Home > 買ったモノ > ATOK Padを便利に使っています

ATOK Padを便利に使っています


ATOK Pad

先日発売されたATOK Pad(→Justsystemのページ)を便利に使っています。

各所でレビューされているように、その変換精度の高さ(とくに安心して連文節入力出来るのは有り難いと思います)も特筆ものですし、個人的には単語登録のしやすさ、定型文への登録・呼び出しのしやすさも非常に気に入っています。苦労して入力したものも、登録することで「のちのち役立つ」というお得感というか安心感みたいなものを感じます。

私が使っているデザインは、上の写真の通り、色はイエローで方眼です。
オリジナルのATOKレッドもなかなか渋いとは思うのですが、イエローの方眼だと「Rhodia」っぽくなる感じが好きです(本当はオレンジ色なのですが)

■■■

今改めてこのアプリのことを書くのは、発売後の動きが結構すばらしいからです。

まず一昨日最初のアップデートが行われましたが、Evernote連携でAPI対応に変更し、ノートブックへの直接保存ができるようになりました。
最初のバージョンのEvernote連携はメールを介してのものだったのでなんとなく「間接的」な感じだったのですが、今回のアップデートで直接保存になりました。これは大きいです。より一層「メモはとりあえずATOK Padで書く」という習慣が常態化しそうです。

また、「文字入力プラットフォーム」としての他のアプリとの連携が進んでいます。

こちらの記事にもある通り、IT Mediaやビジネス誠アプリで記事をTwitter投稿するとき、その文字入力の際にATOK Padに飛ぶことが可能になりました。
さらに、TwitRockerやTweetMeなどのTwitterアプリでも、ATOK Padとの連携が行われています。

本音はIMEとして組み込んで欲しい、という思いはありますが、現在のところ制約上できない中で、こうした取り組みは歓迎すべきことだと思います。
Twitter投稿機能のように、多くのアプリにこの「ATOK連携」が組み込まれ、文字入力のデファクト化が進めば、Appleも重い腰をあげるかもしれません。

■■■

こういう連携の動きの加速とは別に、ATOK Padに期待するのは、早期のiPad対応でしょうか。こちらはiWorkなどの生産性アプリもあり、ATOKのようなものはよりその対応が待たれるところです。

iPad対応がiPhone版と別アプリになるのかユニバーサルアプリになるのかは不明ですが、万一別アプリになったとしても、私は導入すると思います。

iTunesカード5000

それに備えて、というわけでもありませんが、iTunesカードの準備もちゃんと進めています(^_^)

(ご参考までに、iTunesカードのnanacoポイントキャンペーンは10月10日、明後日までです。)

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

retro URL 2010-10-13 Wed

モノさん、暫くです。(^^)
ATOK Pad、まだ使っていないのですが、iPhoneのデフォの入力の契約をAppleとしたなんて話もあるので楽しみです。

まだ買っていないので当然使っていないのですがオレンジのページがロディアライクで良いですね。

P.S : ページの破りカスがある所が何となく「メモ」と被っていますね。お茶目で好きです。(笑)

dbacks51 URL 2010-10-13 Wed

しばらくです。
ATOKで文字入力が出来るようになったことは、OSのバージョンが上がったくらいのインパクトがあります。激変です。

デフォ契約についてはどうなんですかね?正確なソースが見当たりません。いずれにせよ、そうなるよう祈ってはいるのですが。

破りカスの部分は、完全に「流用」だと思います(^_^)
Twitter投稿を意識してか、そこに入力済文字数が出るのがいいと思います。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/693-5acadc70
Listed below are links to weblogs that reference
ATOK Padを便利に使っています from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > ATOK Padを便利に使っています

カレンダー
« 2017 05 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top