Home > 買ったモノ > iPadの実際のサイズを初めて知る

iPadの実際のサイズを初めて知る


iPadケース

昨日の記事に書いたのですが、ハヤル気持ちを抑えられず、ケースを先に注文しました。
楽天のR-MART Plusさん(→通常リンク)というお店ですが、対応が大変早く、早速今日到着しました。ありがとうございました。

本体よりもケースを先に入手した、というのが確か以前にもあったのですが(苦笑)、今日の最大の収穫は、、

iPadの大きさが初めてリアリティを持って実感できた

ということです(^_^)

感想は、
・頭の中でイメージしていたのより、若干小さい。本体は縁もそれなりにあるので、本体を見たら、液晶画面もさらに小さく感じてしまうかも知れません。
・アスペクト比(縦横比)は、しげしげ見ていると、意外とカッコ悪くない。というか、安定感を感じる。
ということの2点です。

ケースだけですが、しげしげと眺めたり、ソファに座って手にしてみたり、小脇にかかえてポーズをとってみたり、いろいろとやっています。

■■■

アスペクト比に関連して。

iPadの画素数は「1024×768ピクセル」ということになっています。4:3(縦に持つことを考えると3:4ですね)です。(ハイビジョン時代の前のTVの画角です。「安心感」を感じるのは、長年それをみてきた”懐かしさ”かもしれません)

普通に考えると、動画コンテンツ(YouTubeも含めて)ワイド化が進んでいる中で、パネルの選定でも16:9(もしくは16:10)を考えても良かったんでしょうけど、私はこの画角にした意図が別にあったのではないか、と思っています。

それはUIのためではないか、と。マルチタッチがUIで大きな話題になりますが、iPadのUIではそれだけではなく「縦横別に塚わけるUI」というのも結構ポイントになっていると思います。

縦と横

横にするとキーボードが出てきて「文字入力モード」になる、という使い方もありますし、上の絵のように、縦では1画面・横にすると2ペインの画面になるなど、2つのスタイルを存分に活かした、意図のあるUIになっていると思います。
(iPhoneでYouTubeを見るときは強制的に横になっていましたし、Safariなどで横にするのは、より大きな字でみたいから、など、縦と横を別々の意図で使い分ける、ということではないものも多かったと思います。)

わたしが感じた限り、これまでの商品で縦横を使い分けて非常にうまくいったのが「計算機」だと思います。

計算機1 計算機2

これは縦横を変えるだけで、アプリが全く変わってしまう、といっても過言ではなく、見事な「縦横UIの使い分け」になっていた、と思います。

iPod nano

ついでですが、iPod nanoのカバーフローは、横にしてカバーフローにすると音量調整とかができなくなる、という不便が残ってしまい、この機能のオン/オフ切り替えがメニューについてしまった時点で、”敗北”でしたね。

■■■

いろいろと変なことを考えながら、、しばらくはこのケースをしげしげと見つめて過ごします。

最後になりましたが、このケース、作りはしっかりしていて好感が持てました。また「レザー調」仕上げですが、パッと目には本革のようにも見えます。1980円から考えるとそうとうコストパフォーマンスは高いと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/650-c7a62067
Listed below are links to weblogs that reference
iPadの実際のサイズを初めて知る from 「モノが好き」2
Trackback from ipad最新情報 2010-05-12 Wed

ipad 機能 料金

Tweets for Today - Vox 14:17 ”iPhone/iPadアプリのアプリ内課金機能を手軽に利用す\xE3\x82 \x8Bための課金支援サービス「Samurai Purchase」~デジタルコンテンツ販売で世界と勝負” samuraipurchase.com/ #; 00:52 本日のPodcastもダイジェスト再放送。電子出版プロ (more…)

Home > 買ったモノ > iPadの実際のサイズを初めて知る

カレンダー
« 2017 04 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top