Home > スポンサー広告 > 「アップル、ハイエンドPC市場のシェアは圧倒的首位」に思う

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/179-c4e1711a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > 「アップル、ハイエンドPC市場のシェアは圧倒的首位」に思う

Home > 雑感その他 > 「アップル、ハイエンドPC市場のシェアは圧倒的首位」に思う

「アップル、ハイエンドPC市場のシェアは圧倒的首位」に思う


CNET Japanに下記のような記事がでていました。

アップル、ハイエンドPC市場のシェアは圧倒的首位--NPD調査

「ハイエンドPC市場」というので、2000ドル以上とかかなー、と思って読み進めていったらなんと「1000ドル以上」を「ハイエンドPC市場」と呼ぶのですね。。。

Appleは1000ドル未満のMacは1機種(「Mac mini」)しか販売していないので、この1年間のMacの売り上げの勢いを考慮すれば、ハイエンド分野で成功しているというのは不思議ではない。


とはあるのですが、いくら水平分業が進んでいる商品とは言え、平均価格が700-800ドルなんて、セットメーカーの企業努力(=付加価値提案)が足りないのではないかと思います。

AppleのMacBookや最近アップデートされたiMacを見て「1000ドル以上だから高い! ハイエンドだ!」と思う人はいないでしょう。
それに見合う、もしくはそれ以上の価値をAppleのハードは提供してくれていると思います。

ちなみに、私が個人的に感じる「内容の割には高い。でも欲しい。」という商品は、MacBook Airと、それの発表の時に薄さの比較対象にされたVAIO TZシリーズだけです。
(MacBook Airも、日本円で見るから割高感がありますが、$1799という価格をみるとそこまでの割高感は感じません。私がアメリカ人だったら「行っていた」かもしれません(笑))


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/179-c4e1711a
Listed below are links to weblogs that reference
「アップル、ハイエンドPC市場のシェアは圧倒的首位」に思う from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 「アップル、ハイエンドPC市場のシェアは圧倒的首位」に思う

カレンダー
« 2017 06 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。