Home > 2010年03月

2010年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

iBook Storeに日英対訳本を!

ibooks
(画像はApple.comより拝借)

Macin' Blogさんの記事で詳しく紹介されていますが(→こちら)iPadは辞書内蔵、しかも英和辞書とか日本語の辞書も入っているようです。これは大きいですね。

Kindle2(International版)も手元にあるわけですが、こちらも一応辞書内蔵。ただし英英辞典のみ。個人的な事情で(苦笑)私は英英辞典をひくと、その説明の中にも分からない単語があったりして、それをまたひいたりしていると、、、そうです「英英辞典の無限ループ」にはまることもしばしば。

そういう意味で英和とかが入っていることは非常にありがたいです。

しかもその単語をタップするだけ、という非常に直感的な操作。これはマルチタッチならではだと思います。
Kindleではその目的の単語まで十字キーでこつこつカーソルを送っていかなくてはいけない。これはストレスが溜まります。

■■■

上の図のように、横にもった様もなかなかのもの。ベズルが太い、などの思いもありましたが、この指の置き方をみると全く納得出来るものです。

教科書
アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書

ちょっと今こういう本を持っていたりするのですが、このような日英対訳本(この本の場合左ページが英語で、日本語対訳が右ページです)がもしiPad上で販売されるとしたら、とてもおもしろいとも思いました。

普段は縦にしておいて、英語のページを読む(辞書を使いながら)。1ページ読んだら横にして、左右のページで日米の対訳を読む。うん、なかなかいい体験かもしれません。

もともと訳本も原本があってのことでしょうから、普通の本でも日英対訳本がもっと出てきてもいいのではないかと思います。英語の本の版権と日本語化された本では色々違っていて難しいところもあるのでしょうけど、何事も「革命」が必要なので、できたら是非実現して欲しいと思います。
最悪、英語の本の値段と、訳本の値段と別々に払ってもいいですから、ふたつをマージするとこういうちゃんとした「対訳本」とかになっていると、すこしでも原著に触れることができていいのに、と思うのです。


藤シローさんのMaclalala2とかを読ませていただくときも、日英併記になっているので、(もちろん日本語訳のセンスもすばらしいですが)原文にも触れることでさらに楽しく読ませて頂いております。

スポンサーサイト

iPhone4.0はマルチタスク可能に?

iPhone OS


iPhone4.0はマルチタスク可能に TechWave

長く待ち焦がれている機能のひとつですが、マルチタスクがついに実現する方向のようです。
ジェイルブレイクしているiPhoneでマルチタスク対応しているのを見たことがありますが、正式に対応してくれるとありがたいです。

そうなってくると、iPhoneのハードウェアとしての性能アップも必要だと思いますので、噂されている「A+」のアップグレードと公言されている次期iPhoneもその存在意義が明確になると思います。
正直、現状のような「Apple純正ソフトの一部しかマルチタスクできない」状態では、iPhone 3GSでもほぼその動作に個人的には不満はなく、もっと性能の高いiPhoneが発売されてもあまり食指が動かないような気がしていたのですが、マルチタスクに対応ということになると話は違ってきます。


あと、操作性がどうかわるのかも興味があります。
マルチタスクに対応すると現状のホーム画面だけでは操作が成立せず、「アプリランチャーとしてのホーム画面」と「現在走っているアプリの一覧が見られる画面」の2つが必要ではないかと思うのですが、そのあたりをどう処理してくるのでしょうか。

■■■

私が最近とみに同時使用がしたいなあと思っているアプリは「ウィズダム英和和英辞書」です。

国語辞典の「大辞林」が青空文庫系のアプリと連携を結び、「日本語の本を読みながら辞書を引く」という作業を劇的に改善してくれました。
それと同様に、いろいろなアプリ(私の場合はRSSリーダーが多いですが)で触れることのある英文に対しても即座に英和辞書が引けるといいなあと思っています。

これらも、現状のように「文庫アプリ→大辞林→文庫アプリに戻る」というトリッキーなことをせずに、マルチタスクで立ち上げていればもっと快適ではないかと思います。

■■■

それにしても、その前に待ち遠しいのがiPhone OS 3.2。早くリリースして欲しいです。

3.2

アプリの方は着々と対応を始めたようですが。

Eye-Fiは素晴らしい

DSC02295


少し前の記事にも書きましたが、1年間のEvernoteのプレミアム会員権付きのEye-Fi Shareが本日到着しました。早速その魔法のような使い勝手に感動を覚えながらいろいろと写真撮ったりしています。

設定は決して「ワンクリックでOK!」というほど簡単なものではなかったですが、初期設定の手順をひとつひとつ丁寧に示してくれるガイダンスだったので安心してセットアップ出来ました。できたら「やったね!」みたいな感じで褒めてもらえたり(^_^)

Eye-Fiを刺したカメラで撮った写真をどこに送るか、ということで、いずれはオンラインのサービス(もちろんEvernote!)に設定したいところですが、とりあえず、まずはMacに。しかも、デフォルトではピクチャフォルダ内への画像保存となっていますが、ワンタッチでiPhotoが選べます。
つまり、圏内にいると、撮影するはしからどんどん取り込まれていき、ひとしきり終わってiPhotoをみると、そこに撮影した写真が入っています。うーん、信じられない(^_^)

このEye-Fi Shareは静止画(しかもJpegのみ)の転送、という制限が付きますが、まあこれはこれでいいのではないでしょうか。

(ちなみにEye-Fi転送にあたり、カメラはどこのカメラでもオートスリープまでの時間を5分以上にすることが求められます。また、α550ではカード挿入口のフタを開けていないと無線通信ができない、という情報がありましたが、全くそのようなことはなく、他のカメラと同じようにフタを閉じたままでも転送できました)



Eye-FiのUSのサイトを見ると、他にもいろいろなバリエーションがあることが分かります。

http://www.eye.fi/products/compare-cards-all

日本でも発売になったら、X2という商品も買ってみたいな、と思いました。
こちらは8GB(Class6)という容量に加え、JPEGだけでなく動画もRAWも送ることができ、さらにはジオタグも付与できるということで、ワクワクします。また、802.11nにも対応し高速ですし、Wi-Fiルータがないところでもパソコンとアドホックに接続も可能です。


■■■

Eye-Fiアプリ

今回、このカードを登録する上で、Eye-Fiのサイトへの登録も行ったわけですが、そのIDとパスワードがあれば無料で使える、iPhoneアプリの「Eye-Fi」もダウンロードしました。(アプリは無料)

このアプリは、iPhoneの中にある写真を、Eye-Fiカードを装着したカメラのように、パソコンやオンラインに手軽にアップロードできるものです。つまりiPhoneがもう一つ別のEye-Fiカードになる、というような感じです。

Eye-Fiアプリ

このように、Eye-Fiマネージャ画面では、Eye-FiカードとiPhoneが全く同じように同列に扱われ、それぞれの中にある写真をどこにアップロードするか、とかをそれぞれ設定ができます。
Eye-Fiカードを挿入したカメラで撮影した写真はflickr!へ、iPhoneで撮った写真はEvernoteへ、なんてこともできます。

これは全くの儲けモノでした。ほんと、iPhoneってなににでもなるんですねー。

iPadのゲームのひとつの可能性

AppleのiPadのCMを見ました。

やはりあくまで「いろいろなことが出来るもの」である(本の専用端末でもなく、ゲーム専用端末もない)ということを強調した「無限の可能性のあるマシン」というスタンスのものでしたね。

また「指による操作」を非常に前面に出したものでした。フリックで本のページをめくるという操作に続いて、同じフリック操作で写真を送るという動作を連続させているあたりに、そのあたりを強く感じました。

■■■

話は変わりますが、iPadの発売までの「長ーい待たされ期間」(苦笑)の間にいろいろと考えることがあります。

基本的にiPadの商品紹介の中で紹介されているアプリの殆どは、「大画面だから「より◯◯」」という「既存機能の改善」だと思うのです。

例えば、
・「大画面だからより一覧性に優れる」系 ー Safariとかカレンダーとか予定表とかメールとかPhotoなど
・「大画面だからより迫力がある」系 ー ゲームとかYouTubeとかビデオとか(Photoはこっちにも入るかな)

もちろん「より◯◯」であることは重要なのですが、これだけだと「まあ、iPhoneでいいや」とかになってしまうリスクもあるわけです。
iPadの存在意義を確固たるものにするには、やはり「iPadならでは」というものが必要だと思うのです。


おそらくその「ならでは」のひとつはiWorkアプリでしょう。もしiPhone版のこれがあったとしても編集作業とかまではキツイでしょうから、iWorkアプリは「iPadならでは」のひとつだと思います。

あと、思ったのがゲーム。それもiPhoneで存在しているような感じのものではなく、ずばり「ボードゲーム」です。しかも2-4人などの複数人で楽しむボードゲーム。オセロとかバックギャモンとかモノポリーとか囲碁とか将棋とか双六とか。ひとつの画面に複数で向い合って座って楽しむ系のもの。

タブレットPC「iPad」、ゲーム業界も大注目

普通なら読み飛ばしてしまいそうなタイトルの記事ですが、最後に書かれているのが

 iPhone用に「スラッグ・ウォー」などのゲームを開発している米ノースカロライナ(North Carolina)州のゲームメーカー、「リパブリック・オブ・ファン(Republic of Fun、娯楽の共和国の意)」で「大統領」を名乗るマイク・ラスムセン(Mike Rasmussen)氏も、iPadはゲーム開発にあらゆる可能性をもたらすと有望視する。「例えばiPadは4人用の卓上ゲームにぴったりのサイズ。すでにわが社では、携帯電話端末などでは難しい究極のボードゲーム機として、複数のプレーヤーで真にインタラクティブに楽しめるゲームを考案中だ」と語った。

ということで、これは期待できそうです。

ボードゲームにはサイコロを使ったものが多いですから、ここはリアルに「BlueToothサイコロ」みたいなものもちゃんと用意してほしいですね。

残り物には福? Evernoteプレミアム会員費1年分付きEye-Fi Share

Eye-Fi

(画像はアイファイジャパンより拝借)

アイファイジャパン、『Evernote』とキャンペーンを開始 -Eye-Fi Shareの購入でプレミアム会員費1年分を無料提供-

アイファイジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:田中 大祐)は、3月3日、オンラインパートナーである「Evernote(エバーノート)」(http://www.evernote.com)の日本語版サービスの開始に際し、アイファイジャパンの直営オンラインストアからEye-Fi Shareを購入すると、もれなくEvernoteプレミアム会員費1年分が無料になるキャンペーンを開始いたします。


私の場合、どちらも微妙に購入をためらっていた2つの商品・サービスです。
Evernoteに関しては現在無料版を便利に使っていますが、「有料版にするかなー、しなくてもいいかなー」という”微妙”な状況でした。

今回、Evernoteの日本語版サービス開始のキャンペーンでこの2つが合体。ためらっていて正解だったのか!?(苦笑)と思わせる程の見事なキャンペーンでしたので、早速購入しました(まだ来ていません)。

■■■

Eye-Fiに関しては、パワーマネージメントの関係で、所有しているα550では使い物にならない、というのが当初の見解だったようですが、どうも「スリープまでの時間を長く設定する」ことで使える模様。
また、本質的な問題はカード差し込み口のフタが無線通信を邪魔することだったようで、「フタを開ければOK」という情報を入手しました。(そういう意味では頑丈なフタなんですね(苦笑))
私の場合、なぜか、カメラをUSBでパソコンに繋ぐ手間に異常に拒否反応があり、これが解消されるのならこの上ない幸せです。

【追記 03/09】
実際に商品が来て試してみましたが、カード差し込み口のフタを閉めていても全く問題なく使えました!
また、スリープまでの時間を5分以上に設定する、というのは特にこのカメラが、と言うわけではなく、すべてのカメラでそう設定するように、と書かれていました。


■■■

Evernoteに関しては、色々な使い方があるのでしょうが、私の場合、現状ではWebクリップが主な用途です。
Googleリーダーでスターをつける、はてぶする、Instapaperでアーカイブする、とか、今は色々なところでマーキングしまくっているのですが、一カ所に集中して管理できた方があとあと使い勝手がいいのは明白。なので「気になるWebページの最終的な落ち着きどころ」としてEvernoteを活用しています。

もちろんそれだけではもったいない、ということで、3/5に出たばかりの「Evernote本」を早速購入し読んでいるところです。

できるEvernote できるポケット+ Evernote


コグレ マサト、いしたに まさき両氏の著作は、いつもながらやさしい語り口で安心して読めます。

LAMY Safari バーゲン中

photo

文房具ファンにとっては定番になっていると思うのですが、私は最近になってやっとLAMYを購入しました。
noto
購入したのは、LAMY ノト(note)【ブラック+シルバー】です。
プロダクト・デザイナー「深澤直人」が、LAMY初の日本人デザイナーとしてデザインした「noto」ボールペンだそうです。(LAMYのページ→こちら

恥ずかしながら、私は若いときにちゃんとした鉛筆の持ち方をしてこなかったので、その後矯正はしましたが、今でも気を緩めると悪い持ち方になっていたりします。
このLAMY noteは三角形の筒になっているので、自然に「正しい持ち方」で持たせてくれるペンです。こんなのが若いときにあったら、、とため息がでます(苦笑)

芯のLM16の書き味もいいですね。非常になめらか。適度なかかりとすべりのバランスが非常によいと思いました。Safariと同じ替え芯なのでやはり定番なのですね。

またノックしたときに「カチッ」という音が全くしないのも好感触です。人前や会議中などで余計な音を立てないにこしたことはありませんから。

■■■

でも、やはり定番のSafariも欲しいなあ、、、と思っていたら、今日、ワキ文具さんのすばらしいつぶやきに出会えました。

【ワキ文具実店舗リニューアル3周年記念】ラミーサファリ万年筆を大特価+レビュー書きます宣言でおまけプレゼント開催!→ http://ow.ly/1dC31 各色100本、1週間の期間限定販売です!この機会に万年筆デビューはいかがですか?#bungu #bungufollow

リンクはこちらです。

Safari

なんとLAMY Safariの万年筆(3990円)が1週間限定・各色100本限定で2150円(税込)!ほぼ半値。またレビューを書く宣言をして購入すると補充インクが1本ついてくる、というおまけ付きです。

いやー、びっくりしましたね。思わずポチリました。私はSafariだったら、明るくてポップな感じの方がいいと思っていましたので黄色を購入しました。


ご興味のある方は急がれてください。これはまたとない機会です。
このワキ文具さん、私も何度か使わせていただいてますが、非常に良心的なお店だと思います(ツイッターもフォローしているくらい好きなお店です)

これがホントのツイッターマーケティングだったのかな(笑) まあそうですよね。ワキさんをFollowしている人ってそれなりに文房具に興味のある方でしょうから、そういう人に前述な様なつぶやきを出されると、非常に反応率は高いと思います。

ブルハのベスト盤、ブックレットの誤植で交換



【完全初回限定生産】 ALL TIME SINGLES~SUPER PREMIUM BEST

以前もブログで取り上げ、もちろん私も購入したブルハのCD+DVDですが、なんとブックレットに多数の誤植があったそうです。

お詫びとお知らせ

誤植といっても、単なるスペルミス・作詞/作曲者の誤り・アーティスト名の誤り(「ブールハーツ」(笑)とか)・ジャケット写真の誤り、などなどなど、、 なんだかな。

3月15日より交換の受付をしてくれるそうです。

私はAmazonで購入したので、Amazonよりメールをもらってこの事実を知ったのですが、店頭で買った方は気付きにくいですね。ですので一応情報まで。


PS;このCD+DVDは【完全初回限定生産】と銘打たれていましたが、もはや生産完了でしょうか。Amazonでは新品の扱いがすでになくなっています。

Index of all entries

Home > 2010年03月

カレンダー
« 2010 03 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。