Home > スポンサー広告 > 「ハードまでつくるソフトウェア会社」

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Ban-Bang-Bangkok! URL 2008-05-06 Tue

ご紹介ありがとうございます。
今月の日本一時帰国の際に購入して読みたいと思います。

dbacks51 URL 2008-05-07 Wed

確かに販売店まで持つソフト会社、ですね。直営店の役割、そこで提供する体験、もこの会社の大きな武器ですね。

ちなみに、大川さんのRicoh GR Digital IIの写真、キレイですねえ。。
もちろん本文も読ませて頂いていますが、写真を拝見するのも勉強になっています!(笑)
たしかにフラッシュを炊くことは殆どないですね、このカメラ。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/165-2cbcb53d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > 「ハードまでつくるソフトウェア会社」

Home > 雑感その他 > 「ハードまでつくるソフトウェア会社」

「ハードまでつくるソフトウェア会社」


連休中は親の上京の相手をしていたのでなかなか読み進めなかったのですが、現在、アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者という本を読んでいます。

その中で割と前半ですが、心に響くフレーズがでてきます。Jobsの言葉だそうです。


Appleは「ハードまでつくるソフトウェア会社」である。


まさにそんな感じがします。
■■■

iTunes


ニュースとしては数日が経過していますが、iTunesでついに新作映画について「DVDと同時発売」を実現しました。
Amazon Unboxがどうの、とかNetflixがすごいとかいろいろ意見は出ていますが、私は純粋に、このJobsというかAppleの「粘り強さ」を評価したいと思います。

全2社とは違いAppleは前述の通り、「ハード」もあります。
「ハード」と「コンテンツ」という道具を使って、「どういうふうに」我々ユーザーに楽しませてくれるか、生活を豊かにしてくれるかまでしっかりした提案をしてくれます。

ただコンテンツを集め、その集めた数で勝負、という平面的な提案はAppleは一切しません。ここが、Appleという会社の存在を注目される大きなポイントではないかと思います。

コンテンツが何千作品集まっている、だけでもダメですし、ハードが高性能で格好良くて安いだけでもダメ。今はそういう時代だと思います。

■■■

このアップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者という本は、帯に「日本の会社にないものがすべてある」と銘打っているのですが、これはまさにその通りかもしれません。



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

Ban-Bang-Bangkok! URL 2008-05-06 Tue

ご紹介ありがとうございます。
今月の日本一時帰国の際に購入して読みたいと思います。

dbacks51 URL 2008-05-07 Wed

確かに販売店まで持つソフト会社、ですね。直営店の役割、そこで提供する体験、もこの会社の大きな武器ですね。

ちなみに、大川さんのRicoh GR Digital IIの写真、キレイですねえ。。
もちろん本文も読ませて頂いていますが、写真を拝見するのも勉強になっています!(笑)
たしかにフラッシュを炊くことは殆どないですね、このカメラ。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/165-2cbcb53d
Listed below are links to weblogs that reference
「ハードまでつくるソフトウェア会社」 from 「モノが好き」2

Home > 雑感その他 > 「ハードまでつくるソフトウェア会社」

カレンダー
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。