Home > スポンサー広告 > 変わるYouTube

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/218-bc068b85
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > 変わるYouTube

Home > 雑感その他 > 変わるYouTube

変わるYouTube


YouTubeロゴ


偶然かそうでないのか分かりませんが、昨日YouTubeに関して2つのニュースに接しました。

ひとつはMacお宝鑑定団さんの記事経由ですが、YouTubeが、10分の時間制限を超えて、高品質の短編映画を配信する「YouTube Screening Room」を開設したというニュース。

パッと見た目、今上がっているのはスゴーい古い短編映画ばかりのようですが、わたしが感じたのは「YouTubeが公器になるのか?」というところです。
「ウルトラマンシリーズ」とかやっている円谷チャンネルは好きで見ていますが、あくまでこれまでのYouTubeは個人が映像をアップする「みんなのもの」というイメージだったのですが、どんどん「放送化」している感じがしました。

■■■

もう一つは、ITMediaの記事ですが、「YouTube、ホームページをカスタマイズ可能に」というものです。
発想としてはiGoogle的なイメージなのですが、
>インタラクティブモジュールを移動したり、削除したり、置き換えたりしてカスタマイズ
ということができます。

ただ、一番気になるのが
>パーソナライズされたお勧め(過去の視聴履歴やお気に入りに基づいてアルゴリズムが選んだ動画)
を表示するという部分でレコメンデーションエンジンを使うようです。
「Googlezon」が世界を制覇する、という話がかつて"EPIC2014"でありましたが、ちょっとその匂いを感じました。

■■■

YouTubeは、iPhoneはもちろんのこと普通の携帯電話、Mac/PC、Apple TV、また(発表だけですが)PanasonicがTVに内蔵とか、コンテンツの質・量だけでなく、それを再生する環境もドラスティックに整いつつあります。

もちろん、Googleという単独の会社のいろいろな経営判断もあるのでしょうが、私はいろいろと仲の良いAppleの動きとの協調路線も感じます。

iPhone 3Gの発表があってその興奮がまだ冷めやらぬ時期に、YouTubeがこういう発表を立て続けに行う、というのもあながち偶然ではないのかな、なんて邪推してしまいます。


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/218-bc068b85
Listed below are links to weblogs that reference
変わるYouTube from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 変わるYouTube

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。