Home > スポンサー広告 > Geniusの狙い

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

retro URL 2008-09-15 Mon

どうもです!

>>GeniusサイドバーのレコメンデーションでiTunes Storeの曲をもっと買わせる

この戦略に引っ掛かり、数曲買ってしまったretroです。
「このアーティスト、あったんだぁ」と思うと何故か買ってしまいます。f(^^)

地道にiTSを探すのも大変ですから、もっとGeniusの精度が上がれば、似たようなジャンルのアーティストを聴く人には良いかもしれませんね。

dbacks51 URL 2008-09-15 Mon

>地道にiTSを探すのも大変ですから、もっとGeniusの精度が上がれば、

これをユーザー自身にやらせようと言うんですから、Appleも大したものですね!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/297-7216b1f5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Geniusの狙い

Home > 雑感その他 > Geniusの狙い

Geniusの狙い


Geniusファイル

iTunes 8のリリース以来、個人的に結構はまっているGenius機能。結構頻繁にアップデートをかける癖がついてしまいました(笑)

Musicフォルダ内のiTunesフォルダの中には、上記のように「iTunes Library Genius」というiTunesデータベースファイルが出来ています。現在のところ私のこのファイルのサイズは67.4MB。昔からあるiTunes Libraryファイルが27.6MBなので、すでにこれよりも大きく”成長”しています。

■■■

数日前に、私は「天才は1%の才能と99%の努力」という投稿で下記のような疑問を書きました。

>JobsはKeynoteでは「iTunesに繋がなくても、iPodは単体で自分の持っているライブラリからGeniusプレイリストを作ることができる」とだけ説明していましたが、母艦のiTunesが日々得られるKnowledgeで賢くなるとして、Syncの度にそれはiPodにも伝送されるんでしょうか?

結論から言うと、これはちゃんと伝送されるようです。


アップル担当者が語る新iPodとイヤフォン、Genius 【AV Watch】

 同種の「レコメンド」機能は、他社も手がけており、決して珍しいものではない。だが、Geniusのおもしろいところは、端末だけでも新しいプレイリストを作れる、という点だ。

「一度はiTunes 8に接続し、Geniusのデータを転送すれば、iTunes 8で作成するものと同じロジックを使ったGeniusのプレイリストが一瞬で作成できる。“外出先では決まったプレイリストしか聴かない”という人にも、もっと活用していただきたい」と狙いを説明する。移動中に、自分が好きな曲を軸にしたコンピレーション・アルバムが作れる、と思えば、なかなかおもしろい。

(中略)

「iTunes 8の利用者が増えれば、よりおもしろいプレイリストが作成されることになるだろう。iPodをあまりiTunesにつながず、充電だけを行なっている人も、週に一度は接続していただけるとありがたい」と話す。


これを読んで結構安心しました。

■■■

ただここでふと思ったのは、、、

Appleのこの機能に対する現時点での狙いは、Mini Storeに変わる手段として「GeniusサイドバーのレコメンデーションでiTunes Storeの曲をもっと買わせる」ことではあるというのは明白だと思うのですが、それ以前の問題として「iTunesをもっと起動させる」ことにあるのではないか、ということです。

私は結構毎日のようにiTunesを起動させ使用していますが、もしかしたら、CDを買ってきたときにiTunesでリッピングしてiPodに送る時だけ、とか、お目当てのアーティストがiTunesで配信されるので購入するときだけ、とか必ずしも毎日のようにiTunesを起動しない人も多いのではないか、と思ったのです。
そういう人たちは日常はiPodの充電も充電器で済ましてしまうので、iTunesとの接点がありません。

なので「Geniusサイドバー」に行き着く前に、まず「iTunesを起動してもらう」というのが結構大きなハードルになっているのかな、と。

今回のGenius機能が気に入っていてもらえれば、そのような人にもiPodをiTunesに繋いでもらえる。繋いでもらえばiTunesが起動する。話はそこから。
実は意外とこういうプリミティブなところで、Appleは問題意識があるのかもしれません。
あくまで妄想ですが。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

retro URL 2008-09-15 Mon

どうもです!

>>GeniusサイドバーのレコメンデーションでiTunes Storeの曲をもっと買わせる

この戦略に引っ掛かり、数曲買ってしまったretroです。
「このアーティスト、あったんだぁ」と思うと何故か買ってしまいます。f(^^)

地道にiTSを探すのも大変ですから、もっとGeniusの精度が上がれば、似たようなジャンルのアーティストを聴く人には良いかもしれませんね。

dbacks51 URL 2008-09-15 Mon

>地道にiTSを探すのも大変ですから、もっとGeniusの精度が上がれば、

これをユーザー自身にやらせようと言うんですから、Appleも大したものですね!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/297-7216b1f5
Listed below are links to weblogs that reference
Geniusの狙い from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > Geniusの狙い

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。