Home > スポンサー広告 > Bento for iPhone and iPod Touch

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/465-9331a1f4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Bento for iPhone and iPod Touch

Home > 買ったモノ > Bento for iPhone and iPod Touch

Bento for iPhone and iPod Touch


Bento

いやあ、とてもうれしいアプリが登場しました。
Bento2で作ったデータベースをiPhone/iPod touchで持ち運べるアプリが発売になっています。

これで、Bentoが持ち運べるようになり、本当の意味で「弁当」になりました。

体験モニターをさせて頂いている間にも書かせてもらったのですが、、

もうひとつは、データベースの活用について。
こういうソフトこそ、iPhoneなどで持ち出したいですね。やはりデータですからMacの中に閉じ込めておくのはもったいないと思います。外でもアクセスしたり、追加修正もしたいですし。


これを完全に実現してもらいました。

■■■

Bento

このアプリと、Mac内のBento2との間のデータのシンクロは、Wi-Fi経由で行います。最初にパスワードでiPhone/iPod touchとBento2を関連づけるとBento2の左ペインに「デバイス」としてiPhone/iPod touchが表示されます。iTunesのそれとすっかり同じなので、迷うことは全くありません。この辺りはさすがですね。

また、シンクロをWi-Fi経由で行う、というのは、USBでシンクロを行うiTunesとは操作概念的に完全に区別されるので、UIは同じですけど混同することもありません。

■■■

Bento

シンクロ時は、自分が作ったすべてのデータベースをシンクロさせることもできますし、選択したデータベースだけシンクロさせることもできます。

わたしは「Books」という名前で作った蔵書及び読みたい本管理データベースなどをシンクロさせています。
前にも書きましたが、これを持っていれば効率的に本屋に行けます。周りの本に目移りもしませんし、本が見つからない場合は店員さんに情報を提示して探してもらうこともできます。


とにかく、「自分でつくったデータベース」をiPhone/iPod touchで持ち運べるということで、なんかちょっと、自分でiPhoneアプリを自作したような気持ちにもなり、とてもうれしいです。

今後は「持ち運び」を前提としたデータベースもいろいろと考えて作っていこうと思います。


Bento for iPhone and iPod touchの紹介ページ

今回、このBento for iPhone and iPod touchに対応させるため、Bento2そのものもBento 2.0v4にアップデートされていますが、とにかく起動を含めた操作がサクサクになっているのはうれしいですね。


ただ、以前レポートで指摘した「日本語を含むアドレス問題」ですが、今回「解決」したと書かれていたのですが、実際やってみても解決していませんでした、、
「解決」したのは違うことなんでしょうか、、、
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/465-9331a1f4
Listed below are links to weblogs that reference
Bento for iPhone and iPod Touch from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > Bento for iPhone and iPod Touch

カレンダー
« 2017 07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。