Home > スポンサー広告 > いつもお世話になっているソフト

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/528-dfaa5580
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > いつもお世話になっているソフト

Home > 雑感その他 > いつもお世話になっているソフト

いつもお世話になっているソフト


ロゴ
(画像はhttp://www.yellowmug.com/snapndrag/より拝借)

日付は変わりましたが、PISCESさんで紹介されていたのでこれを機会に私も広められればいいなと思い記事を書きます。

私はこのアプリはホント常用中の常用です。ブログに貼る写真を拝借するときは殆どこれを使って拝借させてもらっています(上の画像もそうです)


SnapNDrop

これが基本画面ですが、やりたいことは左のボタンに集約されています。
Selection → 任意の選択範囲を選べます。
Window → ウインドウ丸ごとキャプチャ。(設定にもよりますが)ウインドウの一部が他のウインドウに隠れていても大丈夫。
Screen → スクリーン全体。
Timed → 設定した秒数後にシャッターが落ちます。プルダウンメニューをポインターで指してダラッと表示させた状態を撮りたいときなど。

■■■

無料版でも殆どのことができます。実際私はこれでかなり満足しています。まあ有料版にするとしても6ドルのこと。

このアプリがよく考えられているな、と思うのが、このSnapNDragをベースに派生的に別アプリを買ってもらおうとしていることです。

SnapNDrag
(画像はPISCESさんのところより拝借)

一番上の列にいくつかアイコンが並んでいますが、左から

・キャプチャした画像の保存
・キャプチャした画像の複製
----------------------------------------------
・キャプチャした画像の中の特定箇所をCrop →クリックすると同じ会社の「EasyCrop」というソフトの紹介に飛ばされます(EasyCropは有料版のみ、$12)
・キャプチャした画像にフレームをつけてみませんか? →「EasyFrame」($15)へ。
・たくさんの画像をメールに添付すると鬱陶しがられませんか? →「FileChute」($18)へ。
----------------------------------------------
・(普通に)メールで送信
・drawer
・環境設定

てな感じで真ん中は別のアプリへの導入にもなっているのでありました(笑)
そういう意味でもこの元になるSnapNDragというソフトは商売上非常に重要な位置づけになるのだと思います。

■■■

このやり方、アプリ内課金が出来るようになったiアプリでもどうですかね?
今はゲームの次のレベルとか、雑誌の翌月号とか、という話はありますが、普通のユーティリティ系の便利アプリでも、関連があってもっと便利な機能を追加したので「お金ちょうだい」みたいな。
最初はみんな無料版使っていても、欲しい機能を買い足していったら知らない間に有料版と同じになっていたとか。
文系の戯れ言ですいません。作る方は大変そうですね(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/528-dfaa5580
Listed below are links to weblogs that reference
いつもお世話になっているソフト from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > いつもお世話になっているソフト

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。