Home > 雑感その他 > iPadのゲームのひとつの可能性

iPadのゲームのひとつの可能性


AppleのiPadのCMを見ました。

やはりあくまで「いろいろなことが出来るもの」である(本の専用端末でもなく、ゲーム専用端末もない)ということを強調した「無限の可能性のあるマシン」というスタンスのものでしたね。

また「指による操作」を非常に前面に出したものでした。フリックで本のページをめくるという操作に続いて、同じフリック操作で写真を送るという動作を連続させているあたりに、そのあたりを強く感じました。

■■■

話は変わりますが、iPadの発売までの「長ーい待たされ期間」(苦笑)の間にいろいろと考えることがあります。

基本的にiPadの商品紹介の中で紹介されているアプリの殆どは、「大画面だから「より◯◯」」という「既存機能の改善」だと思うのです。

例えば、
・「大画面だからより一覧性に優れる」系 ー Safariとかカレンダーとか予定表とかメールとかPhotoなど
・「大画面だからより迫力がある」系 ー ゲームとかYouTubeとかビデオとか(Photoはこっちにも入るかな)

もちろん「より◯◯」であることは重要なのですが、これだけだと「まあ、iPhoneでいいや」とかになってしまうリスクもあるわけです。
iPadの存在意義を確固たるものにするには、やはり「iPadならでは」というものが必要だと思うのです。


おそらくその「ならでは」のひとつはiWorkアプリでしょう。もしiPhone版のこれがあったとしても編集作業とかまではキツイでしょうから、iWorkアプリは「iPadならでは」のひとつだと思います。

あと、思ったのがゲーム。それもiPhoneで存在しているような感じのものではなく、ずばり「ボードゲーム」です。しかも2-4人などの複数人で楽しむボードゲーム。オセロとかバックギャモンとかモノポリーとか囲碁とか将棋とか双六とか。ひとつの画面に複数で向い合って座って楽しむ系のもの。

タブレットPC「iPad」、ゲーム業界も大注目

普通なら読み飛ばしてしまいそうなタイトルの記事ですが、最後に書かれているのが

 iPhone用に「スラッグ・ウォー」などのゲームを開発している米ノースカロライナ(North Carolina)州のゲームメーカー、「リパブリック・オブ・ファン(Republic of Fun、娯楽の共和国の意)」で「大統領」を名乗るマイク・ラスムセン(Mike Rasmussen)氏も、iPadはゲーム開発にあらゆる可能性をもたらすと有望視する。「例えばiPadは4人用の卓上ゲームにぴったりのサイズ。すでにわが社では、携帯電話端末などでは難しい究極のボードゲーム機として、複数のプレーヤーで真にインタラクティブに楽しめるゲームを考案中だ」と語った。

ということで、これは期待できそうです。

ボードゲームにはサイコロを使ったものが多いですから、ここはリアルに「BlueToothサイコロ」みたいなものもちゃんと用意してほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

NOBON URL 2010-03-09 Tue

どもデス:)
地元の林檎仲間とiPadではポケットベガスやモノポリーが神ゲーになりそうだって話をしてた所デス
それにしても・・・
「BlueToothサイコロ」ってサイコー!!
特許とっちゃえ!!

dbacks51 URL 2010-03-09 Tue

コメントありがとうございます。
やっぱり「ボードゲーム」いいですよね。私はiPhoneアプリのモノポリー持ってますが、やはりもっと大画面でやりたいと思います。

特許ですか!?
あまりそのあたりは無頓着です(苦笑)が、誰かが作ってくれたら、ただ嬉しいです(^_^)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/633-d36bce13
Listed below are links to weblogs that reference
iPadのゲームのひとつの可能性 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > iPadのゲームのひとつの可能性

カレンダー
« 2017 04 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top