Home > スポンサー広告 > iPadに欲しかった角度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/660-77e23b8e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > iPadに欲しかった角度

Home > 買ったモノ > iPadに欲しかった角度

iPadに欲しかった角度


スタンド for iPad
(画像はPower Supportより拝借)

パワーサポート スタンド for iPad(ラバーコーティングブラック) PIP-91


もともとiPad用のスタンドとしては、Apple純正のDockとか、500円のCDスタンドを使っています。
iPadをフォトスタンド代わりにスライドショーをする場合とか、LCDクロック・NHK時計などを表示させて使うときは、このほぼ正立させた角度の方がいいと思います。

ただ、特にテーブルなどに置いて使う場合、この角度はちょっと急過ぎるなあと感じていました。またちょっと画面をタップしたいときにもこの角度はちょっとキツイ感じでした。
そのままベタッとテーブルに置くと、天井の照明が写り込みますし、なにはともあれ、iPadのあの背面形状のため、そのまま置くと不安定です。

iPadスタンドはどれがいい? : ライフハッカー[日本版]

iPhone

こちらの記事も参考にし、まじめにiPhoneをスタンド代わりにもしてみたりもしたのですが、正直、iPhoneも背面が丸いのでやはり不安定ですし、本気でこれを続けていくわけにもいきません(苦笑)

というわけで、このパワーサポートのスタンドに行き着いたわけです。

ソフトキーボードで文字を打つときもそうなのですが、画面をのぞき込みながらタップしていくだけの時も、理想的な角度はやはり「キーボード」の角度(約10度)なんだなあ、と改めて思いました。

このスタンド以外では、A-Frame Stand for iPadも候補にしたのですが、A-Frame Standは重い(500g超)のと、値段が高い、あと「受け」の部分が大きいので、平置きにしてソフトキーボードを使うとき邪魔になるのではないか、と思いました(最後の部分は実際に見たわけではないのでイメージなのですが)

■■■

昨日の書き込みで「画面は横向きでつかうことが多い」と書きましたが、最初の写真のように、このスタンドに横向きに置いて10度の角度を付けて安定させることで、抜群に使い勝手がよくなりました。
メールとかも、Wirelessキーボードではなく、ソフトキーボードで積極的に打ってみようかという気にもさせてくれます。

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/660-77e23b8e
Listed below are links to weblogs that reference
iPadに欲しかった角度 from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > iPadに欲しかった角度

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。