Home > スポンサー広告 > Jobsのプレゼンは世界仕様

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

SenJ4 URL 2008-09-13 Sat

どうも!SenJ4です。(^-^)
そう、スティーブは日本人でもわかる英語を伝えてくれる唯一のプレゼンターだと思います。
私は外人とはスラスラ話せない程度の英語力ですが、スティーブの話し方って、単語の一つ一つが聞こえるんですよ。
ま、あとは英語の文法さえわかっていれば大方の意味はわかるはずでしょう。
多くを語らなくても、実際のDemoを通して視覚に訴えて来る。

スクリーンでの見せ方も上手いですよね。すでにみんなリークで知ってる事を惜しみなくズバッとメインに持って来る。
そして、次は!?次に何がくるんだ!?? と、思わせる巧みさ。
ま、今回は当たり前に終わってしまったけれどね。

最悪なのは、Adobeのプレゼンです。説明が多すぎる。
もっとスティーブを見習えば良い。

....なんて勝手に思ってるSenJ4でした。失礼しました~(*'ー'*)/

dbacks51 URL 2008-09-13 Sat

おはようございます。

実際我々日本人が日本語でプレゼンするときもそうだと思うのですが、平易な言葉でゆっくりと、かつポイントに応じて強弱をつけて話す、というのは大変難しいことだと思うのです。

Jobsは英語でですが、そういう「プレゼンならではのしゃべり方」というのをちゃんと心得ていると思います。

Adobeはそんなにひどいですか、、今度聴いてみます。多分わからないんじゃないかと思いますが(苦笑)

+.kだいひょう URL 2008-09-13 Sat

人の心に届きやすいのですよ(^ ^)。
もちろんその人物のあり方が
大きく影響しますけど...

では、今日はiPhone Creative User Group Japanの
京都開催に参加して来ますねぇ( ̄▽ ̄)。

dbacks51 URL 2008-09-13 Sat

そういえば今日はiPhoneのイベントでしたね!
ちょうど、2.1も出たところでまた盛りあがることと思います。
参加される方々のレポを楽しみにしています(^_^)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/294-dd4a8027
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > Jobsのプレゼンは世界仕様

Home > 雑感その他 > Jobsのプレゼンは世界仕様

Jobsのプレゼンは世界仕様


8色
(画像はApple Keynoteより拝借)

写真は9日のKeynoteで新iPod nanoを紹介するJobsの場面です。なぜか8色しかありませんが、この後流したiPod nanoのCMにはちゃんと9色入っているので、単純な間違いでしょうか。Jobsにしては珍しいことかもしれませんね。

■■■

さておき、主題はそれではありません。よく言われる「Jobsのプレゼンはなにがいいのか?」というよくある話です。
もちろんプレゼン資料のよさ、ストーリーの構築がうまい、話に強弱がついている、などのところももちろんありますが、今回改めて私が感じたのは、

この人は「世界語」で世界に向けて話している!

ということです。

例えばGeniusの説明の部分ですが、これは本当ならなかなかうまく伝えるのは難しいでしょう。

Jobsのプレゼン資料では、
>Automatically makes playlists from songs in your music library that go great together

良い感じで曲がDJっぽく選ばれてプレイリストがつくられることを「go great together」の3単語だけでみごとに表現しています。
できあがったGeniusプレイリストをプロジェクターで投射してデモしているときにも、出来上がったプレイリストを指して「It's Good」と「Amazing」しかいいませんでしたし。

本当はどういいのか、どう曲調が繋がっているのかとか言いたいことは山のようにあったと思うんですけどね。
ここを我慢するんです。というか伝えたいことが世界の人にうまく伝わるにはいかに簡単に言葉も選んで説明すればいいか、ということを彼はよく吟味していますね。

途中フィル・シラーが出てきていましたが、彼は「英語」のプレゼンだったと思います。しゃべっている言葉のスピードも速いし単語も吟味されていない「アメリカ人向け」の印象でした。

■■■

私はそんなにすばらしい英語力を持っているわけではないのですが、Jobsのプレゼンだけは「英語で聴いている気がしない」という不思議な思いをずっと持っていました。今回のフィルとの対比の中で、それを再認識させられた感じでした。

Jobsは最初から「世界向け」というのを意識して話をしていると思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 4

SenJ4 URL 2008-09-13 Sat

どうも!SenJ4です。(^-^)
そう、スティーブは日本人でもわかる英語を伝えてくれる唯一のプレゼンターだと思います。
私は外人とはスラスラ話せない程度の英語力ですが、スティーブの話し方って、単語の一つ一つが聞こえるんですよ。
ま、あとは英語の文法さえわかっていれば大方の意味はわかるはずでしょう。
多くを語らなくても、実際のDemoを通して視覚に訴えて来る。

スクリーンでの見せ方も上手いですよね。すでにみんなリークで知ってる事を惜しみなくズバッとメインに持って来る。
そして、次は!?次に何がくるんだ!?? と、思わせる巧みさ。
ま、今回は当たり前に終わってしまったけれどね。

最悪なのは、Adobeのプレゼンです。説明が多すぎる。
もっとスティーブを見習えば良い。

....なんて勝手に思ってるSenJ4でした。失礼しました~(*'ー'*)/

dbacks51 URL 2008-09-13 Sat

おはようございます。

実際我々日本人が日本語でプレゼンするときもそうだと思うのですが、平易な言葉でゆっくりと、かつポイントに応じて強弱をつけて話す、というのは大変難しいことだと思うのです。

Jobsは英語でですが、そういう「プレゼンならではのしゃべり方」というのをちゃんと心得ていると思います。

Adobeはそんなにひどいですか、、今度聴いてみます。多分わからないんじゃないかと思いますが(苦笑)

+.kだいひょう URL 2008-09-13 Sat

人の心に届きやすいのですよ(^ ^)。
もちろんその人物のあり方が
大きく影響しますけど...

では、今日はiPhone Creative User Group Japanの
京都開催に参加して来ますねぇ( ̄▽ ̄)。

dbacks51 URL 2008-09-13 Sat

そういえば今日はiPhoneのイベントでしたね!
ちょうど、2.1も出たところでまた盛りあがることと思います。
参加される方々のレポを楽しみにしています(^_^)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/294-dd4a8027
Listed below are links to weblogs that reference
Jobsのプレゼンは世界仕様 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > Jobsのプレゼンは世界仕様

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。