Home > スポンサー広告 > Incase Hard Case classic 120GB

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/451-3f7e2dd5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Incase Hard Case classic 120GB

Home > 買ったモノ > Incase Hard Case classic 120GB

Incase Hard Case classic 120GB


iPod classic(120GB)のケースを新調しました。

Contour(画像はApple Storeより拝借)

もともと装着していたのは、上の写真のContour iSee classic
最初は、
>着脱可能なペルトクリップ付き
という部分に惹かれていたのですが、実際そういう使い方はしませんでした(汗

それよりも、当初より気になっていたのですが、このケースはiPod classic本体の微妙なアールのデザインをトレースしていない関係で隙間が多く、ゴミがケースと本体の間に入って来やすかったのです。
このままではケースに入れていてもキズがついてしまうと思い、買い換えることにしました。

■■■

Incase1

買い換えたのは、上の写真のIncase Hard Case classic 120GBです。探した限り、Apple Storeでしか販売していないようでしたので、オンラインのApple Storeに注文しました。

Incase2
(左がContour iSee classic、右がIncase Hard Case)

寄りすぎたのでちょっとゆがんだ写真になっていますが、違いは一目瞭然だと思います。iPod classic本体のデザインを忠実にトレースして作られていることと、素材の薄さにより、同じハードケースでもこれだけの差が出ています。

落下させたときの強度、という問題は薄さゆえあるのかもしれませんが、私の場合、こだわっているのは本体をキズから防ぐことですので、これで大満足です。

■■■

このケースの表面パーツは透明のアクリルで、クリックホイール部分だけあいていて、液晶画面は保護されています。薄さのおかげでクリックホイールとの「段差」は殆どありませんので、操作性はかなりいいです。

背面パーツは「ソフトタッチ混ゴム素材」ということですが、ハードであることには変わりなく適度な摩擦で滑り止め効果があります(シリコンほどではないですが)。ゴミが付着したりする感じはありません。
こちらは2色展開されており、白っぽいのが「フロスト」、黒っぽいのが「ブラックフロスト」という商品名になっています。写真の通り、私はブラックフロストを購入しました。


本当にiPod classicに「ぴったり」のハードケースで、iPod classicを手に持っていると嬉しくなります。「iPod classic本来のカタチ」を取り戻した気がしています。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/451-3f7e2dd5
Listed below are links to weblogs that reference
Incase Hard Case classic 120GB from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > Incase Hard Case classic 120GB

カレンダー
« 2017 11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。