Home > 妄想したモノ > 来年のAppleは「小さく」始まる?

来年のAppleは「小さく」始まる?


iPhone nano
(画像はidealschina.com/Insiderより拝借)

iPhone nano、、、
本文を読む限り、中国で生産を請け負っているアンダーグラウンドなコネクションで得た情報なので間違いない!みたいに断定口調です。
3G対応してない、ということで初代iPhoneと同じようなスペックが想像できますが、私はちょっとこういう発想は好きではありません。
進化させているのに価格も下がる(もしくは同等価格)というのがApple商品のサプライズであると思っているので、いくらサイズを一回り小さくしたとは言え、なんか「旧モデルの焼き直し」感がします。
また今のiPhone 3Gの販路をBestBuyに広げた流れなのかもしれませんが、この”iPhone nano"が、当初からWal★Martをターゲットとした廉価商品であるという部分に多分に「Appleらしくなさ」を感じずにはいられません。
App Storeのプラットフォームをより多く広げたいという主旨は分からなくもないのですが、Wal★Mart向けっていうのはどうなんでしょうか、、

また同様にiPod shuffleの新製品についても言及があります。
私の妄想としては、
・アルマイトのポリカ化
・本体の表面の操作ボタンを削除して、かわりにApple Earphones with Remote and Mic(安い方、もちろんマイクは削除)にすべて委ねる。
・台座のようだった充電・シンクロ用の部品をミニケーブル←→USBの1本ケーブルにする(他社から出てますね)
こうすればそれなりにコストダウンが図れるのではないかと思います。

■■■

別ルート(www.appleinsider.com)の情報ではMac miniのリニューアルの話が出ています。

基本的にはAppleの4つの製品ポートフォリオからは外れた商品だと私も思うのですが、 Displayポートがやはりつなぎ役になるような気もしています。せっかくモニターを出したものの繋がるのが新MacBook群ではちょっともったいない。そう考えると出してもいいのかなと言う気もします。

■■■

(ちゃんとしたiPhone 3Gの後継機はあるでしょうけど)、iPhone nano、iPod shuffle、Mac miniという商品が噂で並んでいるのをみていると、SF EXPOはなんかいろいろな意味で「小振りな商品の発表だなあ、、、」と思ってしまします。

まあ年末年始にかけて新情報がぞくぞく出てくるでしょうから、もっっと期待したいと思います。



【追記】
「小さい」ついでにまたNetbookの噂も。
アップル、MacworldでNetbookを発表か--アナリストが可能性を示唆

>また、もしAppleが、App StoreやiTunesなどに対応する、シンプルなインターフェースを備えた、まるでiPhoneのような設計のなされたNetbookスタイルの製品を、599ドルで発表するならば、必ずやヒット商品となるであろうと考えていることも明らかにした。

これは激しく同意します。ただ今のiPhoneがすでにNetbookみたいなものなので、Netbookというよりは「iPhone Jumbo」ですけどね(笑)
とにかくAppleには「安くしたMacBook」的な商品ではなく「より高付加価値化したiPhone/iPod touch」というカタチで商品を出して欲しいです。

【追記2】
悲しい、、、(泣) 非常に悲しい、、、。
S・ジョブズ氏、Macworldでの基調演説は見送りに--アップルの参加も最後に

次回の参加が最後である上に、その最後の場のプレゼンテーションもフィルが行うそうです。ジョブスのプレゼンはもうみることができないんでしょうか、、、



「いつかは」という覚悟はしていたつもりですが、突然の知らせに言葉を失いました。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

つなつな URL 2008-12-19 Fri

アメリカに在住しているものです。こちらでは未だにiPhone2Gに人気があって、ebayでは$300近くで取引されています。(iPhone3Gは16GBバージョンで$299)。

2Gは3Gよりネット代が月に$10安くなります。また、こちらでは3Gの電波網が日本に比べると整備されておらず、そのような状況では3Gはただの電池喰いで数時間で電池切れになります。
アップルは「3Gで電池が速く無くなる人は、3GをOFFにして2Gで使え」と述べています。
この状況で3Gに固執する必要はないと思います。

また、こちらでは70-80gの携帯が支流で、120g以上のものは重すぎると敬遠されます。ガジェットオタクなら140g程度の重さなんて気にしませんが、その重さ故にiPhoneでもBlack berryでもなく、普通の軽い携帯を買う人を何人も見ています。

なのでアメリカからの視点では今回のiPhone nanoは当たりだと思います。

dbacks51 URL 2008-12-20 Sat

現地の貴重な情報、ありがとうございます。

USもそうでしょうけど欧州もその他地域もまだまだ2Gが主流であることは想像に難くありません。なので2Gの新製品を出すことも戦略としては間違いはないと思います。

ただ、これはあくまで「電話機」としての話の中での戦略であって「iPhone的」な商品戦略ではないような違和感を感じたのが、今回私が記事を書いた主旨です。
iPhoneはあくまで「ガジェット」だと理解しており、なんか私個人の中では相容れないものを感じるのです。

とはいいながら、iPodからiPod mini、iPod nanoという「小型派生」でブレイクして行ったのは確かなので、あり、なんでしょうね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/380-5d17769e
Listed below are links to weblogs that reference
来年のAppleは「小さく」始まる? from 「モノが好き」2

Home > 妄想したモノ > 来年のAppleは「小さく」始まる?

カレンダー
« 2017 05 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top