Home > スポンサー広告 > 【本】アップルvs.グーグル

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/679-007e0f6c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > 【本】アップルvs.グーグル

Home > 雑感その他 > 【本】アップルvs.グーグル

【本】アップルvs.グーグル




アップルvs.グーグル (ソフトバンク新書)

読了しました。

書かれている通り、今やデジタルのセカイでは大きくこの2社の動向を抑えておけば、大枠をつかむことが出来るといっても過言ではないと思います。(マイクロソフトは最近あまり目にしないかも)

この二人の著書としては2年前のアップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者というものもあります。定期的に定点観測をされているそうです。そういうのは大事かも知れませんね。そういうことなら、今回の本のタイトルは「アップルvs.グーグル 2010」でも良かったかも知れません。(ツイッターでのこの本に関するハッシュタグは、ちゃんと#avg2010となっています(^_^))

■■■

タイトルは「VS.」となっていますが、著者のお二人の主張は、この2社は敵対しあっているようにもみえて実は仲がよい(=同じベクトルを向いている)のかも知れないということですが、全く同意です。

現在のところ、Googleは「オープンなインターネットの世界」を相手にしており、クローズドなものを出来るだけオープンなところにひきずりだそうとしています。一方Appleは自らが作った”Walled Garden”のエコシステムの繁栄を確固たるものにしようと頑張っています。ここが基本的に異なるところです。

しかし、



この有名な写真の通り、ウラではつるんでいるのかも知れません。

Google単独では絶対にFTCに認可されなかったであろうアドモブの買収も、Appleがクアトロを買収するということで認めてもらったようなものですし、iPhoneがこんなに爆発的に勢力を伸ばしてエコシステムを囲いこんでも、Androidがあればかなりのところまで突っ張ることが出来るかもしれません(そのへんのさじ加減はJobsは絶妙かもしれません)

結局、世の中を進めていくうえで、この2社は、敵対しつつも、いろいろな意味でお互いを必要としあってるいい関係なのだなあ、と思います。



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/679-007e0f6c
Listed below are links to weblogs that reference
【本】アップルvs.グーグル from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 【本】アップルvs.グーグル

カレンダー
« 2017 07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。