Home > スポンサー広告 > グーグル対アップル ケータイ世界大戦

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/309-2e1a433e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > グーグル対アップル ケータイ世界大戦

Home > 買ったモノ > グーグル対アップル ケータイ世界大戦

グーグル対アップル ケータイ世界大戦


GvsA

グーグルvsアップル ケータイ世界大戦 ~AndroidとiPhoneはどこまで常識を破壊するのか


今日、この本がAmazonより到着しました。これから読んでみようと思っています。
著者はケータイ系の記事を多数書かれている石川温氏。私も勉強させてもらおうと思います。

奇しくも、本日初のAndriodケータイ、HTC DreamがT-Mobileから発売されるそうです。
静かな幕開けが予想されていますが、今後のインパクトがどれほどのものになるのかは予想出来ませんね。業界筋では「また一つケータイOSがひとつ増えた」という人もいるようですが、それはかなり直近だけを捉えた見方だと思います。

この2社、「どこまでケータイ業界の常識を破壊するのか(副題より)」という点では共通していますが、AndriodはあくまでOS。水平分業の一つの構成物です。一方われらiPhoneはAppleによる「エコシステムまで含めた垂直統合(コンテンツから端末まで)」で、方向性はあまりにもちがうものだと思います。
この本がどういう視点で「世界戦争」を描いていくのかは興味があります。

■■■

最後の方だけつまみ読みしましたが、日本人だけあって石川さんは「頑張れ日本のケータイ」的な内容も書かれているようですが、私個人的にはどちらも日本は中途半端で、最悪、キャリアは「土管屋」、端末屋は製造メーカーとしての業界参加しかできない可能性もあると思っています。

GoogleもAppleも私は好きな会社ですが、でもやはり日本の企業にも頑張ってもらいたいというのはもちろんあります。


ご興味のあるかたはどうぞ。単行本・250ページ程度・まだ出てほやほや(10月1日初刊)の本です。1540円。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/309-2e1a433e
Listed below are links to weblogs that reference
グーグル対アップル ケータイ世界大戦 from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > グーグル対アップル ケータイ世界大戦

カレンダー
« 2017 07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。