Home > 2010年10月29日

2010年10月29日 Archive

「特許と妄想」の商品が欲しい

特許と妄想

Macファンの方(最近はiPhoneやiPadもあるのでそれだけに限らないかもしれませんが)のよく読まれていると思われる雑誌、MacFanとMacPeopleの最新号(12月号)の電子書籍版を購入しました。

従来は紙で買っていた両雑誌ですが、電子書籍で、しかも紙の発売日と同日に買えるなんて、ホントいい世の中になったものです。iPadを持っててヨカッターと幸せを感じる瞬間でもあります(iPhoneやパソコンでも見られるコンテンツなんですが、やはりiPadが最適な気がします)。

両紙とも今回の特集は20日(日本では21日)の「Back to the Mac」イベントの速報が第一特集です。
私は雑誌の編集の現場については知る由もありませんが、素人目線でみると、よくこんな短期間で記事にして本に出来るなあ、と感心します。編集部の人々は、この発表の日とかは全員会社に残り、会議室かなんかでライブストリームを大画面で見たりしながら、戦場のような忙しさの中で記事をまとめているのかなあ、とか妄想したりします。

■■■

妄想といえば、MacPeopleで私が真っ先にみるのが、大谷さんと所長の真田さんの「特許と妄想」です。
毎回感心しながら読ませてもらっていますが、今回は特に「感動」しました。

内容についてはネタバレになるので書かない方がいいのでしょうが、こういう商品ならすぐにでも欲しい、と思います。

■■■

この記事を読みながら、私が妄想した商品は「左右どちらピースをどちらの耳にはめても、自動でちゃんとLRの合ったステレオ音声の聴けるイヤホン・ヘッドホン」でした。いつも耳に装着するときLRを確認して耳にささないといけませんが、それをなくしてくれるだけでも、ものぐさな私にはありがたいです。

今回の「特許と妄想」を読まれた方なら、わかってもらえるでしょうか?(^_^)


スポンサーサイト



Index of all entries

Home > 2010年10月29日

カレンダー
« 2010 10 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top