Home > スポンサー広告 > 不眠の治ったMacBook Pro!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Ryo URL 2008-12-08 Mon

こんにちは♪
そーなんですか(^^)。自分も試してみよーかな。
と云っても実はMBPは......蘇生中?でして...。
詳細はBlogに書きますが、その際は笑ってください(^_^;)

dbacks51 URL 2008-12-08 Mon

他の方のブログへのコメントで拝見しました。4日に病院入りされたそうで。
戻ってきたら是非やってみてください。
もしかしたら、もしかしますよ。

Kenji URL 2008-12-09 Tue

はじめまして。けんじといいます。

不眠...うちのMACは、眠ったまま起きず、また起きても起きられない(めっちゃ起動がおそくなった)ので、交換してもらいました。

dbacks51 URL 2008-12-09 Tue

ずいぶんご苦労されたようですね。コトの流れを読ませてもらいました。
旧MacBook Proが新MacBook Proに変わってよかったですね!とか気軽なことは書けないような状況であることもヒシヒシと伝わってきましたよ(本当は新製品への交換は羨ましいですけど(苦笑))

私は(発売されたらすぐ欲しいという気持ちがあるのと、英語キーボードへのカスタマイズなどもあるので)Apple Storeで直接商品を買うのが殆どです。
その上で不良があった場合は決してサポセンにはかけません。直接Genius(iPod) Barに行きます。購入履歴が残っているのでシリアルや購入日の管理とかも話早いですし、とにかく生身の人間に症状を見せることです。
私も別にクレーマーではないのでちょっとしたことではもちろん行きませんが、大事なことはやはり一緒に見てGenius本人にも「これはひどいわ」と思わせることしかコトは解決しないと思っています。

けんじさんのブログにでてだ「秋葉原のショップ」は完全になめてますね。

+.kだいひょう URL 2008-12-09 Tue

とにもかくにも
結果良ければと言うことで
症状が治まって良かったですね(^ ^)。

dbacks51 URL 2008-12-09 Tue

ありがとうございます。
ただこの対処法は根拠のないオカルトっぽいのでちょっと心配です。
まあ、先のことを心配してもしょうがないですけどね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/369-8becb323
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > 不眠の治ったMacBook Pro!

Home > 雑感その他 > 不眠の治ったMacBook Pro!

不眠の治ったMacBook Pro!


MacBook Pro


先月末、皆様にお尋ねするカタチで「眠らないMacBook Pro 」という記事を書きました。
フタを開けたまま放置したときに、環境設定>省エネルギーで設定した通りにスリープにならない、という症状です。

pleasesleep

頂いた貴重なご意見の中に、mtbirdさんから「PleaseSleep」というアプリを紹介頂きました。その名の通り「頼むから寝てくれ!」というアプリです(笑)

■■■

実際このソフトをインストールして起動すると、上段のメニューバーにアイコンが出ます。
ここで簡単にこの機能のOn-Off(Enabledのチェックマークを入れる/外す)が出来ます。

pleasesleep

実際コメントにもさせて頂いたのですが、これをインストールしてEnabledにすると、ちゃんと「環境設定>省エネルギー」で設定した通りに機能しました。
ただ例えば15分後でスリープと設定していると、iTunesで音楽を再生していても15分にはスリープします。それを除外する設定(逆の設定はあるのですが)とかが無いのです。

■■■

ひょんなことでEnabledをはずして使っていて、MacBook Proに戻ってきた時のことです。本来ならば機能オフなので今まで通り「眠らないMacBook Pro」に戻るはずだったのですが、それがなんとちゃんとスリープしていたのです!
偶然か、と思い何度もやってみたのですが、ちゃんと毎回スリープします。

■■■

「まさか」とは思ったのですが、今度はMacBook Proを再起動させ、PleaseSleep自体を起動せずに使ってみました。これはPleaseSleep自体に全く頼らない状況です。これでもスリープすれば「完治」したことになります。

結果からいうと、それでもちゃんとスリープしました!ついに「完治」!?

因果関係が分からないのでちょっとオカルト的なのですが、PleaseSleepを使って一度スリープを機能させたことで「Mac本来の回路」が目覚め、ちゃんと省エネルギー設定のスリープ機能がもとに戻った「ショック療法」だったのではないか、と思っています。

狐につままれたような感じですが、不思議なこともあるものです。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 6

Ryo URL 2008-12-08 Mon

こんにちは♪
そーなんですか(^^)。自分も試してみよーかな。
と云っても実はMBPは......蘇生中?でして...。
詳細はBlogに書きますが、その際は笑ってください(^_^;)

dbacks51 URL 2008-12-08 Mon

他の方のブログへのコメントで拝見しました。4日に病院入りされたそうで。
戻ってきたら是非やってみてください。
もしかしたら、もしかしますよ。

Kenji URL 2008-12-09 Tue

はじめまして。けんじといいます。

不眠...うちのMACは、眠ったまま起きず、また起きても起きられない(めっちゃ起動がおそくなった)ので、交換してもらいました。

dbacks51 URL 2008-12-09 Tue

ずいぶんご苦労されたようですね。コトの流れを読ませてもらいました。
旧MacBook Proが新MacBook Proに変わってよかったですね!とか気軽なことは書けないような状況であることもヒシヒシと伝わってきましたよ(本当は新製品への交換は羨ましいですけど(苦笑))

私は(発売されたらすぐ欲しいという気持ちがあるのと、英語キーボードへのカスタマイズなどもあるので)Apple Storeで直接商品を買うのが殆どです。
その上で不良があった場合は決してサポセンにはかけません。直接Genius(iPod) Barに行きます。購入履歴が残っているのでシリアルや購入日の管理とかも話早いですし、とにかく生身の人間に症状を見せることです。
私も別にクレーマーではないのでちょっとしたことではもちろん行きませんが、大事なことはやはり一緒に見てGenius本人にも「これはひどいわ」と思わせることしかコトは解決しないと思っています。

けんじさんのブログにでてだ「秋葉原のショップ」は完全になめてますね。

+.kだいひょう URL 2008-12-09 Tue

とにもかくにも
結果良ければと言うことで
症状が治まって良かったですね(^ ^)。

dbacks51 URL 2008-12-09 Tue

ありがとうございます。
ただこの対処法は根拠のないオカルトっぽいのでちょっと心配です。
まあ、先のことを心配してもしょうがないですけどね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/369-8becb323
Listed below are links to weblogs that reference
不眠の治ったMacBook Pro! from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 不眠の治ったMacBook Pro!

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。