Home > 2013年02月

2013年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Apple In-Ear Headphones

In-Ear Headphones

Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic (ME186FE/A Apple Storeのリンク)

新しくなったApple In-Ear Headphonesを買いました。同じイヤホンを二回買うことはあまりないのですが、Appleのこの製品は初代の時も買っており、今回は2つめです。

ヘッドホン・イヤホンについては他にもいろいろ使っているんですが、このAppleのIn-Earはなにかしっくり来るので気に入っています。

BAの音としては精細感はまあ普通でしょう。正直にいうと若干物足りないものがあります。
ですが、使い勝手の面で非常に使いやすいので、思わず朝出かける前に手に取ることが多いのです。

・耳への収まり
イヤホンのハウジングの形状が絶妙で、耳に差し込みやすいです。またこのイヤホンのイヤーピースのSが私にはぴったりなのです。また取り外すときもスッと外すことができます。
装着感のおかげもあるのかもしれませんが、遮音性・音漏れも言うことなしです。結構大音量で鳴らしても周りに迷惑をかけることがないので安心して使えます。

・ケーブル
絡みにくいと思います。
また絶妙な長さ(短さ)だと思います。私が持っている他社のものより10cm程度短いですかね。この短さのおかげで服のポケットなどから出してもいい感じで邪魔になりません。

・リモコン
ブラインドで操作するものですが、一番手が覚えやすい形状だと思います。
今回Ear Podsのものと同じになりましたが、これがまた進化ですね。より平たくなって手になじむ形状になりました。プチッと押しつぶすがさらにやりやすくなりました。

■■■

イヤホン・ヘッドホンのレビューで音の評価を全くしないレビューも珍しいですかね(苦笑)
でも、私のこのヘッドホンに感じている「なんかいい感じ」というのは、すべてこれらの使い勝手のよさからくるものです。

ヘッドホンは体に装着する商品ですから、こういうのも結構重要なのではないかと思います。

■■■

今はまだ寒いですから、朝晩の通勤・帰宅時はイヤーマッフルも兼ねてB&W P5を付けています。一方、室内で気軽に使いたい時は、Appleのこれ、という感じが今の使い分けです。


スポンサーサイト

CAPUTO レザー kindle カバー paperwhite

CAPUTO レザー kindle カバー paperwhite

CAPUTO レザー kindle カバー paperwhite

昨年の11月19日(量販店の販売は翌日の20日)の発売だったKindle Paperwhite。私もAmazonで予約をしていましたが出遅れたため到着が年内ギリギリという状況でした。
純正のレザーカバーも申し込んでいたのですが、それだけ19日に到着し、なんだかな、という気持ちでした。
ケースだけで1ヶ月以上待たされるというのはとても悔しかったので(苦笑)、20日に本体を求めビッグカメラに朝一で行き無事Getできました。それ以来愛用しています。

やはり紙の本よりも軽いですし、片手で読めるのもいい。照明も内蔵されたので周りの暗いところでもしっかり読める。。。でもなんと言っても軽さが私には魅力でした。

■■■

しかし、軽いとは言ってもそれは本体(213g)の話。専用ケース(159g)を付けると倍近い重さになります。

確かに専用ケースは非常にカチッとしていますし、フタを開けると電源が自動で入って便利ではありますが、やはり本体の軽さをスポイルしてしまうようでは本質的ではありません。

毎日しっかり持ち運んでつかっているからこそ、やはり軽い最低限の重さのケースが欲しくて、ついにこのケースを購入しました。
この本革のケース。実測では33gでした。これこそ、軽いKindle Paperwhiteにふさわしい重量だと思います。

■■■

最低限ということで、私はフタなしバージョンにしました。鞄に入れておく際に画面部分だけを保護してくれれば十分だったからです。

2,000円もしなかったので、本革とはいえ「それなり感」を予想していたのですが、なんとなんとしっかりした本物の革でちゃんと革のにおいもします。同封されていたリーフレットには時々は革のクリームでメンテを、なんてかいてありました。革への愛情が感じられるしっかりしたお店だと思いました。

■■■

本当に軽くなったのでしばらくはこれで行こうと思いますが、理想はiPadのSmart Coverのようなカバーが欲しいです。画面側だけにフタがあり、マグネットで本体の電源コントロールも出来るもの。そういうものが出たら浮気してしまうかもしれません。

Index of all entries

Home > 2013年02月

カレンダー
« 2013 02 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。