用ですでに私の中では定番になっているRSSリーダーのMac版アプリです。Mac版の予告がされてから首を長くして待っていました。

iOS版も含め、このアプリが卓越していると私が感じているところは、

・画面のスクロールや遷移が非常にスムース
・洗練されてシンプルなUI
・薄い茶色の淡いモノトーンの落ち着いたデザイン

とかでしょうか。

とにかくこのスムースな操作感は、現在は買収されてTwitterの公式クライアントアプリになった、Apple Design Awardを受賞のAtebitsのTweetieを彷彿とさせるくらい、飛び抜けた感があります。

■■■

そのMac版はまだBetaの段階ではありますが、早いペースでDraftのバージョンが進んでいます。

今回のDraft 4では、3本指スワイプによる操作が追加されました。

ジェスチャー

もともと、このMac版はGoogle Readerの各種ショートカットを踏襲していましたが、今回のDraft 4で「J=次の記事」「K=前の記事」「V=全文表示」に相当する部分がデフォルトでスワイプで処理できるように設定されています(もちろんいろいろ設定を変更し、他の機能をアサインすることも可能です)

これがまた最高に気持ちいい!脱帽です。ブラウザでGoogle Readerを使うのにもある程度慣れていたので上記のようなショートカットには慣れていたとは言え、スワイプによる操作の方がより直感的であり、それよりもなによりも、アプリ内ブラウザで全文を「開いてしまった」記事をもう一度横にスワイプすれば「閉じて」元に戻ってくれますし、前後の記事に移動した瞬間にも同じように全文表示されていたものが元に戻ってくれるのが最高です。

ブラウザでGoogle Readerを使っている場合は、全文表示への展開は新しいタブで元記事が開きますので、読み終わったらタブを閉じないといけません。なにげに「面倒くさいなあ」と感じていたのですが、この負荷が一気に無くなりました。

■■■

まだBeta版なので、今後もいろいろ機能追加がされていくことと思います。

私としては、
・検索窓の設置
・購読リストの編集機能の追加
・各種共有機能へのショートカットの追加
・(これはMac版だけでなくiOS版でもお願いしたいですが)Evernoteとの連携
などが希望する機能追加です。

おそらく、Mac App Storeのオープンに正式版としてリリースされるような予感がしていますが、もしそうなれば私がこのStoreで購入する最初のアプリになることは間違いない、と思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/704-2594fe8b
Listed below are links to weblogs that reference
素晴らしい出来栄えのReeder for Mac from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 素晴らしい出来栄えのReeder for Mac

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。