Home > スポンサー広告 > iPhoto 7.1.5の謎

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

しく963 URL 2008-11-04 Tue

おそらくiPhotoは注文の際にネットワーク負荷の低減のために、画像データの解像度等を変更し最適化してから転送していると思われるのですが、その画像最適化の品質を向上させたということではないでしょうか。

dbacks51 URL 2008-11-04 Tue

確かにそういうことかもしれませんね。

その「最適化」がiPhoto内でブックを作るときになされるのか、作ったブックのデータを転送される時になされるのかは分かりませんが、より高画質を保ったまま転送されるということでキレイなブックができるということでしょうね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/348-bb066de4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > iPhoto 7.1.5の謎

Home > 雑感その他 > iPhoto 7.1.5の謎

iPhoto 7.1.5の謎


Print Service
(画像はAppleより拝借)


ちょっと古い話ですが、先月の28日にAppleはiPhotoを7.1.5にアップデートしました。

このアップデートにより、iPhoto プリントサービスで注文したブック、カード、およびカレンダーの印刷品質が向上します。



わたしも以前一度親が上京した記念にフォトブックを作成しプレゼントしたことがあります。(過去の投稿12
送られてくるまでの時間が2週間かかったこと以外は、フォトブックの出来もその梱包も非常によく満足したのを覚えています。

■■■

その画質がさらに向上するのは嬉しい限りです。

ただ、非常に素朴な疑問なのですが、注文したものの印刷品質が向上するのは、注文をうけた「向こう側」の努力(いいプリンターを導入するとか)の問題であり、こちらから注文を送信するiPhoto側のバージョンアップがなぜ必要なのか? というのがどうしても理解出来ません、、、(苦笑)

写真そのもののデータ以外にもなにか別の情報を送るようになったりしているんでしょうか?
上記の親の上京の時のブックがiPhoto上ではまだプロジェクトとしてそのまま保存されているのですが、もう一度頼んでみて差を見てみようかな(笑)いや多分しないですけどね。

季節柄では来年のカレンダーとかでしょうか。気に入った写真が表紙をいれて13枚以上あるかどうか一度iPhotoの「最近の12ヶ月」の棚卸しでもしてみようと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

しく963 URL 2008-11-04 Tue

おそらくiPhotoは注文の際にネットワーク負荷の低減のために、画像データの解像度等を変更し最適化してから転送していると思われるのですが、その画像最適化の品質を向上させたということではないでしょうか。

dbacks51 URL 2008-11-04 Tue

確かにそういうことかもしれませんね。

その「最適化」がiPhoto内でブックを作るときになされるのか、作ったブックのデータを転送される時になされるのかは分かりませんが、より高画質を保ったまま転送されるということでキレイなブックができるということでしょうね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/348-bb066de4
Listed below are links to weblogs that reference
iPhoto 7.1.5の謎 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > iPhoto 7.1.5の謎

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。