Home > スポンサー広告 > iPhone as No.1 in Japan

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/543-7926a74c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > iPhone as No.1 in Japan

Home > 雑感その他 > iPhone as No.1 in Japan

iPhone as No.1 in Japan


iPhone
(画像は下記引用記事より拝借)

「iPhone 3GS」が月間1位を記録したという事実 +D Mobile(8/31記事)

海外メーカーのモデルが日本で1位になるのは初めて、という風に書いてあります。

アップルの「iPhone 3GS」が、GfK Japanが集計する国内主要量販店を対象とした7月の販売ランキングで、月間販売台数1位の座を獲得した。

 海外の携帯電話メーカーは、これまで何度も日本市場に挑戦し、中にはそこそこの人気を獲得した端末もあったが、軒並み苦戦を強いられてきた。そんな日本市場において、iPhone 3GSが月間1位を達成したことは注目に値する。


4カ月ごとにフルモデルチェンジを繰り返し、次々と新しいスペックを身にまとわなくても、しっかりした思想の下に生み出された、ユーザーの共感を生むすばらしい端末は売れる。

これは日本の携帯にとって耳の痛いところです。さらには、最近のニュースではカシオ日立にNECも合流、ということで日本の携帯にとっては、ますます閉塞してきた感があります。

■■■

まあ、この記録が意味するところですが、
1.本来、iPhoneはケータイとは比較対象になるモデルではない
2.なんだけど、一応並べてみたら、やはり1位だった
というふたつがあると思うんです。

1.に関して言えば、iPhoneは「ケータイ」ではありません。スマートフォンのシェアにも出てきます。もっと言えば、ポータブルゲーム機のプラットフォームとしてのシェアにも出てきます。全く不思議な「モノ」です。なので本来なら「ケータイで1位」ということにはそんなに意味があることではない、と思います。

2.それを100歩譲ってケータイと並べてみても、それでもシェアが1位である。ということはiPhoneという全く新しい体験が、既存のケータイの体験に勝った、認められたということなのです。
ケータイの提供している体験に閉塞感を感じている多くの人が、iPhoneを知り、その意味を理解し始めた、ということなのではないかなあ、と勝手にいい解釈をしています。

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/543-7926a74c
Listed below are links to weblogs that reference
iPhone as No.1 in Japan from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > iPhone as No.1 in Japan

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。