Home > スポンサー広告 > 「産経新聞アプリ」の行方

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

(無記名) URL 2008-12-21 Sun

私は産経さんの愛読者なので、このアプリを知ったときははっきり言って
「iPhoneといえど無料で購読させてまともに払っている我々にどう説明するのか?」
と半ば腹立たしい思いでした(契約止めようとも)がゆくゆくは有料化を視野に入れているということで安心しました。
とともにiPhoneが無性に欲しくなったのでした。(チャンチャン)

dbacks51 URL 2008-12-21 Sun

紙の新聞の購読者の方にはかなり劇薬っぽいやり方ですね。

このネタをダシにiPhone 3G欲求に火が付きましたか?(笑)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/383-7b68f9f4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > 「産経新聞アプリ」の行方

Home > 雑感その他 > 「産経新聞アプリ」の行方

「産経新聞アプリ」の行方


産経新聞アプリ (画像はApp Storeより拝借)

以前の投稿で「iPhone/iPod touch用産経新聞はいずれ有料になるか?」という投稿をしました。

今日のIT Mediaにそのヒントになるような記事が掲載されていました。
産経新聞、なぜ無料でiPhoneに 「失敗続き」の電子新聞チャレンジに手応え

産経PC

PC版では実は2005年から始めていた産経Net Viewですが、それでも赤字は続いていたそうです。その閉塞感の中でもあきらめずにいろいろ道を探りつづけ、今回のiPhone/iPod touchアプリに至ったそうです。

ただ、価格については

 アプリの無料配信は「新聞の無料試読制度のようなもの」と位置付けており、いつまで無料で提供するかは未定だ。「なんとか軌道に乗せるため、ビジネスモデルを検討中」で、有料化や新たな広告モデルを探っていく。アプリを使って「来年春までいろんな実験をしたい」という。


ということで、まだまだ不透明な感じですね。「いろんな実験」をされるということなのでその動静をみていくことになりそうです。

■■■

関連のニュースですが、
新聞宅配は週3日だけ、サイトを強化 米デトロイトの日刊2紙
というのもあり、古くから言われていた「新聞のこれまでのビジネスモデル」の崩壊というがいよいよ現実のものになろうとしています。

そういう意味でも、この産経新聞の今回の取り組みは、(当面模索は続くものの)方向性としては間違っていないものでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

(無記名) URL 2008-12-21 Sun

私は産経さんの愛読者なので、このアプリを知ったときははっきり言って
「iPhoneといえど無料で購読させてまともに払っている我々にどう説明するのか?」
と半ば腹立たしい思いでした(契約止めようとも)がゆくゆくは有料化を視野に入れているということで安心しました。
とともにiPhoneが無性に欲しくなったのでした。(チャンチャン)

dbacks51 URL 2008-12-21 Sun

紙の新聞の購読者の方にはかなり劇薬っぽいやり方ですね。

このネタをダシにiPhone 3G欲求に火が付きましたか?(笑)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/383-7b68f9f4
Listed below are links to weblogs that reference
「産経新聞アプリ」の行方 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 「産経新聞アプリ」の行方

カレンダー
« 2017 07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。