Home > 2011年06月25日

2011年06月25日 Archive

「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」 発売開始

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則

6月30日発売予定だった本ですが、すでに発売になっています。Amazonにも「在庫あり」ステータスになっていたので早速オーダーしました。

■■■

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る

昨年発売されて大きな話題になった「驚異のプレゼン」と同じ著者(カーマイン・ガロ)、同じ訳者(井口さん)、同じ出版社(日経BP社)ということで、「驚異の」シリーズ第二作というところでしょうか(2冊セットにした「驚異セット」なるものも売られていますし(笑))

もちろんジョブズのプレゼンのうまさだけを学べてもそれだけではダメで、「何を話せるか」というのがより大事なのは言うまでもありません。そういう意味でこの第二作からもいろいろと学ばせてもらおうと思います。

「こんなとき、ジョブズならどうするか?」

一歩でも半歩でもジョブズに近づけるようになりたいですね。

■■■

この本の翻訳者の井口耕二さんのブログ記事もリンクしておきます。

『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』 -Buckeye the Translator

記事内に「訳者あとがき」も書かれています。その中の一節。

本書に組織論はでてこない。創造性を引きだす仕組みの話もでてこない。そのかわり、くり返し登場するのが「情熱」だ。イノベーションを生みだすのは組織でも仕組みでもなく、ましてやテクニックでもなく、情熱を持った個人だというのだ。


、、そうなんですよね。情熱こそがなにか新しいものを生み出すわけで、そして、その生み出した新しいものを他の人にプレゼンして伝えきるということは、すなわち自分の情熱を伝えきるということ。
ジョブズのプレゼンを見ている私たちに彼が伝えたいのはまさしく彼の「情熱」そのものなんですよね。

スポンサーサイト



Index of all entries

Home > 2011年06月25日

カレンダー
« 2011 06 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top