Home > 2014年12月

2014年12月 Archive

Leitz Complete Notebook(紙のノート)

Leitz Complete Notebook

Leitz Complete Notebook

デジタルガジェットを持っていても、どうしても必要なのが紙のノートです。

基本的にはMOLESKINE系が好きで使っていますが、今回ロフトで偶然見つけたのがこのLeitz Complete Notebookでした。初めて知ったブランドですが、とにかくよく出来ていると感じました。


主な機能は、

・革っぽいしっかりした表紙、裏表紙
★坪量96グラムのしっかりとした紙質
・裏にあるマチ付きポケットに加え、表の表紙裏にもポケット
★しっかりとしたゴムバンド
★色違いで2つ付いているしおり
★ココフセンのような付箋が最初からついている
・最後の8ページ分は小さくちぎれるミシン目入りでちょっとしたメモに
★ものさしが印刷されている(cm表記)
★★ペンホルダー付き

こんなところでしょうか。中は、各ページ上部にタイトル欄のある方眼罫です。

★を付けたところは、MOLESKINERODHIAのノートより優れていると感じる点です。

坪量(紙の重量、単位はグラム/平方メートル)はかなり紙質の厚いRODHIAノートの90(ブロックメモは80)をさらに上回る96で贅沢な感じ。大抵のことでは裏抜けはしないと思います。

付箋については、私が普段から愛用しているココフセンのようなものが最初から付いています。

ゴムバンドについては使い込んでいかないと様子はわからないですが、MOLESKINEのように途中から伸びたゴム(店頭に展示してあるサンプルはほとんど伸びきっていますよね(苦笑))のようにならないしっかりしたもののような気がします。

そして極めつけはペンホルダー。欲を言えばノートの中央ではなくもう少し上に付いていればペンの収まりもいいのにとは思いますが、とにかく、あるとないとでは大違いです。

来年年明けから本格的に使うつもりでいます。






スポンサーサイト

【レビュー】1Keyboard(Macアプリ)

1Keyboard

Macのキーボードを切り替えてAppleTVやiPhoneで使える「1Keyboard」が、50% OFFのセール価格 -iPod Love

1Keyboard(Mac App Store)

MacのキーボードをBTキーボード代わりにして、 iPhone / iPad / Apple TV / Android / PS3などの文字入力に使えるアプリです。クリスマスキャンペーンで半額ということもあり、早速購入しました。

接続は至って簡単。BTキーボードを登録する手間と同じような手間だけです。
早速iPhone 6 PlusとiPad Airに接続してみました(Apple TVは一度は繋がりましたが接続が不安定でした、、、)

■■■

1Keyboard

これはiPad Airの「メモ」アプリに、このアプリを使って文字入力をしている状態です。
この状態ではiPadのキーボードは消え、変換候補はほぼインラインで出るようになります。

私はこのiPad Airに標準の英語キーボード、標準の日本語キーボード、ATOKの3つを入れていますが、Macのコマンド+スペースによる日英切り替えを行うと、ATOKをスルーして標準の英語・日本語キーボードをトグルするようです。ATOKには対応していないのかもしれません。

■■■

ただ、冷静になって考えてみると、私が文字入力するアプリは大抵がiCloudで連携が取れているアプリ(メモ、Simple Note、Evernote、、など)なので、せっかくMacが手元にあるのにわざわざiPadやiPhoneで文字入力しないといけないシチュエーションはほぼない、という状況です (苦笑)

まだちゃんと繋げられていませんが、Apple TVでの検索入力は便利なんでしょうね。

というわけで、私にとってあまり普段使いにはならなそうなアプリですが、単純に「ギミック」としても楽しめるアプリです。他人に見せたらウケは取れそうな気がします(^_^)




【レビュー】サンワダイレクト iPadカードリーダー

サンワダイレクト iPadカードリーダー

サンワダイレクト iPadカードリーダーを買いました。

普段のスナップ程度ならiPhone 6 Plusで写真を撮ったりするのですが、旅行に行ったときなどはやはりまだ普通のカメラを使います。
また、そういう旅行に行くときにはほとんどiPad Airも持って行くので、やはり写真をその場でカメラからiPad Airに取り込んで見てみたいという思いはあります。

■■■

ただ、今回このサンワダイレクト iPadカードリーダーを買ったのは別の目的もあります。というか、こちらの方が主目的だったりします。それは、

リーダー

MacBook Pro用のカードリーダーとして使う、ということです。

実は、最近こちらを購入したのです。

Jet

Transcend JetDrive Lite 350 128GB

持っているMacBook Pro RetinaのSSDが256GBのため、残量がそろそろやばくなってきて来て一桁GBレベルになってきていたのです。
本当はインストールしたいEvernoteのローカルアプリもデータのファイルサイズが大きすぎてインストールもできないという状況でした。
私の場合、iTunesの100GBを超えるフォルダをJetDrive Liteに移動させ、一気に内蔵SSDの容量問題を解決してくれました。狭いプールから広い海に出たような開放感を感じています。

ただ、このJetDrive Lite、結構「ピッタリ」に作ってあるため(まあそれが良さなのですが)、抜き差しはかなり面倒です。

ですので、

もうこのJetDrive Liteは挿しっぱなしにしたい → 代わりのSDカードスロットが必要 → サンワダイレクト iPadカードリーダーがその役目も果たせるじゃないか!

という流れです(^_^)



Index of all entries

Home > 2014年12月

カレンダー
« 2014 12 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top