Home > 2011年02月

2011年02月 Archive

新Macbook Proを見た。そして、、、

Macbook Air

新しいMacbook Proの実物を聖地銀座のApple Storeで見ました。結構人は多かったですね。私も15インチのモデルをいじってみました。

事前の情報では、ベンチが10000を超えて激速だなどのワクワクする情報や、Macbook ProだけはiPhoneでテザリングが出来るのではという怪情報(のちに誤報と判明。まあ誤報というか「国によってはやっていません」といういつものパターンでしたが)があったりと、いろいろなことを聞いていました。

実際に触ってみて感じたことは、
・確かにアプリを起動させたときの動作はかなり機敏
・ただ、アプリの立ち上げとかは従来通りアイコンが何回もバウンドする
という感じで、やはりHDDが関わる動作は従来通りだな、という印象でした。OSまわりがかなり速くなっているので、その分、HDDが絡む動作の遅さがより気になる、という感じでした。落差が激しい、というか。

■■■

昨日のブログで新しいMacbook Proについて「拍子抜け」だったという感じのことを書いたのですが、実は密かに、新しいMacbook Proについては、期待通りの商品なら購入しようとかなり前のめりだったのです。買い替えをかなり意識していました。
そして、もし満足できなければMacbook Airに行こう、とも決めていました。

その最終決断、というか見極めのために、Apple Storeに行ったというわけです。



結果、私はMacbook Airを選びました。やはりわたしにはAirの方が快適だったのです。すべてのアプリがほぼワンバウンドで立ち上がり、スリープからの復帰や再起動など、普段から多くやっていることの処理が速いほうが私にとってはクリティカルなのでした。

結局、私にとって今回の新Macbook Proの発表によってAir購入への背中が押されたという、なんとも皮肉な結果になりました。

■■■

ProがだめだったらAirへ、という意識と同時に、私はもしAirにするにしても「サブ機」ではなく「メイン機」にしようという思いもありました。

昨年Airが発売になったとき、サスケさんのブログ記事を読ませてもらって、なんかかっこいいなとずっと思っていました。もしAirを買うことがあるならば、是非私もそうしたいという思いを暖めていました。
自分のすべてのデータを一枚のAirに入れられて、しかもいつでも手軽に持ち運ぶことができたら、なんてすばらしいことだろう、と。

現在はEarly2008のMacbook Proですが、HDDの使用容量が200GBを超えたあたり(HDDそのものは250GB)であることと、MacbookからステップアップしてMacbook Proにしたものの大して込み入った使い方はしていないという実績(苦笑)もあったので、なんとかなるだろうということでAirに踏み切りました。

というわけで購入したのは、13インチ Macbook Air 256GBの標準構成の英語キーボードモデルです。

■■■

Airについていろいろ書きたいのですが、Macbook ProのTime Capsuleバックアップからのデータ移行が全然進まなくて、まだAirをまともに使える状況にはありません、、、


(よくよく考えれば当たり前なのですが)今のところ一番感動したのは、これまで再起動やスリープからの復帰をしたときに必ず耳にしていたDisc Driveの動く音(「イッイーウーイウ」と鳴る音)がしないことです(^_^)


Macbook Proについては、また次回、メジャーアップデートがあるのをじっくり待ってみようと思います(意外と早かったりしたら、それはそれで困りますが(苦笑))

スポンサーサイト

正直ちょっと拍子抜けの新MacBook Pro

MacBook Pro
(画像はAppleより拝借)

新しいMacBook Pro -Apple.jp

噂通り、新しいMacBook Proが発売されました。3月2日(現地時間)にはiPadの発表会があるようですが、今回のMacBook Proに関してはサイレントアップデートでした。

新フィーチャー

細かくはいろいろあるのでしょうが、主な新機能としてあげられているのは上記4つ。基本的に多くは「他社ネタ」のグレードアップが多いマイナーアップデートですね。

■■■

新素材(Liquid Metal?)、とか、OSブート用のSSDとデータ用のHDDのハイブリッド構成、とか、いろいろ噂レベルでは楽しめる内容はあったのですが、今回は軒並みそれらの搭載はありませんでしたので、ちょっと拍子抜けです。

昨年のMacBook Airが出たとき「マックのノートブックを次の次元へ」と謳っていたので、今後のマックのノートはみんなこのMacBook Airのような感じになるもんだ、と信じていたのですが、オンボードSSDの採用(たとえ部分的にでも)もなく、またドライブレスにもなっていなくて、全然「次世代感」がないなあ、というのが正直なところです。
私が期待しすぎたのかもしれませんが、MacBook Airのような新MacBook Proを期待させたのは、半分はAppleの責任です(苦笑)

想像ですが、MacBook Airはとにかくマザーボードを小さくするための開発に時間を要するためCPUは一世代前のものを使わざるを得ず(MacBook AirはCore 2 Duoですし)、Intelの新チップをいきなり搭載するようなモデルではいきなりAirは作れないのかな、と感じました。

多分すぐに店頭に並ぶと思われるので一応触ってみようとは思いますが、AllフラッシュストレージにしたMacBook Airを触ったときのような感動の大きさまでは感じられないのではないかと思います。。


やはり、改めて、MacBook Airってある意味「先端の孤高のモデル」なんだなあ、と再認識しました。


(この話には「続き」があります、、、)

Facebook Phoneこそ電話の正統進化

Facebook Phone

Facebook、年内にオリジナルケータイを10機種以上は投入と明言! GIZMODO

■■■

3つ

・Wide Screen iPod with touch controls
・Revolutionary Mobile Phone
・Breakthrough Internet Communicator

Appleは最初にiPhoneを発表した2007年、この3つを一つのハードウェアで実現するという「電話の再発明」を行いました。

ただ個人的な感想としては、

ー「あの「歴史の一つを飾ったiPodという商品を(iPhoneの中では)一つの『アイコン』にした、のはすごい英断であったと感じた。まだまだ大きく売れていたハードとしてのiPodを新製品では1アイコンにしてしまうなんてすごい。

ー インターネットを携帯の世界に持ち込んでくれた(特に日本よりアメリカのユーザーはそれを大きく感じたはず)のはすごい。

というのはありましたが、真ん中の「Phone」の部分についてはそんなに驚くような’再発明’はあまりなかったかな、と感じています。
FaceTimeが最近の話題ではありましたが、それもSkypeの取り組みの前には多少かすんでしまっていると思います。


結局、AppleのiPhoneは「電話機」というハードを再定義・再発明はしたとは思いますが、電話をする、会話をするというコミュニケーションという体験という意味の「Making Call」の再発明にまではなっていなかったのではないかと思います。

■■■

最初に挙げた「Facebook Phone」ですが、これこそは「Making Call」の再発明なのではないかと思います。ある意味、これこそが「電話機の正統進化」とも言えるのではないでしょうか。

本来あまり色をつけにくいプラットフォーム機器(iOS機器、Android機器など)の中にあって、Facebook Phoneは同じプラットフォーム機器ではありながら、”コミュニケーション”に色を付けて商品を徹底的に謳うことのできる商品になりますね。

Facebookはまだそんなに熱心にやっていない私ですが(苦笑)、なんかそんな気がします。

もっと勉強しよう。。。

SHOT NOTEが拓く可能性

SHOT NOTE

Amazonを見ていても、軒並み「通常1~2か月以内に発送」というステータスか、もしくは「在庫あり」の場合でも定価よりはるかに高い価格で売っているものしかなかったり、という状態のSHOT NOTEですが、やっと私も手に入れました。
幸運にも、あるときたまたま覗いたら定価でちゃんと売っているのをAmazonで見つけ購入できたのです。

KING JIM ショットノート(公式サイト)

■■■

すでに多くのブログで商品の内容、その良さについてはたくさん書かれているので、私は割愛します。

SHOT NOTE: 書いたメモがアプリに素早く取り込める。evernote にも瞬送!これはクセになる!無料551 -AppBank

iPhone & Papar Hacks - SHOT NOTE を自作してみた -404 Blog Not Found

私は、専用ケース付きのSサイズを購入しました(というか、これしか選択肢がなかった)ので、せっかくなのでその専用ケースのプチレビューを。

○ フタの部分には多分薄い金属板が仕込まれているようで頑丈。またそれを活用して下の留め具はマグネット式です。ボタン式ではないので開けたり閉じたりが非常にやりやすくストレスがありません。

× ケース右にペンホルダーが付いているのですが、これがゴムバンドで柔らかすぎ。ペンのクリップをホルダーに噛ませて装着しようとしても、固めのクリップだと噛ませにくいです。

■■■

多くの方も絶賛されていますが、このSHOT NOTE、ちょっとしたアイデアながらその効用は絶大だと思います。
(「ちょっとした」というのは開発された方にはいささか失礼な言い方かもしれませんが、技術的にすごいことをしているわけではないのにその効用は比較にならないくらいに大きい、という誉め言葉です。)


ノートやメモ帳は純然たる「アナログ」商品です。なので、基本的には「紙質がいい」とか「ペンの走りがいい」とか「切り取りのミシン目が精巧に出来ていて切り取るのが気持ちいい」とかという、アナログならではの付加価値を訴求していくのが普通です。
そこに、デジタルプラットフォーム(今はiOS、そのうちAndroidも出るそうですが)を最大限に活用することで、見事に付加価値のジャンプアップをさせたこの発想は「お見事!」の一言です。


他のアナログ商品、またはデジタルだけれどもネットとの親和性のない商品の中にも、このSHOT NOTEのようなアプローチをとることで、商品そのものの付加価値を大きく上げるような可能性がある気がしてなりません。

ちょっと考えてみたいテーマです。

Index of all entries

Home > 2011年02月

カレンダー
« 2011 02 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top