Home > スポンサー広告 > Discは捨てた

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/31-4d8876e1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Discは捨てた

Home > 雑感その他 > Discは捨てた

Discは捨てた


noneeddisc

(画像はKeynoteより拝借)

MacBook Airの「Remote Disc」機能は驚愕でした。他のマシンのドライブを借りてインストールするという機能ですが、これは私には「Appleは(次世代DVDを含め)Discを捨てた」と取りました。そういう意味で驚愕でした。

Keynoteの一週間前に発表されたMac ProにブルーレイがOptionですら存在しなかったあたりから何となく怪しさを感じていたのですが、この「Remote Disc」でそれが決定的になったと思います。

ラスベガスで行われていたWinter CESではその直前のワーナーの発表で「ブルーレイ」が優勢になったということで大騒ぎでしたが、その裏で、Appleは「でも、そんなの関係ねー!」だったのでしょうね。

誰しも感じている「いつかはすべてのコンテンツが、すべてビットで、すべてネットでという時代になる」というタイミングをAppleは「今だ!」と感じたのでしょう。
「iTunes Movie Rentals」でここまで映画会社を集めることができたので、そのボタンを今押したのだと思います。もう彼らには「次世代DVD」は見えてないのでしょう。


最初から「TV放送」に関しては手を出していないAppleにとって、タイムシフト録画とかコピー10とか(これは日本の話ですが)いろいろな面倒くさいことに付き合うこともなく、こういう見切りも早かったのかもしれません。

かなり大きなパラダイムシフトのAppleの宣言がここに含まれていると私は思いました。


PS;本当にこの記事をアップした直後に目にしたのですが、林信行さんが同じことを先に記事にかかれていました。
下記に紹介しておきます。私の駄文とはずいぶん違うもんです(泣
「Goodbye, MD」の次は、「Goodbye, 光学式ドライブ」──林信行が読み解くMacworld
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/31-4d8876e1
Listed below are links to weblogs that reference
Discは捨てた from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > Discは捨てた

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。