Home > 2011年03月

2011年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

電子書籍2冊

イチロー

電子書籍版 イチローインタヴューズ (公式)

普通の電子書籍とは違って「ならでは」の要素が満載の様です。



・文中のインタービューに登場する打席のシーンが、文字だけでなく、動画やその時の球場データなどと一緒に再生される
・各章読了ごとにスタンプがたまっていき、スタンプ機能で特別映像がみれるようになる
・感想をツイートする際に物語ごとに用意されたハッシュタグを自動でつぶやく
・専用Twitterアカウント(@51interviews)でイチローに直接質問できる

事前に見たイチロー本人も、
> 文章と動画、データがぎっしりと詰まったこの電子書籍版をひと足早く目にしたイチロー選手は「僕の予想をちょっと超えてますね」と驚きの声をあげたという。
とのことです。

しかけられたネタそれぞれは、正直どれも新しさという意味ではすごさは感じないのですが、とはいえ、その手間ひまのかけかたはちょっと普通ではないな、と感心しています。

発売は4月1日、App Storeにて。価格は1500円で書籍の1000円よりは高価ですが、付加価値の面からみると十分ではないかな、と思います。

電子書籍そのものは少しずつ発行されるようになりましたが、この書籍のように「電子書籍ならでは」を追求したものはそんなにお目にかかりません。こういう取り組みは応援していきたいと思います。

(私個人的にはカープファンなので、「前田の美学」 みたいな本でこのイチローの本のような電子書籍がでないかなあ、と思います)

■■■

ストーリー

電子書籍版 ストーリーとしての競争戦略 (Voyager Store)

こちらは本日オープンしたVoyager Store内の「東洋経済新報社ストア」にて発売が開始された本のうちの1冊です。イチローの本とは違い、こちらは普通の電子書籍です。4月7日までの限定価格で1500円です。


私はこの本は紙の本で読みました。ここ最近読んだ本の中では、個人的にはかなりのヒットでした。
分厚い本にも関わらず3回は読み直しましたし、付箋・マーカーで本はぐちゃぐちゃという感じです。

ふせん

もちろん蔵書になっているわけですが、こうした状況で電子書籍が発売されたことをどう受け取るべきか少々悩んでいます。
蔵書にする程の本なので電子書籍も購入して「永久に手元に置いておける」ことを喜ばしく思うか、せっかく紙の本をココまで追い込んで愛着も湧いているので紙の本のまま大事にするか、、ちょっと考えどころです(苦笑)

紙の本の発売と同時に出ていれば悩むこともなかったんですけどね。。

とにかく、この本はオススメです。

ちなみに紙の本は、
ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

スポンサーサイト

一番の驚きはJobsの登壇でした。うれしくて、うれしくて。

iPad Smart Cover

昨日の基調講演を、夜にPodcastでじっくりとみました。

One More Thingはなかったですけれど、私にとっては、一番最初からJobsが「いつも通り」登壇してきたことが、One More Thing以上の驚きであり、喜びでもありました。

さらに少し痩せているようにも見えましたが(ベルトの穴の一番奥にバックルを通し、余ったベルトは折ってたたんでいたのかな)、それでもプレゼンの声とジェスチャーの迫力はいつも通りでしたね。

最初の方だけ登壇して、あとは引っ込んでしまうのかとも思ったのですが、ついに最後の最後に「Thank You」をいうまで結局ずっと壇上にいましたね。

いつも見ている基調講演は、新商品の魅力で心が動かされるのが普通でしたが、今回はそれだけではなく、Jobsの「元気そうにしている」姿をずっと見られた、ということになんか別に込み上げてくるものがありました。。(泣)

■■■

速く、薄く、軽く。そういうハードウェアの進化だけで終わらせず、iMovieやGaragebandという超弩級のアプリもちゃんと持ってくるところ。iPhone 4の時もそうでしたが(iMovie for iPhone)こういう「ハードとソフトの垂直統合」の強みをさんざん見せつける演出は、もうすでに堂に入ったものでした。
(しかし、Jobsも言っていましたが、こういう超弩級のアプリをそれぞれ$5で提供するなんて、ホントサードパーティーには高い、高いハードルになることでしょう、。)

私は以前から注目していたのですが、Scott Forstall(SVP iOS Software)のプレゼンはなかなかいいと思います。
目をじっとステージに向けてしっかりと話す話しぶり、Jobs譲りの間の取り方のうまさ、そして今回はデモも自身で行っていましたが、時々ジョークをかませながら楽しそうにしかも確実にやっている様。
会社の中での上下関係とかは知りませんが、プレゼンだけなら、かなりJobsの後継にもなれるのではないかと思っています。

■■■

商品で私が一番印象を受けたのは、Smart Coverでした。”たかが”アクセサリーですが、Appleはそのためだけのビデオもつくっていましたよね。それだけこれは「ナイスアイデア」だったと内部でも思っていたんでしょう。私もこれには感動しました。

アプリに関しては上述の通り、超弩級のアプリでサードパーティーには高いハードルが設定されましたが、ケース周りのサードパーティーにも、このSmart Coverで高いハードルが設定されたことになると思います。

このエコシステムに参加している全員のさらなる奮起が期待されるところだと思います。


「2011年はiPad 2の年である」この自信は本物のようですね。


次のイベントがいつあるか私は情報はないですが、Jobsはもっとしっかり静養して(でもディシジョンには口をしっかり出して(笑))次に会えるときにはもっと元気になっていて欲しいと切に願います。




Index of all entries

Home > 2011年03月

カレンダー
« 2011 03 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。