Home > スポンサー広告 > おもてなしの経営学

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

tbmaster URL 2008-03-26 Wed

私もこの本、購入しました。
「ギーク族」のあたり、うんうんって思いました。
「床屋の満足」...う~ん、確かに...
社内で流行らせようかなあ...

dbacks51 URL 2008-03-26 Wed

tbmasterさん>
コメントありがとうございます。もう両方とも読み終わられましたか?(笑)
「床屋の満足」は私も大変気に入っています。確かに流行らせたいですね。現代用語の基礎知識に載るまでがんばりましょう!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/120-a66cf3a8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「モノが好き」2

Home > スポンサー広告 > おもてなしの経営学

Home > 買ったモノ > おもてなしの経営学

おもてなしの経営学


おもてなしの経営学

(画像はAmazon.co.jpより拝借)

Life is Beautifulで有名な、元MSエンジニアでアルファブロガーでいらっしゃる中島聡さんの本です。現在はUIEvolutionの代表をされています。

この本、Amazon.co.jpで予約をして購入したくらい期待していた本でした。

いろいろあり、現在に至るまで前半しか読了していません(前半より分量の多い後半は、ひろゆき氏、古川享氏、梅田望夫氏とのそれぞれの個別対談です)。

■■■

くだんのブログの中で”発見”された「User Experience」の最適な日本語訳として「おもてなし」という言葉を提唱された方ですが、それが現代用語の基礎知識に載ったという自慢?(笑)から話は始まります。

Jobsの「すごさ」についても、「ギーク族をその気にさせるのが一番うまいスーツ族」という捉えられ方で表現されています。確かにそんな気がします。

EXPOなどでのイベントでも会場の人間をあんなに虜にしてしまう話術があるのですから、自社内のエンジニアがあの口調で口説かれたらやる気にならないわけがありませんよね(笑)
ただ口説かれたあとのエンジニアは不眠不休になるわけですが。。(苦笑)

もちろん「話術」とは言っても、その言葉が人のこころに響くのは、その裏に明確なビジョンがあってのことであり、その自信の裏付けがないといくら言葉巧みでも見抜かれてしまうものだと思います。特にAppleの優秀なエンジニアにはそれはすぐに理解できるでしょう。

■■■

中島さんは、もうひとつ現代用語の基礎知識に載せたい言葉として「床屋の満足」という言葉を書かれています。これも非常におもしろい表現です。

まあ、ブログで以前書かれていたので、ご存じの方はご存じでしょうけど私ははじめてその言葉に触れ、非常にうけました!

■■■

ということでまだ後半の3人との対談部分が残っていますが、楽しみに読み進めようと思っています。



おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

tbmaster URL 2008-03-26 Wed

私もこの本、購入しました。
「ギーク族」のあたり、うんうんって思いました。
「床屋の満足」...う~ん、確かに...
社内で流行らせようかなあ...

dbacks51 URL 2008-03-26 Wed

tbmasterさん>
コメントありがとうございます。もう両方とも読み終わられましたか?(笑)
「床屋の満足」は私も大変気に入っています。確かに流行らせたいですね。現代用語の基礎知識に載るまでがんばりましょう!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gadgetlove.blog18.fc2.com/tb.php/120-a66cf3a8
Listed below are links to weblogs that reference
おもてなしの経営学 from 「モノが好き」2

Home > 買ったモノ > おもてなしの経営学

カレンダー
« 2017 08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。