Home > スポンサー広告 > Apple TVはどうなる?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/318-99d8a52c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Apple TVはどうなる?

Home > 雑感その他 > Apple TVはどうなる?

Apple TVはどうなる?


Apple TV
(画像はApple.comより拝借)

10月1日に「Apple TVになにかあるのでは?」という噂がちょっと前にありました(参考記事)。

ですが、今日時点ではどうにもなっていないようです。

■■■

思いおこせば先月の「Let's rock」イベントの時にApple TVに関して(あるならあるで)なにか言及があってもよかったのではないか、と改めて思いました。

HD TV Show
(クリックで拡大)
NBC

冒頭JobsはHDクオリティのTV番組の配信が始まること($2.99、SDは$1.99)を発表しましたし、NBCが戻ってくる話もしました。しかもただ戻ってくるだけでなくHD番組を携えて、という「いい話」です。

ですが、「これらをMacやApple TVで楽しめる」と彼は"口頭"で1度触れた後は、ずっとMacでHD、MacでHD、としか言いませんでしたし、HDのTV番組のデモもiMacで行いました。

また、上の方のプレゼン資料を見ていただければおわかりですが、
Watch HD TV shows on your computer
と書いてあります。TVで、とは書いてありません。

普通TV番組のHD配信の話をするのなら、これまでなら必ずと言っていいほどApple TVを使って大画面TVで、という方向に話を持って行っていたと思うのですが、やはりここでなにも無かったということが「Apple TVの足踏み感」を象徴していたのかもしれません。

■■■

Shop iPod

一応現在まではApple TVはMacカテゴリーではなくiPodカテゴリーの商品のように表示されてはいます。が、そこにはちょっとした「仕切り線」が入っているのも事実。

”TVに繋ぐ家庭内のiPod”という当初のコンセプトを維持するのか、au BOXのように(TVとも繋いで楽しめるが)”基本はケータイの母艦”的に舵を切り直すのか、悩んでいるのかも知れません。
個人的には、その商品の立ち位置が曖昧になってきたら、スクラップアンドビルドで作り直した方がいいと思います。

もしかしたら、そういう「作り直した」商品が10月14日?に待っているのかも知れません。そちらを期待します。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/318-99d8a52c
Listed below are links to weblogs that reference
Apple TVはどうなる? from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > Apple TVはどうなる?

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。