Home > 2014年02月

2014年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ハイレゾ音源 半額キャンペーン中 mora

ZX1

ウォークマン ZX1を購入以来、ハイレゾ音源を愉しんでいます。

ハイレゾ音源の購入先は、私の場合はおもにe-onkyomoraです。
どちらのサイトも値段は大差なく、大抵は1アルバム3000円です。ラインアップも大体同じではないでしょうか?

ただ購入後の再ダウンロードには違いがあります。
・e-onkyo → 購入から30日(720時間)以内なら、何度でもダウンロード可能
・mora → 期限はなく10回まで再ダウンロード可能

どちらかというと、私はmoraのシステムの方がいいと思います。購入した音源は外付けHDDに保存しているのですが、そのHDDにもしトラブルがあった場合、いつでも再ダウンロードできるmoraのシステムの方が安心だと思うのです。いつトラブルが発生するかは全くわかりませんから、30日と期限を切られるのは厳しいと思います。

■■■

購入に関しては、どちらのサイトもまだまだ難点があります。特にクラシックについてですが、、

・検索がしにくい
一応検索窓はあるものの、検索する言葉によって結果が大きく違ってしまいます。
例えばベルリンフィルのものを検索するときに「ベルリン」「Berlin」「Berliner」では検索結果が大きく変わります。

・メタデータに統一性がない
一覧を眺めていても、アーティストが英語で表示されていたり日本語で表示されていたり、また、指揮者で表示されていたりオーケストラ名で表示されていたりソリストで表示されていたり、、といった状態で、一貫性がありません。

・楽曲の音源データなどの情報が少ない(特にmora)
アルバムの録音の情報とか、リマスタリングの内容とか、通常以上のメタデータが知りたいところですが、moraはちょっと弱いですね。こういう場合はe-onkyoをみたり、もっと飛んでHMVで情報を参照しています。


まだどちらのサイトもハイレゾ音源についてはそれほどラインアップは多くないので、ウインドウショッピングのつもりで一覧をじっくり眺めていれば、欲しいモノにそれなりにたどりつけるのですが、今後のことを考えると改善してほしいところです。

また、クラシックの場合は大抵アルバム買いをするので問題はないのかもしれませんが、iTunes Storeのように「単曲買い」ももっとできるといいかな、と思います。

■■■

現在、moraでワーナーのクラシック楽曲の半額セールが行われています。
長々書きましたが、この記事で書きたかったのはこのキャンペーンのことでした(苦笑)

ハイレゾ半額

ワーナー・クラシックス 59作品 半額!!(3月11日まで)

なかなかそそるラインアップです。
私はこのキャンペーンの前に買ったものも含め、今までのところ下記のアルバムを買いました。

・カラヤン ドボルザーク「新世界より」
・ボールト ホルスト「惑星」
・ワイゼンベルグ/カラヤン ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番(浅田真央ちゃんのフリーの楽曲でしたね)
・カラヤン ワーグナー管弦楽曲集 I
・セル ドボルザーク「交響曲第8番」


ハイレゾ音源のバーゲンはなかなかないと思うので、もっと購入するかもしれません。(デュプレとか)
Amazonの電子書籍のキャンペーンほどのバーゲンは必要ないと思いますが(苦笑)、ハイレゾももっとバーゲンが増えることを期待します。

スポンサーサイト

ゼンハイザー IE800 レビュー

IE800


Walkman NW-ZX1でハイレゾを楽しんでおります。
移動中の音楽はこれまではBGMの扱い程度で、何か他のことをやりながら聞いているという感じだったのですが、ハイレゾにしてからは結構「音楽と正面から向かい合う」というスタイルになっており、電車の中などでもiPhoneやKindleをいじったりもせず、目をつぶってじっと音楽に聞き入るということが増えました(なので乗り過ごしも増えました(苦笑))

Walkmanとともに、ソニーのハイレゾイヤホンXBA-H3を購入したので、イヤホンはしばらく打ち止めのつもりだったのですが、評価の高い記事などを目にしていて、どうしても物欲を抑制できることができず、ゼンハイザーのIE800も購入してしまいました。
Walkmanから出てくる音がいいおかげで、よりよいヘッドホンへの探究心?がどんどん高まっていると思います。


IE800


IE800購入の決め手となった点は2つあります。

1.5~46,500Hz(-10dB)という広い周波数特性が、たった1基の小さなダイナミックユニットで本当に鳴るのか、という純粋な興味
2.XBA-H3に対する不満点

1.に関しては実際聞き込んでみましたが、確かに鳴りましたね、みごとに。
普通の音源とハイレゾ音源の比較などもしましたが、明確に音質・情報量が異なります。広い周波数特性はちゃんとカバーしているようです。また、24ビットによる空間性も見事に差を出して再生しています。
低域に関しても非常に量感があり、7mmという小さな口径から出ている音とは思えません(XBA-H3のは16mmあります)。

エージングは200H程度行いましたが、中高域に関しては初見時からあまり印象は変わりませんでした。逆に低音は結構変化があったと感じました。最初はあまり出ていないという感じでしたが、そのうち大量に出るようになりました。ちょっと出過ぎで中高域に対して邪魔だなと思う時期もあったのですが、ここにきて安定してきて、バランスが非常によくなったと思います。

全体の印象はウォームな感じで、とくに弦楽器系は非常に心地よいです。また音場がとても広く、感覚的に耳の幅の1.5倍くらいの広さを感じます。


2.について。H3についての不満は音質に関してではありません(音質は非常に満足しています。低音の「音色」に関してはどちらかというとIE800よりはH3の方が好みです。艶感がH3の方が高いと思います)

不満なのは、耳かけと遮音性です。

H3は本体がとても大きいので耳かけが前提になっています。テクノラートというそれなりに扱いやすい素材が使われていて気は配られていますが、やはり個人的には好きではありません。私がメガネをかけていることも要因だと思いますが、メガネのツルとイヤホンの耳かけが干渉してとても気になります。その点、小さなユニットを耳に挿すだけのIE800は装着にストレスが全くありません。

遮音性に関しては、H3のイヤピースを大きめのものにしてみたりComplyにしてみたりいろいろ努力はしたのですが、遮音性の低さは解消できませんでした。
ビット数の高いハイレゾ音源は「音の消え際の微小音」が聞き所の一つなのですが、遮音性が低いとノイズにかき消されてしまい、ここを楽しむことができません。
IE800がそんなに遮音性が高いということでもなくインイヤーとしては普通レベルかもしれませんが、少なくともH3と比較すると雲泥の差があります。

■■■

IE800は6万円を超える高価な商品にも関わらずリケーブル不可なので断線には非常に気を配らないといけないですし、ジャック側のケーブルは交換できるものの12600円!もしますし、交換用イヤピースも1ペアで3780円もします。
いろいろと心配しないといけないことも多いのですが、ZX1ともども丁寧に扱っていこうと思います。

ZX1 + メインIE800、サブH3という構成はかなり贅沢ですが、それ以上の感動を得られているので非常に満足しています。


Index of all entries

Home > 2014年02月

カレンダー
« 2014 02 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。