Home > 2010年01月20日

2010年01月20日 Archive

The Presentation Secrets of Steve Jobs


lifehacker!の記事に載っていたプレゼンテーションスライドです。私は最初Embedされた動画だと思っていたのですが、77ページに渡るプレゼンテーションスライドです。こういう形式は恥ずかしながら初めて出会いました。ご興味のある方は是非「Full」モードでごらんください。動画と違って拡大すると解像度が落ちる、ということはありません。

ジョブスのプレゼンテーションを研究しているCarmine Gallo氏は、そのコツを著書『The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any Audience』にまとめました。


Carmine Galloという人は、ビジネスコミュニケーションの著作などがある人のようで、最新刊がこの『The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any Audience』のようですね。

私もJobsのプレゼンは同じものを何度も何度も見るのですが、体系立てて「研究」までしたことはありませんでした。
そういう意味でこのスライドは非常にためになりましたし、「そうそう」と相づちを打ちながら楽しく見ることができました。またさすがにその道の研究者ということだけあって、このスライドも非常に分かりやすく出来ています。
(氏は"One more thing"について「聴衆へのお土産」的な解釈をされていますが、私はそれは「お約束」と理解しています。そこだけはちょっと見解が微妙に違いますが。)

■■■


27日(28日)に本物のプレゼンに会えると思うと、ワクワクします。発表される商品もさることながら、私はそれと同じくらい彼のプレゼンを「宝物」のように感じています。




(この本はAmazon Kindle版もあります。と、購入に踏ん切りのつかない自分に言ってみる(苦笑))
スポンサーサイト



HDD Designed by Philippe Starck

HDD
(画像はELECOMより拝借)

LaCie mobile STARCK ー ELECOMのページ
Philippe Starckのインタビュー動画

ポケットHDDを買いました。目的は後述するとして、500GB程度のポータブルで、手間のかからないバスパワー、というのが購入の条件でした。

実際、いろいろ探してみると、大体1万円くらいで購入できるという目処は立ちました。
ただ、久しぶりに購入したからだと思いますが、メモリーとHDDは激しく安いですよねー。安く済ませることもできたのですが、せっかくなのでなにか一工夫しよう、と思いました。

結局は、「Macまわりで使うものだから、周辺機器だろうとデザインも大事にしよう」ということでデザインに金をかけることにし、私の好きなデザイナーPhilippe Starckのデザインしたこのモデルを選択しました。

もう一つ候補に上げていたのが、Neil PoultonデザインのLaCie rugged tripleというモデルでした。こちらは”Triple”という名の通り、USB2.0・FW400・FW800という3つの接続を選べます。FW800というのは、MacBook Proを購入して以来一度も使ったことのない端子だったのでかなり魅かれたのですが、そこまでなくていいや、ということで、断念しました(正直にいうとデザインが好みではなかった、というのもあります(苦笑))
背面
あとは、このStarckモデルは、USBケーブルがHDDの背面に収納できるというところも利便性という点で大きなポイントになりました。
実際使う段になると、これが結構面倒くさいですからね。

■■■

さて、このようなHDDを購入した理由ですが、それは「もういい加減CDをお皿で所有するのはやめてビットで保存してもいいんじゃないか」という問題意識からです。
最近よく聴くようになったクラシックのCDやSACDなどは別にしても、iPodで聴くのがほとんどになってしまったロック・ジャズ・J-POP系などのジャンルのCDは、私はかなり前から押し入れに入れっぱなしの状態です。

これらをiTunesで別ライブラリをつくって非圧縮のAIFFで管理しておけば、それでいいんじゃないかと思うようになりました。コレクションとしてCDというお皿を持っておくことにこだわりがなくなってきたんでしょうね。

そういったCDが数百枚程度あり、すぐに全部置き換えられるものでもありませんが、少しづつやっていこうかな、と思っています。



最近、もともとAAC128kbpsでリッピングしていた音源の中で気に入ったものをAAC iTunesPlus(256kbps/VBR)で再リッピングするためにCDを探して引っ張り出すことがあるのですが、こういうのも一度AIFFで持っておけば後で簡単にすばやくできるようになりますし、将来また新しいエンコード方式が出来たときにもいいかな、と。
もしかしたら、AIFFでそのままクラウドに保存でき、iPhoneとかで呼び出して聴ける日がくるかもしれません。


LaCie 2.5インチ ポータブルハードディスク 500GB LCH-MS500U
LaCie 2.5インチ ポータブルハードディスク 500GB LCH-PT500U
LaCie 2.5インチ ポータブルハードディスク 500GB LCH-RG500T

Index of all entries

Home > 2010年01月20日

カレンダー
« 2010 01 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カウンター
相互リンク
井口耕二さんご紹介
Macファンには有名なiConやiWoz、Steve Jobsなどの本を翻訳をされた方です。

サイト:
Buckeye the Translator
山と鉄馬とDIYと

ハンドル:
Buckeye(ばっかい)
ご職業:
技術・実務翻訳
テクニカルライティング

井口耕二さん ーWikipedia

井口さんの作品
KODAWARISAN
KODAWARISAN
マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト
月別アーカイブ
RSSフィード
Blog People











Return to page top