Home > 2010年11月

2010年11月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

CDが”オールドメディア”になった年、として覚えておこう

iTunes10
(画像はTech Crunchより拝借)

本日真夜中のApple祭りは、「ビートルズがiTunesにやってきた」でした。
正直、私はあまり大した感想はありません(苦笑)。個人的にそんなに思い入れのあるアーティストではない、というのが全てです。昨年リマスターCDが発売になったときもいろいろとニュースで流れていましたが、わりと受け流していました。すごい思い入れのある人はやはり非常に多いんだな、というのは感じましたが。

今回ティザーをやってまで「ビートルズ」を発表した背景として、よくいわれているのは、英アップルとの長年に渡る係争(→ Wikipedia)にやっと終止符を打った、ということです。もちろんアップルとしては長年の懸案だったことが終わったということで、会社としての「大きな出来事」であることは間違いないでしょう。

■■■

私が感じたのは、今回のビートルズの発表が、Jobsが今年後半をかけてやってきた一連の発表の「最後のプレゼンチャート」だったのかな、ということです。


・9月 MusicイベントにてiTunes10を発表。上の絵のとおり、アイコンからDiscを取り払いました。

・10月 新MacBook Airを発表。「ドライブレス」のノートが「次世代の標準的なパソコン」になることを高らかに宣言しました。

・そして昨日。ネット音楽販売における大きな「Missing Piece」をついに埋めました。


この3つの発表は、こうしてみると話の「テーマ」が一貫しており、3つを繋げてひとつのパッケージとして発表されていたとしても全く違和感のないものだと思います。

「2010年。CDが本当にオールドメディアになった年として、記憶しておいて欲しい」と。


ビートルズにそんなに熱心ではない私でも、このように考えると、「なぜ昨日はティザーまで行ったのか」ということをなんとなく理解できるのです。

スポンサーサイト

Amazon MP3 ダウンローダー アップデート

Amazon MP3

Amazon MP3ダウンローダー のアップデートの連絡が来ました。

サービスが始まったときに早速使ってみてエントリを書いたのですが、

>ダウンロードした曲をiTunesに自動に送る設定にしているにも関わらず、上記の通り、ことごとく失敗してしまいました。購入したらちゃんとダウンロードはされるのですが、iTunesへの送り込みがちゃんとなされません。。

という問題点がありました。

他の方も同様の問題を指摘されていたのでバグなのかな、と思っていたのですが、まさにそのようで、どうもMac版のダウンローダーに問題があったようです。

新しいダウンローダーをインストールし、新しく楽曲を購入して試してみたのですが、

成功

ダウンロード・iTunesへのインポートともに、ちゃんと成功しました(^_^)

早い対応、ありがたいです。また、下記案内の最後にある通り、迷惑をかけたお詫びとして200円分のクーポンを頂きました。早速使わせて頂きました。


PS; とか、なんとか言って今日の夜中のiTunesの発表で定額制サブスクリプションの話が出たりして、、(苦笑)
そうなると、今回のAmazon MP3の購入が「最後の楽曲購入」になったりして、、まあそれはないか。


Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

このEメールは、MP3ダウンロードストアで、Mac版のAmazon MP3ダウンローダーをインストールされたお客様にお送りしております。

誠に申し訳ありませんが、初期版のダウンローダーをご利用いただいた場合、iTunesへのインポートの際に不具合が発生する可能性があることを確認しております。

現在、当サイト上で、不具合が解決された最新版のダウンローダーを配布しております。お手数ですが、以下のURLよりあらためてインストールしてください。

http://www.amazon.co.jp/gp/dmusic/help/amd.html/

インポートに失敗したMP3ファイルについては、最新版のダウンローダーを起動後、自動的にiTunesへのインポートが開始されます。もし、MP3ファイルを正常に保存できなかった場合は、お手数ですが、ご注文番号、商品名の情報を添えて、以下のURLより当サイトへご連絡ください。

http://amazon.co.jp/gp/help/contact-us/music-downloads.html

今回、ご迷惑をおかけしたお詫びとしてはささやかですが、MP3のご注文にご利用いただける200円分のクーポンをお送りいたします。

<クーポンの利用方法>

1. MP3の商品をショッピングカートに入れてレジに進みます(1-Clickのご注文にはご利用いただけません)
2. お支払い方法選択画面でクーポンの番号を入力します
3. 注文を確定する画面で200円分が差し引かれていることを確認のうえ、注文を確定します



iTunesからの特別の発表

イベント

アップル トップページに突如現れたティザー。さてさて一体なんでしょうか。日本では日付の変わった明日、11月17日午前0時の発表ということです。

初代iPod

この11月17日という日付をみて、ふと思ったのが、「初代iPodの発売日」。Wikipediaによると2001年のこの日に初代iPodが発売された、ということになっています。
私はこのころアメリカにいて、この初代iPodは発売日に朝早くから並んで買ったのですが、正式な日付が17日だったのか(アメリカでは16日だったのか)どうか定かではありません。日記をちゃんとつけていればよかったな、、と思います(苦笑)
また、今回の発表も日本時間だけ17日で他国ではまだ16日なので、この初代iPodの発売日にひっかけられているのかどうかは定かではありません。

ただ、まあ1日の前後はあるものの、’iTunesからの発表’ということと’初代iPodの発売日という記念日’というのを連想して妄想してみるのも悪くないかな、と思います。

■■■

「iTunes」という単体アプリが「iTunes+iPod」になったときの最大の変化は「FW(当時、現在はもちろんUSB))で繋ぐだけで、iTunesを外に持ち出せるようになった=’iTunes to go'」に尽きると思います。
なので(もしこの「11月17日」にひっかけているとしたら)、これの大きな変化=ケーブル接続が不要になる、ことではないのかな、と思ってみたりもします。

理想は、PC内のローカルiTunesコンテンツをすべてクラウドに預けられて、いつでも自分のライブラリにどのデバイスからでもアクセスできるという「完全クラウドiTunes」ですが、、、果たしてどうでしょうか。
最低限、PC内のローカルiTunesコンテンツとのシンクにUSBが不要になる、ということだけでも実現して欲しいとは思います(これはこれで便利なことですが、ただ、これだけでは、こんなティザーをやるほどのことなのかな、とも感じますが、、)

■■■

サブスクリプションの開始?なんていう予想もありますが、これはストアでの販売方法の’大変革’であり、あくまで日付にひもづけて考えるなら、iTunes Music Store(当時、現在はiTunes Store)の開始は2003年4月28日(日本では2005年8月4日)であったので、今回は関係ないのかな、とも思ってみたり。でも、ないことはないような気もしますが。

■■■

ただ、クラウドiTunesにしても、サブスクリプションにしても、あるとしたら、音楽レーベル関係からの事前リークなどが漏れ聞こえてきてもおかしくないと思うので、それがなく突然、ということを考えると全く予想だにしない内容かも知れません。

いずれにしても、楽しみです。

【1117追記】
結局、「ビートルズがiTunesにやってきた」でした。

【初代iPod発表 2001年10月23日】


Amazon MP3 日本版スタート。さっそくダウンロードしてみた。

Amazon MP3

Amazon MP3 日本版

電子書籍の方にばかり意識が行っていましたが、ついに日本でもAmazonの音楽配信、Amazon MP3日本版が開始されました。

私はクラシックをいくつかブラウズしてダウンロードしてみました。

ざっと見た感じでは、メジャーレーベルではEMI系が多いようです。NAXOSもありました。

好感がもてたのは、尺の長い曲でもiTunes Storeのように「アルバムのみ」というのは見当たらず、1曲づつでもしっかり購入できることでしょうか。
iTunesの場合は、なんか機械的に「10分を超えるような長尺ものはすぐ「アルバムのみ」にする」という内規があるような感じでバラ買いが出来ず、それなら結局CDでいいや、という経験も多かったですので、ありがたいですね。(特にクラシックでは一つの曲の一つの楽章だけがバラ売り、では買う意味がありませんから)

ダウンロードした楽曲の詳細データを見てみると、220kbps辺りのVBRの圧縮でした。エンコードはLAME3.97。
iTunes Plusとほぼ同程度、というところでしょうか。iPhone 4で聴きながらこの記事を書いていますが、なかなか良好です。

購入はいつもAmazonでものを買うのと同じ感じなので、全く抵抗はなくいい感じです。ただ、今後は楽曲をみるときは「CD」なのか「MP3」なのかをちゃんと確認しないといけなくなりましたね。

■■■

ダウンローダー

しかしながら、「Amazon MP3 ダウンローダー」に問題が。

私の場合、ダウンロードした曲をiTunesに自動に送る設定にしているにも関わらず、上記の通り、ことごとく失敗してしまいました。購入したらちゃんとダウンロードはされるのですが、iTunesへの送り込みがちゃんとなされません。。

なので、Musicフォルダ内に新しく作られた「Amazon MP3」フォルダを開け、そこにダウンロードされた楽曲をクリックすることでiTunesにコピーを作る、という手動作業を強いられました。まあ、それほどの手間でもないのですが。。
この手順を踏んでも、ちゃんとアートワーク(ジャケ写)もiTunesに送り込まれるので、そこはいいと思います。

【追記1116】
上記バグが改善された新しいダウンローダーの案内が来ました。(→ ブログエントリ


■■■

ユーザビリティについは、まだ良くないのか、それとも私がiTunes Storeに慣れ切っているからかもしれませんが、最初はちょっと戸惑いました。まあ、慣れの範囲だと思います。

電子書籍でも(Kindleというハードはあるものの)結局Amazonはコンテンツを売る会社だ、ということを認識した次第ですが、音楽をCDパッケージ、ダウンロード問わず販売する、ということを目の当たりに体験し、改めてこの会社はコンテンツ販売業だ、と思いました。


電子書籍のようにあまりにも販売プラットフォームが乱立するのは閉口ですが、音楽販売は3つくらいの大手の中で健全な競争が行われていくことを、切に希望します。


Index of all entries

Home > 2010年11月

カレンダー
« 2010 11 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。