Home > 2012年10月

2012年10月 Archive

iPod touch 5G 雑感(音質なども)

iPod touch 5G

新しいiPod touch 5Gと過ごして1週間経ちました。一言で感想を言うと「非常に満足」です。

操作感については、こちらなどの情報によるとiPhone 4S並ということでしたが、体感的にはそれよりも動きがサクサクで、ヌルヌル感もあります。入れているアプリの数とかが少ないからでしょうか。(データはもう64GBパンパンにしているんですが)

iPhone 4Sと比べて不自由に感じているのは、電池残量の%表示がないこと(これはiPod touchの伝統!?でしょうか)と環境光センサー非搭載による明るさ自動調整がないこと(これは今回のiPod touchかららしいですね、、)です。
環境光センサー非搭載については「iPod touchが薄すぎるから」なんて憶測もありますが、省エネのための大事な機能だと思っていたので残念です。

■■■

音質については非常にいい意味で期待を裏切ってくれました。iPhone 4Sと比べると一目(聴?)瞭然の感があります。一番差を感じたのが「精細感」と「S/N感」でした。

最近私は気張らずに割と安価なシングルBAのイヤホンを使っています。
一番ヘビロテなのは、上の写真にあるEtymotic Research HF3と、ソニーのXBA-1IPです。前者は主に通勤用、後者はジム用と使い分けていました。

今回のiPod touchの「精細感」は、微細な表現に強いBAのイヤホンだと非常に恩恵を感じると思います。ディテールの描写が鮮やかで拡がりも感じます。またS/Nも良いため、空間に浮かぶ微少音もちゃんと聞こえてきます。

新しい録音の曲ももちろんいいのですが、古い録音の曲がVividに再生されるのを聴くと、思わず笑みがこぼれてくるほどでした。私の場合、Larry Carltonの「Room 335」とか「Strikes Twice」などが特に印象に残りました。
再生プレーヤーを変えることで昔の曲の再発見できるというのは非常にうれしいことです。

これまではERのイヤホンとSonyのイヤホンを使い分けていると書きましたが、今回のiPod touchの再生音とのマッチングをみてみて、今はSonyのイヤホンだけで聴いています。

ERは中高域の再現性が特徴的ですが、iPod touchとの相性では高音があまりにも耳に刺さるようになり合わないと判断しました。中高域のあまり伸びないiPhone 4Sとはいい補完関係だったのですが、iPod touchとは合いません。

一方Sonyの方はiPod touchの良さを非常によく再現してくれています。高音は刺さることなく伸びやかでS/N感もよく、かつこれまでiPhone 4Sでは殆ど感じられなかった低域の再現まで感じられるようになり(さすがに重低音がズンズンくることはないですが、私にはほどよい)非常にいい組み合わせだと思います。

■■■

付属のEarPodsももちろん試しました。宣伝文句の通り「まるで装着していないような」不思議な装着感でしたが、iPod touchのポテンシャルを活かしきった音とは思えませんでした。なにより音漏れが結構あるので、使うにしても利用シーンはかなり限られたものになるなあ、と思い、今はケースに戻しています。外をジョギングするときなどにはいいかもしれません。


(追記)
Lightning - USBケーブルをオンラインのApple Storeに注文してました。2週間くらい待たされるのを覚悟していたのですが、5日で到着しました(10月13日注文 → 18日発送)。充電のため予備ケーブルは必要ですよね。
スポンサーサイト

iPod touch 買いました

iPod touch 5G

iPod touch 買いました。 Product(RED)の64GBです。
ブラック(スレート)と迷いましたが、やはりマイブームのProduct(RED)で(単に広島カープファンだから赤が好き、というのもあります(^_^))。
まだiPhone5を買っていないのですが、もしiPhone5を買うときに改めて白か黒か悩むと思うので、そのときに黒が欲しくなってもiPod touchと被らなくて済みますし。

在庫状況をTwitterなどで見ていると、同じApple Storeでも銀座より渋谷の方がありそうな感じ(あくまで「感じ」です)だったので、久々に渋谷の方に行きました。
会計を済ましながら店員さんに聞いたところ、「黒と赤がよく出てますねー」とのことでした。(実際私と同じタイミングでちょっと離れたところで買っていた人もProduct(RED)でした。まあ、この色だけはここにしかないので当然かもしれませんが)

■■■

今回とりあえず決断したのが、基本的に常時接続が必要なものとそうでないものをiPhoneとiPod touchで分けようということです。
音楽(これがほとんど)、Podcast、iTunes U、ビデオ、電子書籍、辞書系、Mapfanなどローカルで使える地図系、などをゴッソリiPod touchに移動させ、iPhoneを身軽にしようということです。

これまでiPhoneについてはいつも買い換えるたびに最大容量のものを買っていて、「実質0円」の16GBよりも2万円高い差額を払ってきたわけですが、このように役割を分担させれば、買い換えるiPhoneは16GBでも十分、ということになります。
今回のiPhone5よりテザリングもできるようになったので、いざと言うときでも、iPod touchをiPhone経由で外でもネットにつなげることも可能になる、というのもあります(まあ実際そんなにはないと思うのですが)

これが今回「64GBのiPod touchを購入した」私なりの理屈です。

さらにもう一つ決意したのが、このモデルは完全裸族で行こうということ。これまでiPod、iPhoneともすべてなにがしかのカバーを付けてきましたが、今回初の挑戦です。
このiPod touchは本当に薄く感じます。その薄さを毎日手のひらで感じていようと思います。
味わいのあるキズ付き具合になったら、また写真をアップします。

■■■

この記事を書いている現在、まだデータ転送中です。(写真を撮るために1アルバムだけ転送しましたが、現在大量データの転送中です)
なので、使ってみた感想をまだ書ける状態ではありません。それについてはまた別途。
(LightningケーブルとMacBook Pro RetinaのUSB3.0を繋いで転送しているわけですが、転送スピードが速いというような感じは見受けられません。ちょっと期待していただけに残念、、)


Index of all entries

Home > 2012年10月

カレンダー
« 2012 10 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top