Home > スポンサー広告 > 「マックでDS」と言えば

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

mightguy URL 2009-06-17 Wed

・・・Digital Stageかと思いました。

dbacks51 URL 2009-06-17 Wed

この会社も確かに略称はDSですよね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/496-3fba9083
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > 「マックでDS」と言えば

Home > 雑感その他 > 「マックでDS」と言えば

「マックでDS」と言えば


マックでDS
(画像はITMediaより拝借)

「マックでDS」19日から全国で導入開始

マクドナルドでDSにゲームやクーポン配信 「ニンテンドーゾーン」

”マック”というタイトルに釣られたんですけど(苦笑)、

 「マックでDS」は、マクドナルドの店舗内のみで通信可能なDS用無線装置を使った無料コンテンツ配信サービス。DSを持参してマクドナルドに来店すると、ポケットモンスターなどの人気キャラクターのダウンロードや、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」などの市販ゲームソフトの体験版を利用できるほか、お得なクーポンなども入手できる。


というサービスだそうです。

これをみて思い出したのが、やはりStarbucksのことです。

Starbucks

最初のiPod touchが発売になった2007年9月に発表された「iTunes Wi-Fi Music Store at Starbucks」。「iPodになぜWi-Fiがあると楽しいか」というのを非常に優れた用途提案で示してくれました。確か同じような時期のZuneでは「複数台のZuneで曲を聴けるようにして楽しむ」という提案だったと思います。個人的には、Appleの提案の方が遙かにカッコイイものだと思いました。
(その後、iPhoneでコーヒーそのものを頼む、というのもありました。)


今回の「マックでDS」もこのモデルに近いものがあると思うのですが、iPod+Starbucksの提案ほど個人的には魅力を感じません(一応DSは持っています)。

それは、iPod+Starbucksの場合は「音楽(BGM)のセンスの良さをウリにしているコーヒーショップ」と「音楽を買わせる動機が欲しいiTunes Store」という両者の思惑が「音楽」というコンテンツを触媒にして有機的に繋がっている感じがするのですが、「マックでDS」の場合、ハンバーガーとDSコンテンツにそういう繋がりを見いだせないからです。なんか一過性のキャンペーンっぽい感じがします。

それよりは、マックではiPhoneが通信料無料で使えることの方が、汎用的で利便性も高く、人々をマックに呼び込むのにはいいかな、と思います。


、、、とは言うものの、一度はDSを持って近くのマックに行ってみようとは思います。やはり体験はしてみたほうがいいと思いますので。
個人的にはマックでiPhoneを使っている人を見かけたことがまだない(ノートPCはそこそこ見かけます)のですが、このサービスが始まると、DS持った人を多く見かけるようになるのでしょうか、、

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

mightguy URL 2009-06-17 Wed

・・・Digital Stageかと思いました。

dbacks51 URL 2009-06-17 Wed

この会社も確かに略称はDSですよね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/496-3fba9083
Listed below are links to weblogs that reference
「マックでDS」と言えば from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 「マックでDS」と言えば

カレンダー
« 2017 07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。