Home > 2012年03月

2012年03月 Archive

iPadの居場所 - Third Place

Wi300

新iPadを購入して、いろいろ考えていたことの一つが、その「居場所」です。
もちろん家の中でも、デスクに座っているとき以外は大体一緒にいるのですが、外での居場所です。「Third Place」というような感じのものです(苦笑)

今回引っ越した先から会社の間で、落ち着けそうなところをいろいろ探したのですが、あるチェーン店の珈琲ショップしかないなという結論になりました。
で、そこのショップで使える公衆無線LANを探してみると、出てきたのが上の「Wi2(ワイヤ・アンド・ワイヤレス)」でした。

正直、私はHOT SPOTとかBBモバイルポイントとかくらいしか知らなくて、Wi2というのは全く知らなかったのですが、Wikipediaを調べてみると、なにやら紆余曲折を経て、現在はKDDIと資本業務提携をしているとのこと。

■■■

まあいつかは申し込もうと思い、しばらくは放っておいたのですが、木曜日に衝動買いしたauのiPhone 4Sのセットアップも終わり、この週末にゆっくりとau系のサイトを眺めていると、au Wi-Fi Spotの情報に行き当たりました(本当に衝動買いでMNPしたので、auの情報は本当に知らなかったのです、、)

そのとき、先ほどのWi2がKDDIと資本業務提携していたというのを思い出し、「もしや」と思って読み込むと、ラッキーにもau Wi-Fi Spotのローミング先の一つにWi2がありました♪
しかも、契約しているau iPhone 4S以外にももう一台の機器(もちろんiPad含む)でも接続可能、とあり、まさに願ったりかなったりで、こんな理想的な展開でいいのか?と思えるほどでした。

iPhoneの方も、私の活動範囲内ではソフトバンクとauでは明らかに接続品質に差がありますし(もちろんauの方がはるかにいい)、iPadも、使おうと思っていたところでちょうどauの公衆無線LANが使えるなんて、さすが「つながる自由」だな、と(^_^)

■■■

Wi2 300はその名の通りベストエフォート300Mbpsを謳っていますが、実際私が使った限りでは、まあ普通の「数Mbps」レベルでした。まあそれでも十分なんですけどね。

あまり欲をかいてもしょうがないですが、見た感じau Wi-Fi SpotもWi2も今のところアクセスポイントはちょっとメジャーではないところが多いようです。ローミングでもなんでもいいので、もっとメジャーな場所でも使えるようになるとありがたいですね。

スポンサーサイト

iPhone 4SをMNPでGetしました

iPhone4S

iPhone 4SをついにGetしました。

刺激になったのは、Jackさんのこの記事。

au版iPhone 4Sを一括ゼロ円でゲット (MNP)

正直、こんなことがあっていいのか、と思いました。実質0円ではなくて一括0円(16GBの場合)ですから。。
iPhone 4からなんとか我慢して4Sはやり過ごそうという気分だったのですが、そういう思いも一気に吹っ飛び、早速ビックカメラへ。

この記事を書いている現在、iPhone 4Sはまだ同期中ですし、今更レビューもないと思うので、詳細は割愛しますが、この前の週末に新iPadとか新Apple TVが着いたばかりというのに、今日またiPhone 4SをGetということで、もはや「言葉にもならない」くらいです。

■■■

一番上の写真は、最近手に入れた「白いモノ」の記念写真です。

・新iPad
Leather Sleeve Case for iPad
・iPhone 4S (貯まっていたビックのポイントが使えたので、今回は64GB)
デュポン S.T.Dupont ターボ ライター ミニジェット 10030 ホワイト
LAMY ピコ ホワイト ボールペン L288WT

新iPadのRetina、いい点と悪い(? )点

iPadその他

発売日にちゃんと新iPadが到着し、また昨日新Apple TVも到着し、この週末は至福の時を過ごしています(^_^)

私の場合、iPadは、初代を購入したあとiPad2は見送りでした。なので、iPad2で体験できたであろうサクサク感と今回の新iPadのRetinaの両方を一度に体験しており、その「進化」を激しく感じています。

Retinaに関しては、いいこともあれば悪いこともありました。

いい点は、もちろん写真や1080pの高解像度のトレーラーなどをみて、まさに「息をのむ感じ」を体験できていることと、あと実用的な面として、Webなどを見ているときに小さい文字もちゃんと見られるので、あまりピンチをする必要がなくなり手間が減って便利、ということがあります。情報収集端末として捉えると、後者の利点は大きいと思います(私の老眼がどこまで耐えられるか、という話はありますが、、)

悪いことは、この新iPadをしばらくいじったあとMacBook Airの画面を見ると、これまでは意識しなかったMacBook Airの画素の粗さが急に見えてきたことです(苦笑)
「ところでこのMacBook Air(13インチ)のppiはいくつだったっけ?」と思い調べてみたら下記のような結果でした。

解像度一覧
List of displays by pixel density ーWikipedia より

MacBook Air(13インチ)は128ppi、、、そりゃ違いがわかるはずだ。。こうやって「よりよいモノ」を体験していくとそれまでのものが悪くなって気になり始めるんですね(苦笑)
次に発売されるMacBook Air(もしくはMacBook Pro)は、このあたりも気にしないといけないかな、、と思います。
(蛇足ですが、iPod nanoは結構ppiが高いんですね。持っていないので分からないんですが。)


今回のiPadのアップデートは高解像度化を中心としたもので、体験(できること)的にはそんなに前のiPadとは変わらないかもしれません。ただ、Appleのいう「コンテンツとユーザーの距離をさらに縮める」という意味は十分理解できるものであり、知らず知らずのうちにコンテンツに没入しているという状態になっている、というのは良く感じることが出来ます。iPhone4でもそうでしたけど、こういうのってジワジワと来るんでしょうね。

■■■

初代iPadはI-O DATAのiPhone/iPad/iPod touch対応 Dockコネクター型ワンセグチューナー GV-SC510/Dを追加購入し、主にキッチンTVとして余生を過ごすことになりました。
災害とかで停電になった時にも使える、ということを考え、ドックコネクタ直挿し型にしました。


「3月16日」に向けて着々と(^_^)

Smart Cover

来週の金曜に向けて着々と荷物が届き始めました。

■Smart Cover(革のProduct Red)

私は初代iPadからずっと我慢してiPad2をやり過ごし、今回の発表を待っていました。Retinaでありさえすればもうノータイムで行くつもりでしたので、悩むことはありませんでした。
"息をのむような高精細画質"は実物がついてからのお楽しみなのですが、実は、他人のiPad2を横目に眺めているときに一番羨ましかったのがSmart Coverでした。やはりこれはいい発明だったと常々思っていました。
というわけで、今回は頑張って革製に。

■HDMIケーブル

ご想像の通りですが、Apple TVも注文しました。早朝に起きて新iPadを注文したので寝ぼけていたのかもしれないですが、iPadを選び終え、アクセサリの選択画面の一覧の中に確かApple TVもあり、Dockとかと一緒に勢いでポチってしまった感もあります。
これまではMacやiPhoneなどから音楽だけをAirTunesでステレオに飛ばしていましたが、やはりそろそろ映像をテレビに飛ばすこともやるだろうな、ということで。
これによって、Appleの勧めるエコシステムの商品群が私も一通りそろうことになります。

まあ、どっぷり浸かってみましょ(^_^)

来週の今頃が楽しみです。

吸い寄せられるのはいつも"Mikame"

Tonysame

TonySame(トニー・セイム)

本当に全くの偶然だったのですが、数週間前にたまたま町中を歩いていて、ふとメガネドラッグの前を通るとなにやら格好良くて機能的なメガネの紹介をショーウインドウでされていて、吸い込まれるように店内に入り、そのまま衝動買いしてしまいました。

店内に入って説明を聞いていて分かったのですが、どうもこれ今のところ「メガネドラッグ専売」らしく。

http://www.meganedrug.com/info/info_tonysame.html#tony

説明文にもあるように、私が試着して最初に感じたのも、フィット感の良さと軽さでした。
実際はそんなに軽くないようなんですが、顔の前後の重量バランスが絶妙なおかげで非常に軽く感じました。
フィット感に関しては「アジア人の顔」に合わせて作られているということでまさに文句なし。

■■■

驚きだったのは、このメガネ、あの三瓶哲夫さんが絡んでいたということ。

香港のメガネブランド・TonySameは、そのデザインを"共感"し、伝達するために様々な背景を持つ東洋のグループによって設立されました。
このブランドは、お客様へ更なるラグジュアリーライフスタイルと商品の実用性について関心を持たせることを目的としており、TonySameは、ファッション愛好家、専門家やエレガントなユーザーのための新たなスタイルを開発しました。アジアの有名な眼鏡デザイナー三瓶哲夫氏、そして芸術界で名高いチャイナ・セントラル・アカデミー・オブ・ファイン・アート(CAFA)率いるデザインチームからのその革新的なブランドイメージ、それらがTonySameとの初めてビジネスコラボレーションすることで合意し、ビジュアル要素をより多くの製品に注入して、3つの力が情熱を注ぎこんだTonySameは、東から誇りをもって輝きます。


私は、前の前は「999.9」のメガネを愛用していました。これは三瓶さん創業の会社です。

その次に購入したのはドイツブランドのic! Berlin。ドイツの会社なのですが、ラインアップの中で私がたまたま選んだモデルがmikame5(みかめファイブ)。(→そのときのブログ記事)三瓶さんがデザインしたic! Berlinとのコラボモデルでした。

そして今回がこのTonySame。もうここまで来ると「縁」みたいなものを感じずにはいられません。。偶然にしては凄すぎる気がします。

■■■

私が買ったカラーは赤。といってもフレームの天面だけが赤なので正面からみると普通の黒いメガネにしかみえません。時々さりげなく赤が見える、という感じでしょうか。

Tonysame

ケースもなかなかおしゃれでしたよ。

Tonysame

Index of all entries

Home > 2012年03月

カレンダー
« 2012 03 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top